←BACK 徒然草目録 →NEXT
1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9

(四)

「神崎君!!」

 私が激しく肩を揺すると、彼はうつろな目を私に向けた。

「お爺さん、逃げちゃったね……」
 呆けたように神崎君は呟いた。

 良かった。意識がある。

「逃げちゃったねって……。貴方が脅したんじゃない? 又、覚えてないの?」
「脅したって……名前を覚えておくって言っただけだよ?」

 何か根本的な齟齬を感じて、私は諦観の思いを込めた吐息をついた。
 怒っても仕方がない。彼は分かっていないのだ。それに私には確かめる術がある。

「貴方、分かってないわ。貴方は自分を『これ』って言うの? 自分の体がどうなっているか分かってる?」

 そう言って彼の右手を自分の頬に当てた。夏の夕べだと言うのに氷のように冷たい。

「うわっ!」
 彼は驚きの声を上げた。

「彩宮さん、凄く熱いよ? 大丈夫? 熱あるんじゃないの?」
「貴方が冷えているのよ! 夏の盛りだと言うのに!」

 私は彼の右手首の関節を決めて、強く私の頬に右手を当て続ける。私の熱が伝わるように。私の命を注ぐように。彼の右手を頬に当てる。

「あれ? あれ?」
 神崎君は目に見えて狼狽える。

「なんで? さっきまでなんともなかったのに、寒気がする。凄く寒い」
「――良かった。戻って来たのね。私を抱きなさい」

 そう囁くと、神崎君は顔を朱に染めた。

「ぇ? ――だって、ちゃんとセッティングしてって……」
「違う! 寒いなら私を抱きしめなさいと言ったの!」
 真っ赤になって私は叫ぶ。

(――全く。男って奴は。それしか頭にないのか?)

 神崎君は無言で私を抱きしめた。ぞっとする程、冷たい体だった。
 神崎君は小刻みに震えている。余程、寒いのだろう。
 体温を半分持って行かれた気がした。が、それも数分。

「――ありがとう」
 神崎君は耳元で囁くと、そっと体を離した。

 耳元で囁いて、体を離すのは反則だなと思った。
 彼はとんと前へ一歩踏み出すと、まだ陶然としている私を振り返る。

「帰ろう。彩宮さん。送るよ」
 にこっと笑う。

 ああ。その笑顔も反則だ。
 天の邪鬼な私は仏頂面で答えた。

「ええ。送って頂くわ」


←BACK △PageTop →NEXT
1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
徒然草目録