←BACK 徒然草目録 →NEXT
1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8

(2)

 夕食を終えて、僕は自室の布団に大の字に寝転がった。
 まったくとんでもない一日だった。
 ギャルゲーならフラグ立ちまくり。最終攻略編突入で喜ばしいことなのだが、現実世界では許されない展開である。伊達のことを悪く言えない。

 取りあえず何を悩んで良いのか分からなくなった。学校からの連絡で、仕事先の病院から直行便で帰って来た母親が「あんた今日は何もしないで寝てなさい」とありがたいお言葉を伝えてくれたので、そそくさと夕飯を食べて、仏壇を拝んでから、自室に戻った。妹の浩美が不満げに「今日はお兄ちゃんが夕食当番なのに・・・・・・」とぶつぶつ言っていたが、あれは要に拗ねているのだ。浩美も中学3年生だ。受験で気が立っている。母が夕食をした時には後片付けをさせられるのを嫌がっているのだ。後、食事に限らず家事全般に僕の方が腕が良いのも一因だろう。浩美は僕の作る飯を楽しみにして生きている節がある。

 とんとんとんと階段を上って来る足音がした。あの足音は浩美だ。そしてふすまの前に立つ気配。

 「入ってもいいよー」と声をかけると、すーと音を立てないようにふすまが開いた。そして、また音を立てないように閉める。なに忍者みたいな真似してるんだろ?

 僕は大の字に寝たまま、顔をふすまに向けた。ゴスロリ系と言うのだろうか? 黒のぴらぴらしたシャツに判別不能な英文字と十字架がプリントされたのを着て、下は黒のチェックのミニスカート姿だ。上品な顔をしてるのに、こう言う格好はもったいないと思う。

 浩美は追いつめられた子猫みたいに『むー』とした顔をしていた。

「どうした? 悪いけど今日は勉強見てやれないよ。本当に疲れているんだ」
「お兄ちゃん。今日どこにいたの? 杉浦さん()?」

 びっくりした。響子姉の家から出るのを見られたのかと思った。落ち着け自分。ここは落ち着いて誤魔化すのだ。準備はOKか? 優しいお兄ちゃん? よし! ラリホーだ。

「だから公園で休んで寝てしまったと言ったじゃないか? なんで、そんなこと言うんだい?」
ここで、優しく微笑みかける。良し。完璧だ。

「公園でお風呂入ったの?」

 浩美はさらに険悪な表情で言った。どきんとした。もしかしてこいつもお姉さん(・・・・・)とか憑けているのか? だが、ここで狼狽えてはいけないぞ。余裕をかませ自分。

「そんな訳ないじゃないか。気の所為だよ。悪いけど寝かせてくれないか?」

 ちょっと辛そうに笑顔を浮かべる。これで同情を引きつけるのだ。
 浩美は口惜しそうな表情で視線をそらす。ここで軽く嫌みを言って退場して頂こう。

「浩美、その服似合ってないよ。もっと可愛く清楚な服の方が似合うって」
「―――――――」

 浩美は俯いて黙り込んでしまった。だが、いつものように出て行ってはくれない。
 どうしたら出ていてくれるのだろうと考えあぐねていると、浩美が俯いたまま、ぼそりと呟いた。

「・・・・・・匂いがした」


←BACK △PageTop →NEXT
1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8
徒然草目録