←BACK 徒然草目録 →NEXT
1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10

(三)

 三角マンションの前で私達は立ちすくんだ。

 ――阿鼻叫喚のるつぼ。
 そう表現するしかない。十五階建ての賃貸マンションで燃えているのは四階から下。ほぼ全室で火災が起きているようで救いを求める絶叫が聞こえる。ガソリンの臭いがつんと鼻を突く。放火だ。

 玄関ホールの上には脳漿を飛び散らかした男性の体がある。死体だろうが、キャンバスで隠す人はいない。手が足りないのだ。そしてベランダからは次々と飛び降りが続く。「助けて!」と、そう叫んで、飛び降りる。

 マンションの回りは奇妙に体をくねらせた死体のオブジェが取り巻いている。

 そのオブジェ(多少に息があろうか構うことなく)を作業靴で踏みにじり、飛び降りても大丈夫なように警官隊と消防隊がマットが敷く。かって人間であったモノを踏みにじるその顔には怒りと恐怖が混じり合っていた。
 一階の消火は先程終わったようだ。まだ黒い煙が異臭を漂わせて漂っている。その臭いは『あの日』を思い起こさせる。集まって来る群衆は後を絶たない。機動隊が盾で壁を作っている。
 それでも人々は集まって来る。何も出来ない。そんな事は分かっている。だが、それでも見届けようと群衆は集まり続けた。

「説得は聞きません。『助けてくれと』言って飛び降りて来るんですよ!! どうやって助けるんです?! ええ。一階の消火は今出来たようです。
 ちょっと待って下さい。一階フロアに生存者無し! 無理心中に自殺ばかりの様です。とにかく増援を下さい。それから報道を下げさせて下さい! ヘリの音にマンションの住民が怯えます!」


←BACK △PageTop →NEXT
1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10
徒然草目録