←BACK 徒然草目録 →NEXT
1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11

(3)

 昼休み。
 僕たちは三年校舎の裏庭の木陰にいた。昼飯を食うには絶好の場所だが、競争率も高い。
 紫頭の誰かさんが授業をさぼって場所を確保したらしい。伊達の言うお膳立てがこれなら次回からは止めさせないといけない。それに周囲の視線が痛いように感じる。

 ミス桜ヶ丘と並んでお弁当を広げているせいだろうか?
 でも、女生徒からも痛い視線が飛んでくるのはなぜだろう?

 彩宮さんのお弁当は年期の入った漆塗りのお重に入っていた。流石、老舗のお嬢様は違う。彩宮さんはこの場所で三枝と並んで座って、僕を待っていた。僕を見て彩宮さんは驚いたように目を見張った。そして感情のない声でのたまった。

「お姉さん。凄く怒ってるよ。怒らせるようなことしたの?」
「いや? 彩宮さん、マジ見えるんだ。この女性(ひと)凄く気まぐれだから、気にしないで」

 僕は引きつった顔で答えた。見えるなら声も聞こえるかもしれない。後ろのお姉さんが昨日のことを彩宮さんに話さないか、僕は気が気でなかった。
 僕の答えに彩宮さんは黙り込み、僕は周囲の様子と彩宮さんに気を遣う状態に陥っていた。

 三枝が周囲を気にする僕の様子にクスクスと笑っている。

「なにがおかしい?」
 多少、八つ当たり気味にそう尋ねると「いやー。妬まれてるねぇ〜? お二人とも」と、答える。僕が妬まれるのは分かるが、なんで彩宮さんが妬まれるのだろう?

「なんで、彩宮さんが妬まれるのさ?」

 ごく当たり前の僕の問いに、三枝と伊達が同時にため息をつく。彩宮さんは顔を赤らめながらゴボウのサラダを上品に突いていた。

「神崎は本当に朴念仁だねぇ〜 鈴、覚悟しなよ。靴に画鋲くらいは入ってるかもよ?」
「――ん。それ位は覚悟出来てる」
彩宮さんは無表情で頬を染めると言う器用な真似で頷いた。

「なんでだよ?」

再度尋ねる僕に三枝はこめかみを手で押さえて本格的なため息をついた。
「神崎ぃ〜 あんた自分がどんだけモテるか分かってないでしょ? その癖、誰にでも優しいし……タチが悪いよ。
あんた、この二年間で何人振った? 覚えてないでしょ? 五人だよ。五人。振った理由が『まだ、女の子に興味ないから』だよ。女子の間じゃ『哲学者』じゃ仕方ないかと暗黙の了解が取れていたのに、『ミス桜ヶ丘』と仲良くお弁当食べてたら妬まれる。つうか、恨まれるよ」

 三枝は指を立てて僕を叱りつける。なんだか理不尽なことを言われている気がした。

「全校男子からも恨みを買うな」
 うんうんと伊達も頷く。

「ちょっと待てよ。僕はモテたりしてないぞ。それに女の子とお昼ご飯なんか昔は良くやってたぞ。なんで彩宮さんが妬まれたりするのさ?」
「そりゃ、お前。二年生までの話だろう?」

 もくもくと、三枝と同じ品揃えの弁当をそそくさと開いてかき込みながら伊達が言う。

「お前と一緒に弁当喰うのは女子が圧倒的に多かったろう? あれはお前のフアン倶楽部だったのさ。で、お前の鈍さに呆れた女子は不可侵条約を結んだ訳だ。三年になってから一人で飯喰うようになったのに気づかなかったのか?」

 ん? と伊達は目線を送ってくる。
 知らなかった。僕はもてたんだ。

 三枝はさらに畳みかけて来る。
「鈴はねぇ、協定違反覚悟であんたと付き合うんだから、神崎もきちんと守ってあげないといけないんだぞ!」

「ちょっと待てぃー!」
僕は思わず叫んだ。

「いつ、僕と彩宮さんが付き合うことになったんだ?!」

 伊達と三枝は目を見交わして再び同時にため息をつく。
「鈴があんたとならプールに行っても良いって言ったと言うたでしょうが?」
「お前も鈴ちゃんは可愛いと言うたべ……」

 だから、伊達! そういう恥ずかしいことをばらすな!


←BACK △PageTop →NEXT
1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
徒然草目録