小説・詩ランキング
徒然草目録 →NEXT

1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11


桜ヶ丘高校の「哲学者」と「絶対零度の魔女」

桐生 慎

第一章 桜ヶ丘高校の「哲学者」

(1)

 

 寺社仏閣が子供の頃から好きだった。
 僕は「やんちゃ」な子供だった。近所の子供達のリーダーで近くの神社で鬼ごっこしたり、三角ベースをしたりして遊んだものだ。
 その一方で、夕方、一人で海を見に行ったりもした。
 夕日が沈む海は鈍い銀色に輝き、波紋は縦横無尽に模様を変えて目に染み入ってくる。
 波の音が耳朶を打ち、思考が消えて、やがて自分が海そのものになるような感覚を覚えるようになる。そうなると帰宅することも忘れるので、闇が帳を降ろす頃には呆れ顔で母親が迎えに来るのが常だった。

 神社に一人で行くのも好きだった。近所の神社はこぢんまりしたものだったが、歴史は相当に古いものであったらしい。ご神木の大楠の木は樹齢700年を数えると言われていた。だが、子供の僕には関係がない。一人でご神木の洞の中に入り何もせずに空を見ていることも多かった。

「変な子供」

 母はよく僕のことをそう言った。
 家で暇があると、仏壇の前にただ無言で小一時間過ごす子供だったからだろうか?
 そういう時の自分には「自己」という意識がない。海を眺める時も、ご神木の洞に籠もるときも、「自分」という感覚が消えてしまう。そして僕はその感覚が好きだったのだ。

 引き籠もり? そう思ったそこの君。それは失礼と言うものだよ。
 最初に言ったじゃないか? 僕は子供達のリーダーだったって・・・・・・
 子供には時間が迂遠だ。
 ちゃんと同年代の子供達と遊ぶ自分と、「自己」が消える感覚を好む自分が内在していただけの話だ。
 『あの時』の体験がこんな歪な僕を作ったのだと思う。

 そういう僕も高校3年になった。
 もう、飽きるまで海を眺める時間も許されない。
 受験と言う峻険(しゅんけん)を繋ぐ一本橋を渡らないといけないのだ。
 表現が大袈裟だって?
 いや、それは受験の苦しみを知らない、あるいは忘れてしまった人の言うことだ。

 大学受験は自分の子供時代の終わりを告げるものに等しい。そして未来を自分で決めないといけないんだ。これが人生の一大事でなくてなんだと言うのだ?
 こちら側はまだ子供の自分。あちら側は大人の自分だ。そしてそれを繋ぐ橋は空中サーカスの綱渡りのように頼りない。落ちてしまうことを恐れない人はいない。
 幸い僕は勉強が出来る子供だった。別にガリ勉してたわけじゃないよ。勉強は単純に面白かったのだ。僕の知らない知識の海がそこには広がっていた。だから貪るように勉強をした。


△PageTop →NEXT

1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11

徒然草目録