←BACK 徒然草目録 →NEXT
1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9

(二)

「……しくじった」
 喫茶店で神崎君は頭を抱えてそう言った。

「そう? 見事な誘導だと感心していたのだけどな……」
「――誘導?」

 神崎君は怪訝な表情で顔を上げる。私はその顔に微笑みを返して言った。

「小泉さんに自ら呪詛をしていることを言わしめ、一週間の期限を設けさせた。これは大きいわ。私達は七日間と言う短期間で呪詛に備えれば良い。何ヶ月もかけてくる呪詛はやっかいだからね」

 神崎君の顔に不満の色が浮かんだ。

「僕はそんなつもりで小泉さんと話したわけじゃない」
「ええ。分かってる。貴方はそうでしょうね。でも、結果はベストに近いものになったわ」
「ベストは小泉さんに呪詛をやめさせることだった。だから失敗だよ」

 神崎君は低い声で言った。怒っている。私はそれに気付かぬように振る舞った。

「あの時点で彼女を救うのは、どんな聖人君子でも無理よ。貴方は良くやった。悔やむ必要なんかないのよ」
「それでも、僕は――」

 神崎君が何か叫びかけたところで、私は右手の指で口を封じた。

「大声はいけないわ。で、どうなの? この後、どうする気? 案が無いなら、私から提案があるわ」

 人差し指を唇に当てただけで、神崎君は真っ赤になって固まる。そして、いじけてる。
 ちょっと目では分からないけれど、私にも彼の表情が読み取れるようになった。

 可愛いい――そう思う。

 唇から顎と撫でるように指を動かして、その指先を彼の喉笛にそっと刺すと、神崎君の顔から血の気が引いた。――何でよ?

 神崎君は引きつった表情でバンザイの姿勢を取る。

「参った。降参だ。彩宮さんの言うことを聞く。だから指を収めてください」

 色々、腑に落ちないことがあったが、私は手を納めた。神崎君は安堵の息をつく。

「……ふう。怖いな。彩宮さんは……。で、提案ってなに?」

 むっとしたけど、ここで拗ねても、あやしてくれるような人じゃない。私は話を前へ進めることにした。
 テーブルにプリントアウトした衛星写真を広げて見せる。私は写真の中央を指さした。

「ここが小泉さんの家。矢尻みたいな二等辺三角形でしょ? しかも辻に立っている」
「僕は風水とかは判らないけど、このマンションからは邪気を感じるよ。――しかし、なんでこんな変な形のマンションを建てたのだろう?」
「呪詛だからよ。このマンションは鬼門を指していると言ったでしょう? じゃあ、鬼門の先には何があるかよね?」

 私は定規でマンションの頂点が指す方向を示した。


←BACK △PageTop →NEXT
1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
徒然草目録