←BACK 徒然草目録 →NEXT
1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10

(三)

――白状しよう。
 この時、私は浮かれていた。天にも昇る心地と言う奴だ。

「ファーストキスなの……」

 私は浩ちゃんの厚い胸板に顔を埋めてそう囁いた。
 浩ちゃんは一瞬、硬直して応えた。

「ごめん。僕、初めてじゃない」
 浩ちゃんは生真面目に答える。

「馬鹿――黙っていれば良いのこう言う時は。貴方がもう経験済みだって知ってるよ。でも、良いの。これからの事もリードして貰えるしね♪」

 その言葉に浩ちゃんは顔を朱に染めた。
 それが可愛くて、さらにしがみつこうとしたら、両肩を押さえて体を離された。

「――なによ?」

 抗議の声を上げると、彼は真っ赤になって俯いていた。

「彩宮さん、天下の往来で抱きつくのは不味いって……」

それで我に返った。羞恥が、かっと頭に登った。慌てて周囲を見回す。幸いにして人目はなかった。安堵の吐息をつく。彼も私の肩から手を放し、大きく吐息をついた。

「なんで呼び方が元に戻るわけ?」

 私は頬を膨らまし拗ねて神崎君を見据える。
 神崎君は赤い顔をますます赤くして慌てる。

「いや、その呼び方では理性が保てないと言うか、なし崩しになりそうだし、こういうのはもっと特別にならないといけないような気がするんだ」

(――なし崩し。良いじゃない?)

 そう思ったが、あえて口にしなかった。
 彼のことだ。きっと準備万端整えてくれるだろう。それもそう遠くない未来に。

「分かったわ。期待して待っているわね。神崎君(かんざきくん)

 私は神崎君の手を握ると、前へ向かって歩みを進めた。

「キスしちゃった♪ キスしちゃった♪」

 私は神崎君と手を繋ぎなぎ、歌うように囁きながら、、スキップして公園を歩く。至極、上機嫌であった。


←BACK △PageTop →NEXT
1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10
徒然草目録