←BACK 徒然草目録 →NEXT
1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6

(二)

「あんた達。なにしてるの?」

 明美の呆れ声で私は我に返った。
 確かに呆れられても仕方がない光景だ。
部屋の中央に呆然と立ち尽くす神崎君。その神崎君に詰め寄っている私。廊下で尻餅をついている伊達君。滑稽と言われても仕方がない。

 茶托を持って立ったまま、明美は伊達君と私達を交互に見る。

「なに? 又、何かあったの?」
 不安げにそう尋ねる。

「あったと言えばあったんだが……」

 伊達君は廊下であぐらのまま腕組みして考え込む。

「――良く分からん!」

 あっさりと結論を出した。伊達君らしい潔い結論だ。
 その言葉に明美は小さく嘆息した。

「とにかく、お茶にしましょう。一息入れないと身が保たないわ」

 明美の言葉に伊達君が立ち上がる。

「……あら? なんか涼しいわね。クーラーでも入れたの?」
「いや。姉貴が入れたのかな? でも、クーラー、スイッチ入ってないし……」
 明美と伊達君が首を傾げる。

(……明美達にもわかるのか……)

 私は吐息をついて、畳の上に正座した。伊達君の部屋には座卓の類がないので、自然、円座を組むように座ることになる。

「鈴の所のくず餅だから、美味しいよ! 良く冷えてるし♪」
 明美がぱっと周囲に笑顔の花を開く。

(――なるほど。覚悟を決めたか)

 明美の笑顔は『戦うと決めた女』のものだった。
 しかし、他人の家で自分の(いえ)のものを出されるのは面映ゆいものだった。

 明美は器にお湯を入れて温めた後、急須にその湯を注ぐ。
 暑い時に熱い飲み物を頂くのは理にも礼儀にも適っている。実は明美が通う茶道教室の師範代は私だったりするのだ。あの煎れ方なら、茶葉もスーパーで売っているような物ではないだろう。

(玉露の高級品かな?)

 当たりをつけて、そっと一口頂いた。意表を突かれて、私は思わず声を漏らした。

「あら? 正喜撰(しょうきせん)?」
「流石、鈴。分かるわね。小枝さん、やっぱりただ者じゃないわ。こんなもの普通に用意してあるんだもの……」

 明美は脱力したように言う。
 確かに普通の家にあるお茶じゃない。
 小気味よく一本取られた気がして、私は『小枝さん』と言う女性を見直した。明美にすれば小姑みたいなものだから、私とは違う感慨があるのかもしれない。

 冷静さを取り戻した私は伊達君の部屋をつくづくと見渡した。
 考えてみれば、男の子の部屋に入るのは初めてだった。少し悔しくて唇を噛んだ。私の『初めて』は全て神崎君に捧げたかったからだ。

 六畳間の和室。左右の壁には本棚がある。中身はマンガが多い。ついで剣道関係の本。
 本棚の上には、おびただしい数のトロフィーと賞状が飾られている。奥の窓際には勉強机。
 意外に整理されていて、教科書と参考書が並べてある。机の横にパソコンディスクがある。


←BACK △PageTop →NEXT
1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6
徒然草目録