←BACK 徒然草目録 →NEXT
1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13

(4)

 夏休み最初の日曜日。
 これでもかと言う位に陽が差す朝。
 公園のベンチで伊達を待っていた僕は、とんでもなく悪い幻を見た。反射的にその幻から逃げようとしたところ、その幻が僕の両手に抱きついた。

 右腕には白いインド木綿のシャツに着古した青のジーンズの美女。
 左腕には黒のゴスロリ服の少女が抱きついている。両方とも胸の谷間に僕の腕を巻き込んでいた。

「おはよー少年!」
「おはよーお兄ちゃん!」

 二人とも満面の笑みを浮かべている。後ろのお姉さんがケタケタと笑い転げていた。あんた、僕の守護をするんじゃなかったのか?!

 遙か後方に精根尽き果てた表情の伊達が見えた。

「嘘だ! これは悪い夢だ!」
 思わず叫ぶ僕に二人は笑い声を上げる。

「あら? お姉さんを悪い夢と言うの?」
「実の妹は悪い夢?」

 二人はさらに僕に密着して来る。響子姉は今更だが、浩美! いつの間にそんなに発育した? B? いやCカップはあるぞ。そのわざとらしい甘え方は恐怖だぞ!

 生まれて初めてのデート。Wデートとは言え、初めてのデートだったんだ。朝からシャワー浴びて、気合い入れてお洒落して来たんだ。

 これは悪い夢に違いない。
 きっと、僕はまだ布団の中にいるんだ。セーブポイントからやり直せるはずだ。さぁ、気合いを入れて目を覚まそう!
 僕は目を堅く瞑り、そして気合いを入れて目を開けた。

 僕の腕を笑いながら振り回す二人がいた……。


←BACK △PageTop →NEXT
1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13
徒然草目録