小説・詩ランキング

←BACK 徒然草目録 →NEXT
1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11

第二章桜ヶ丘高校の「絶対零度の魔女」

(一)

 物心ついた頃から仏間が好きだった。
 私、彩宮鈴香の最初の記憶は、夜の仏間。
 蒼い月光がさす夜の仏間で開いた仏壇をただ眺めていたことだ。

 月光に満ちた蒼い静謐。
 それが私、彩宮鈴香の原初の記憶であり、私の在り方だった。
 仏間を怖いと思ったことはない。幼い私には、むしろ無限に続くかと思われる長い廊下や、無人の客間の方が怖かった。

 母が懐妊した時、父は四十を超えていた。
 狂喜したらしい。
 だが、難産の末、母は私を抱くことなく亡くなり、父はその愛情の全てを私に注いだ。

 それは歪んだ愛情だった。父は彩宮の家の跡継ぎとして私を育て上げることに執心した。
 良く覚えてはいないが、三歳の頃には茶道と富田流と言う小太刀の流派の真似事はしていたように思う。
 最悪なのは私の名を決めて貰う為に、父が訪れた神社の宮司の台詞だった。

「この娘御は世にも稀なる力をお持ちです。ですが、それ故に魔を呼ぶ。七歳までは神の内と申します。幼い内は人目にさらしてはなりませぬ」

 父はこの台詞を真に受けて、事実上、私を家に軟禁した。なにしろ九歳まで、『あの時』が来るまで、私は屋敷を出ることがなかったのだ。茶道も小太刀も屋敷の茶室と道場でマンツーマンで教えられた。小学校には行かせてくれなかったのだ。

 だから、私は世界に子供は自分しかいないのだと思っていたくらいだ。
 私付きの家政婦さんとして雇われた藤沢さんと、離れに蟄居して日本画を描いていた天野さんが、私の友人と言えば言えたかもしれない。

 実際、私の幼い頃の遊び相手はこの二人しかいなかった訳だし…… ただ遊べる時間は殆どなかった。
 同年代の子供以上の学力を身につけるための家庭教師による勉強は、今考えると辛いものだった。

 父は仕事に出る前と帰った時に強く私を抱きしめるだけの人だった。
 幼少時の私の一日は父の抱擁に始まり、父の抱擁に終わるものだった。
 父は嫌いではない。
 父なりに私を十分に愛していると思う。
 だけど、女の子にとって父親は特別な存在であるべきだ。
 ただ抱擁するだけで愛情が伝わる訳もない。

 自然、天野さんが身近な異性となった訳だが、幼い私にルーン文字を教えたりする変人だった。


←BACK △PageTop →NEXT
1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
徒然草目録
小説・詩ランキング