2015年度小説人気投票結果発表!



 2015年度の小説人気投票の結果について発表いたします。
投票総数は泣ける程少なかったです。その分、ばらけた投票結果になりました。
1位を5ポイント、2位を3ポイント、3位を1ポイントで総計した順位となります。
まずは小説部門から発表いたします。アンケートの募り方が悪かったのか?
一番好きな小説を一作品挙げる方が目立ちました。また、「黒い禊ぎ」が刊行され、
購入して読まれた方からの投票も目立ちました。宣伝されていない書籍でも刊行効
果はあるものですね。


☆小説部門発表!

順位  作品名  一言抜粋  得点 
1位 黒い禊ぎ  大体、ほぼノンフィクションと言う事でわくわくして読みました。未知の世界への導入となった本です。  23 
2位 曼珠沙華  あさぎの得体の知れない気性、底の知れない死闘、剣についての興味深い情報に強い歓喜を感じました。
あさぎが最後に母親に、娘として接して欲しいと語るところは、異形の者にある苦悩を垣間見ました。 
15 
3位  櫻の宴   実際の探訪記のような寺社仏閣でのWデート季節感とか好きな要素がぎゅうぎゅうに詰まっていました。
4位  アルゴ ラグナダの聖戦の章  良くある異世界者とは一線を画し、現実世界も描写され、登場人物が個性的で良いです。早く続きを! 
5位  木蓮   日本画の世界の怪異と言う事で耽美で纏まりの良い小作品でした。
6位  桜ヶ丘高校の「哲学者」と「絶対零度の魔女」   主人公達の魅力もさることながら、伊達と姉御が良い味出していました。伊達みたいに恨み買うお調子者
いるよね。



☆キャラクター部門人気投票発表!

まずは、いきなり結果発表してしまいます!

順位 氏名  得点 
1位 鳴神あさぎ  15 
2位  鳴神遙日  10 
2位  彩宮鈴香  10 
4位  エピファニィー 
4位  瀬尾 律 
6位  天野忠臣 
6位  伊達正彦 
6位  セラフィー・セルビア 
9位  神崎浩平 
9位  高瀬滋士 
11位  蛾虫 
11位  シルフィア・レス・ダンデビィー 
11位  ドロス・ケルベロス 
14位  土田源太郎 
14位  鳴神(父) 

 強い! タイムラグも得票総数の違いも乗り越えての3連覇! それではインタビューをお読み下さい。

堂々三連覇の鳴神あさぎさん 
 
司会  鳴神あさぎさん、堂々の三連覇おめでとうございます。 
あさぎ ありがとうございます。こんなわたしが三連覇なんて夢のようです。これで男性票が多ければ言う事ないのですけれど…… 
司会  そう言えば、過去三回、殆ど女性票ですね。強い女性の代表として憧れがあるのでは? 
あさぎ  そうなのかな? でも、男性票、少なすぎませんか? 
司会   妹の遙日さんは惜しくも2位でしたが、得票率は好対照ですね。w
 あさぎ  (なんで笑うの?)そうなんですか?
 司会  遙日さんは殆ど男性票ですからね♪
 あさぎ  そうなんだ。なんか勝った気がしないな。なにが違うのかしら?
 司会 そりゃ、胸でしょう? 遙日さんはプロポーションが宜しいですからw 
 あさぎ  (無言で睨み付ける)
 司会  い、異様な恐怖を感じますので、ここまでといたします。

2位の鳴神遙日さん 同じく2位の彩宮鈴香さん 
   
司会  それでは、同点2位のお二人の美女に来て頂いております。まずは鳴神遙日さん、お姉様に並んでの2位おめでとうございます。 
 遙日 (小声で)わたしがお姉ちゃんに勝てる訳ないのに…… 
 司会 そして、彩宮鈴香さん、前回に引き続いての2位おめでとうございます。 ご婚約成立されたとのこと、二重の喜びですね。
 鈴香 ありがとうございます。気恥ずかしいですわ。でも、それを言ったら、遙日さんは挙式が決まっておられますわよ。 
 司会 それは遙日さん、おめでとうございます。卒業前にご結婚ですか? 鈴香さんは学生結婚ですね。いや、実にもったい無く思います。 
 鈴香 どうせ結婚すると決まっているなら早い方が良いじゃないですか? 
 司会 幸せそうに笑いますねぇ。鈴香さんに寄せられたコメントには「彼氏に一途な所が良い。特化した才能に恵まれているのに、対人関係は
未熟なアンバランスが魅力」とありますね。一方、遙日さんは女性として見た目も中味も非情に魅力的な女性とのコメントが寄せられてい
ます。 
 遙日 恐れ入ります。 
 鈴香 ……未熟ですか?(笑) 
 司会 鈴香さんはMAX系のツンデレともありますよ?w 
鈴香  ―――誰が何ですって?(低い声) 
 司会 はいぃー! 何でも無いです。それでは、お二人には他の受賞者の方へのインタビューをお願いして、私は退場したいと思います。
(逃げる様に退場する司会者) 
 鈴香 それでは、遙日さん、よろしくお願いいたします。 
 遙日 遙日で良いわよ。わたし達、歳もそんなに変わらないでしょ? 律とタメなんでしょ? 色々、話は聞いているわ。 
 鈴香 ああ、あの男女。 
遙日  それは酷い。本当の美人が見たいって来る人もいるのよ。そう言えば、律、肩を脱臼してたけど、貴女の彼に負けたんだってね。 
鈴香  あれはあさぎ先生が仕込んだんですよ。浩ちゃん、全日本大会で優勝したんだけど、本物の日本一名乗るには瀬尾君に勝っておけって。 
遙日  姉のしそうなことね。でも、肩の脱臼って木刀で立ち会いでもしたの? 
鈴香  素手ですよ。男って怖いですよね。瀬尾君の神社に朝早く行ったんですけど、彼、巫女装束で掃除してました。で、二人の目が合ったかと
思うと、二人とも荷物捨てて、自然体で近づいて行って、右手で手刀を構えると、すれ違った瞬間、瀬尾君が空飛んでいたんです。いやぁ、
人間って飛ぶんですね。5メートルくらい飛びましたよ。 
遙日  貴女の彼ももう人外の域にいるのね。凄いね。そんな人婿入りさせるなんて。 律だって人外なのよ。十二歳で圓明流の免許皆伝だからね。
鈴香  あんな野蛮な立ち会い、初めて。着替えもせずに野試合いきなり始めるなんて。 
遙日  でも、ゾクゾクしたでしょ? 子宮にジンと来たでしょ? 
鈴香  ―――ええ。(頬を染めて) 
遙日  律には姉さんは鬼門ね。知ってる? あいつが剣を折ったのは姉さんに手痛く負けたからよ。竹刀で斬られたの。右鎖骨複雑骨折ですって。
そりゃ、心折れるよ。 
鈴香  鳴神先生は本当に別次元の存在ですね。あ、そろそろ、インタビュー行きません? 
遙日  ええ、行きましょう。まずは14位からね。 
  ―――インタビュー後――― 
鈴香  お疲れ様でしたーー 
遙日  お疲れ様…… 本当、お父さんときたら――― 
鈴香  そちらも思わしくなかったようですね。土田源太郎、降霊したら、「やっと死んだのに、なぜ、呼び出した? もう、勘弁してくれぇ−」って…… 
遙日  ウチの父も変わらないわ。「もう、蔑まんでくれ。恥をかかさんでくれ」って…… 
鈴香  あさぎコンプレックスですね。 
遙日  そうね。一票入っただけで、古傷抉られて……。なんで投票があったのかしら? 
鈴香  「小物っぷりが可愛い」んだそうです。入れてやるなよ 
遙日  次、行こう。次。 
   ―――11位インタビュー―――
 ドロス いやぁ、こんな美女ならいつでも歓迎だ。しかし、オリエンタルな美女は神秘性があって実に良いな。 
シルフィア  確かに神秘的だわ。『龍樹』は高級儀体にオリエンタルモデルをもっと導入すべきね。貴女、身体データをわたしに提供しない? 
遙日  お、お褒め頂き恐縮です。データ提供は困ります。それで、お二人揃って11位ですが、ご感想は如何です? 
 シルフィア 正直、順位には不満だわ。でも、連載中作品だから仕方ないわね。 
 ドロス そう。順位なんて関係ねぇって! 俺とシルフィアが同点で並んでいるのが大事なんだ。なぁ、これって運命だよなぁ? 
  シルフィアの肩を抱くドロス。シルフィアは無表情で激しい肘鉄を食らわせる。悶絶するドロス。呆然とする遙日。遙日は引きつった笑顔で 
 遙日 シルフィアさんの投票のコメントには「絶大な力を持ち、容姿も完璧なのに、精神的にドロスさんに寄り添うアンバランスさが魅力」とあります
が? 
 シルフィア (薄い目で遙日を見ながら)わたしが精神的に自立していないと言うことかしら? 
遙日  そう言う意味じゃないと思いますよ。そう言えば、ドロスさんへの一言には「基本的にフェミニストで、包容力があり、シルフィアに一途な所」と
ありますが、悪い気はしないでしょう?(微笑み) 
シルフィア  (やや頬を染めながら)そりゃ、ドロスは私の犬だし、頼もしい時もあるわ。でもたまによ。たまに。 
遙日  ごちそうさまでした。それでは失礼します。お幸せに。(退室する遙日。突っ伏したまま、親指を立てるドロス) 
   
  (ヒュ〜 ドロドロ〜) 
 蛾虫 儂を呼び出したのはお主か? 小娘? 察するに呪殺が望みか? 多大な贄が要るぞ。あきらめろ。 
鈴香  贄を用意しても、貴方はもう殺しは引き受けないのでしょう? コンテストで貴方に票が入ったのよ。感想は如何? 
蛾虫  コンテスト? 謀るつもりなら殺すぞ。小娘。なぜ儂になぞ票が入るはずがある? 
鈴香  奇特な人がいてね。悪役にばかり投票したの。貴方にコメントがあるわ。「目的と手段を取り違えてまで憎悪を貫く姿勢は立派。半生が知りた
い」ですって。 
蛾虫  (無言で半眼になる)―――儂が老いさらばえても生きていたのは、恨みよ。晴らすことの出来ぬ恨みで生きて来たのじゃ。呪詛を重ねること
が儂の生きる証じゃった。 
鈴香  暗黒面に墜ちると言う奴ね。でも、死んで報われたのでしょう? 
蛾虫  ああ。儂は母と呼べる存在の眷属となった。今は満ち足りておる。 
鈴香  おめでとう。良い話を聞かせて頂いたわ。 
   
遙日・鈴香  お疲れ様ぁ〜 
鈴香  漸く半分が見えて来たわね。 
遙日  そうね。個性的な人が多いわ。流石に。疲れるわ。で、次なんだけど、わたし浩平君にしてくれない? 
鈴香  わたしも自分の婚約者にインタビューって気恥ずかしいから良いけど、もしかして、高瀬苦手? 
遙日  苦手……鬼門と言っても良いわ。あの男の威圧感、わたし駄目なの。出来れば会いたくないな。 
鈴香  分かったわ。じゃ、それで行きましょう。 
   
高瀬  高瀬だ。これでも忙しい。手短に済ませて貰いたい。 
鈴香  では、慈雲さんとお呼びした方が早いですか? 評判良いですよ。一本筋を通す悪って。でも、これ追い詰められた結果ですよね? 
高瀬 口さがない娘さんだ。私は何事も眼目を立て、そこに本筋を通して行動する。そもそも、何を以て私を悪と断じる? 私は強く否定するぞ。 
鈴香  他人の心を弄ぶのは悪でしょう? 
高瀬  眼目によって判断されるべきだろう? そなたとてその美しさなら人を惑わすこともあるじゃろう? それは悪かね? 
鈴香  詭弁だわ。そもそも話の次元が違う。 
高瀬  二元論などで人を判じようとするから、その程度で躓く。出直して来ることだ。(退場する高瀬。悔しそうな鈴香) 
   
遙日 はじめまして。浩平さん。あなたのことは鈴香さんや律から話は聞いています。まずは、婚約おめでとうございます。 
浩平  ありがとうございます。でも、正直に言うと犬が首輪つけられた気分なんですよ。w 
遙日  そんな事仰ったら、鈴香さんが嘆かれますよ。 
浩平  ああ、不満があるわけではないですよ。学費も出して貰う訳ですし、感謝しています。でも、一抹の寂しさがね……。男なんてそんなものです。 
遙日  その様ですわね。国立の医学部へ行かれるそうで。鈴香さんとのキャンパスライフはすれ違いになりますね。 
浩平  鈴香は彩宮の家を継ぎましたから、登校自体が危ういです。それ故の婚約でもあるのです。 
遙日  貴方って不思議な人ね。落ち着いていて、自然体。姉が一目置くのも理解出来ます。女なら早く独占したくなるのも分かります。 
浩平  そう言えば鳴神先生の妹さんなのでしたね。顔立ちは似ているけど、タイプがまるで違うのですね。 
遙日  そんなに違いますか? 
浩平  貴女は人間だ。その枠に収まっていて下さい。それでは失礼します。(呆然とする遙日。それを尻目に襖を閉める浩平) 
   
   ―――紅茶とショートケーキが並べられたテーブルに突っ伏している鈴香と遙日。―――
遙日・鈴香  や・ら・れ・た・ぁ〜(声を合わせて、嘆息する二人) 
鈴香  何なのよ〜 あの人外。陵辱された気分よ。 
遙日  高瀬は年の功もあるでしょ。それより何よ? 貴女の旦那。あの若さで人の域超えてるじゃない? 良く説得出来たわね? 
鈴香  (左の薬指のダイヤの指輪を撫でながら、)これだけがわたしの心の支えよーー 
遙日  魂の叫びね。 あんな魔物の元帥みたいな奴、押しつけて悪かったわ。次はわたしが二人受け持つわ。貴女はわたしの男の相手をお願い。
鈴香  助かるわ。天野さんに会うのは、子供の時以来だから、楽しみだし…… 
遙日  では、そう言う段取りで行きましょう。 
   
セラフィー こんにちわ。初めまして。わたしなんかが6位なんて恐縮至極です。 
遙日  こんにちは。ご謙遜を。貴女のガウシアさんへの献身的な姿勢を評価する意見ばかりでしたよ。シルフィアさん達を押さえたのは実力ですよ。 
セラフィー  わたしは、ただがむしゃらなだけです。 
遙日  その姿勢が評価されたのだと思いますよ。実際、過剰なまでの献身ぶりですよね。なぜ、そこまで出来るのですか? 
セラフィー  わたしは捨て子だったのです。それをご当主様に拾われて、ゼルビアの家の家族にして頂きました。ガウシア様はわたしに取って家族なのです。 
遙日  セラフィーさんは圧倒的に女性票が多いのですが、ガウシアさんを異性として意識しているところはありますか? 
セラフィー あり得ませんね。わたしがおしめ替えてお育てしたのです。姉としての感情はありますが、それ以上のものはありませんw 
遙日  では、アルゴは貴女にとってどう言う場所ですか? 
セラフィー 自己実現の場です。自己解放かもしれません。 
遙日  ありがとうございました。 
   
  ―――椅子に腰掛けて、目をきょろきょろさせ、挙動不審の伊達。そこへ遙日が入ってくる。――― 
伊達  (立ち上がってカチコチの姿勢で礼をする)「よ、よろしくお願いしまっす!」 
遙日  こちらこそよろしく。どうか楽にして頂戴。(にっこり) 
伊達  そ、そうは言われましても、自分がなぜ、ここにいるのか分からないんです。 
遙日  ―――いい。 
伊達  はっ? 
遙日  いいわ! その普通の男の子の反応。浩平君とは大違い。 
伊達  その浩平になんで勝てたか分からないんですが…… 
遙日  そうね。確かに不思議だけど、今回の投票ではその普通さ、いや、むしろだらしなさが高評価を生んでいるわ。 
伊達  はっ? どういうことっすか? 
遙日  「後輩に肉欲だけで手を出すところが良い。いるよね? こういう駄目な奴」「髪染めたり、似合ってないのにいきがる所が等身大で安心出来る」
貴方へのコメントよ。ちなみに全て男性票だったわ。 
伊達  それディスられていません? お姉さん、俺のこと豚を見る目で見てません? 
遙日  そんなことないわよ。貴方は可愛いわ。 
伊達  そうすか? 照れるな。お姉さんも美人でプロポーションが最高っす。 
遙日  うふふふふ。簡単に底が知れたわね。インタビューは以上です。さよなら。 
   
天野 (椅子から立ち上がって鈴香を出迎える。満面の笑顔)いやぁ〜 鈴ちゃん。久し振りだなぁ〜 本当に良い女になったなぁ〜
鈴香   ―――初対面の女にお調子者演じる癖は直ってないんですね。わたし達、初対面じゃないんだから、素を出して良いですよ。
天野  ―――そうかい?(唐突に笑顔は引っ込み、つまらなそうな顔になる) ああ、そうそう。遙日に聞いた。婚約おめでとう。 
鈴香  (顔を真っ赤に染めて俯く。しばし、沈黙の後、)わたし、別れ際に頂いた水晶のルーン。今も使っています 
天野  物持ちが良いね。的中率凄いんだって? 「絶対零度の魔女」って二つ名あるそうじゃないか? 
鈴香  それでも自分のことは占えません。 
天野  そりゃ、雑念があるからだ。自分と言う雑念が。自分すら第三者として観察する目を常に働かせないといけないよ。 
鈴香  どうせ、わたしは小娘です。高瀬慈雲にそう看破されました。悔しいです…… 
天野  高瀬さんと対峙してきたのか? 君じゃぁ、彼の相手は難しいよ。泰然自若が彼の本質だからなぁ〜 十年後なら君が勝つよ。 
鈴香  年月の問題ですか? 
天野  年月の問題だよ。少なくとも彼と君ではね。 
鈴香  天野さんの復活を望むコメントが大半を占めていたのですが? 
天野  年寄りを働かせるもんじゃないよと言いたいね。これくらいで良いだろう? 
鈴香 ありがとうございました。 
   
鈴香 今までで一番気楽なインタビューでした。 
遙日  わたしもそうよ。お茶が美味しいわ。 
   
   2015年度小説人気投票結果発表を終わります。
   
 後記   投票数の少なさに泣きました。結果を発表するのに私の頭にあったアフターストーリーを公開しようと思い立ち、遙日と鈴香のインタビュー形式
  を取りました。1位のあさぎも参加させようかと思いましたが、あさぎが 登場すると全てのパワーバランスが狂います。遙日はがちがちになって、
  狼狽えるし、鈴香も緊張して無口になります。あさぎは格の違うスーパーキャラです。『桜ヶ丘高校の〜』のでも、あさぎが完部玄白と出会っていた 
  ら、気で殺して、呪法など発動さえさせなかったでしょう。 
   それにしても、私の小説は読んで貰えないなぁ〜(/_;) 
   
 
朝子さんより、お茶会のワンシーンを描いて頂きました。