徒然草目録 →NEXT

黒い禊ぎ

著者 桐生慎

(序文)

―――神ダーリについて―――

【ユタ】

 宗教的な民間の巫女。モノシリ、カミカカリヤーともいう。男ユタもいる。
 神女(しんじょ)のノロやツカサは血縁などで継承される祝い女(おんな)で村落の祭祀をつかさどり、死穢(しえ)を忌むが、ユタは死者儀礼や先祖供養などの家庭内の祭祀を行い、占いもする。
 ユタの資格は、「性高生(サーダカウ)まり」といわれる霊的能力を備えた女性が、人生上の不幸に遭遇して「神ダーリ」という幻視幻聴を伴う状態に陥り、神のシラシとして巫女修行を行うことによって克服した後に成巫(せいふ)と認められる。
 沖縄には「ユタは犬の歯にかかる蚤ほど」という諺があるほど、昔から多数のユタがいるが、神ダーリを経ていないユタは、ユタマンチャーといって真正ユタとは区別される。

 病気や家庭内の不幸や旅行や受験など、沖縄の女性は何かにつけてユタのところに出かけて吉凶や不幸の原因を占ってもらう習慣があり、「女のユタ買い」と言われるほど。おそらく、昔から台風や旱魃などの天災が多く、さらに戦争の被害にもしばしば見舞われ、しかし男たちは漁撈や出稼ぎなどで留守がちなため、経済的精神的な不安を一身に背負わねばならなかった沖縄の女性たちは、ユタの占いに頼って不安を解消するしかなく、いわばユタはカウンセラー的な役目を果しているともいえよう。

 また「ナナユタ買い」という言葉もあって、相談者はユタの判じが自分の気にいらないと、気にいる判じが出るまで次々とユタを訪ね歩くので、相談者自身の気持を納得させる手段にしているともいえる。不幸を体験したユタは他人の不幸にも理解があり、とくに村落のユタは相談者の経済能力を知悉しているので法外な謝礼をとることもなく、ユタが果している社会的役割を高く評価する民俗学者もすくなくない。

 しかし、病気の時にユタの占いに頼って医療が手遅れになることや、不幸の原因は先祖の供養不足のためというユタの判じに従って、高額の謝礼を払ってユタを傭(やと)い、御嶽(うたき)廻りをしばしばするなどで財産を失う者もあるという。

 また、沖縄においては今日(こんにち)でも、位牌・財産の男系(だんけい)相続が行われているが、これは女が継承すると一族に祟りがあるという迷信をユタが流布したためで、そうした弊害があることも見逃せない。

「オキナワなんでも事典」より

―――――――――――――――



 怖い話が好きだと言う人は多い。この話に目を通した貴方もそうだろう。
 それでも、大抵の場合、実際に幽霊に会うなどの「怖い」体験をした人は皆無に等しい。
 興味本位で読みはするが、読んでも信じない。半信半疑が良いところであろう。娯楽として怖い話を読むのだ。

 それで良いと私は思う。

 好奇心は人を向上させる。「怖い話」だって、多少はそういう効果があるだろう。
 若気の至りで心霊スポットへ行き、信じてもなかった怪奇体験をまれにする人もいるかもしれないが、まぁ、不幸だったのだろう。

 一つ物語をしてみよう。

 怖いかどうか分からないが、否応なしに関わってしまった人々の物語だ。
 信じようと信じまいと、そういう世界はあるのだから。


  △PageTop →NEXT
徒然草目録