←BACK 徒然草目録 →NEXT
1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9

第三章審判の門

(一)

「……ふぅ」

 私は軽く吐息をつくと窓辺から見える夕映えのグラウンドを眺めた。グラウンドの奥に大きな桜の樹がある。根元に防具袋を置いて、神崎君が座っているのが見えた。

 これで半月。
 彼は、ここ最近、毎日、部活の終わりにここで過ごして帰る。ただ愚痴を聞くためだけに。

(……私には出来ないな)

敵わない。そう思いながら、私は恋慕を込めた視線で彼を見つめる。

「――彩宮さん?」

 部長にそう声をかけられて、私は我に返る。「なんですか?」と小首を傾げると、部長は言った。

「もう一人、視て貰いたいって人が来ているのだけど、大丈夫かな?」

 髪をポニーテールにして眼鏡をかけ、真っ白な肌をした、いかにも文学少女と言う容貌の部長は遠慮がちにそう言った。

「後一人なら、大丈夫です。でも今日はこれで最後にします」
「悪いわね。ごめんなさい」

 部長は本当にすまなさそうにして女生徒を一人部室に入れた。



 私は布団の中で目を開けた。

 ――夢か。
 つい最近のことなのに、随分、昔に思える夢だった。

 何故だろう? 私は涙を流していた。何に涙したのか私には分からなかった。
 あんな夢を見たのは昨夜、神崎君から電話があった所為だろう。

 神崎君は、珍しく少し興奮していた。

「小泉さんは操られているんだ!」
 そう言う。

「男を取られたら、普通は取った相手を恨むものなんだ。いきなり伊達を呪殺するなんて事はあり得ないんだよ!」

 なるほど、道理だ。私だって神崎君を取られたら、まず、取った相手を恨む。でも、そんな女心の機微に神崎君が気付くとは思えない。

「――杉浦さんね。それを教えたの。今、側にいるの?」
 冷めた声で私は詰問した。

「いや、ちっ、違う。違う。今は部屋からだから、僕一人だ。響子姉とは偶然会ったんだ。
 そりゃ、教えてくれたのは響子姉だけど……一緒にいたわけじゃないよ」
 電話口で神崎君は狼狽える。

 男ならしゃんとしろ! そう思う。狼狽えず大きく構えていれば、こちらも安心するのに、ここで狼狽えたら、要らぬ詮索をすると言うものだ。

「でもさ、呪詛が小泉さんの意志じゃないなら、救える可能性が増えるじゃないか。全ては、きっと、あの爺さんが仕組んだんだよ!」


←BACK △PageTop →NEXT
1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
徒然草目録