アルゴ!「ラグナダの聖戦」
第一章 アルゴ (1)

←BACK 徒然草目録 →NEXT

1 / 2 / 3 /


 出立の場所は聖王都ベネチアのワープポイントの置かれたフェルナンデス大聖堂が安全で良いだろうと、セラフィーは言った。アルゴへのダイブでは、セラフィーは大先輩である。僕に否やは無かった。
 下半身不随の僕は、メイド達の手を借りて、『安楽椅子』と揶揄される四肢を固定する椅子に腰掛ける。フルフェイスのヘルメットに似た『バイオメット』を被せられる。『バイオメット』はアルゴセンターから光ケーブルで直結している。僕の十八歳の誕生日に合わせて、特例で光ケーブルを引いたのだ。『バイオメット』内部の280の突起が頭皮を刺激する。突起の一つ一つから微細な電流が流れたかと思うと、それまで真っ黒だったバイザーの中央に緑の光点が現れる。光点はどんどん膨れ上がり、僕の体を包み込む感触に襲われる。とたんに肉体から魂が引き剥がされる感覚に包まれる。緑に輝く煙突の内側を激しい速度で上昇する感覚を味わう。唐突に魂が肉体に収まる感触に軽い衝撃を覚える。
 白く輝く光に目眩がした。ふらついた僕を先にダイブしていたセラフィーが支える。
「大丈夫でございますか? ガウシア様」
 直径20メートルの円形の巨大な台座の上に僕とセラフィーは居た。台座は白い大理石で青地の魔法陣が描かれている。その魔法陣が放つ白く淡い光が徐々に消えて行く。
「―――おおおぉ……」
 僕は自らの肉体に歓喜の声を抑えられなかった。自らの足で僕は立っている。ズボン越しにパンパンと両足を叩いてみる。屈強な戦士の足がそこにあった。生まれて初めての体験に僕はセラフィーに抱きつく。
「セラフィー! 僕、立っている! 自分の足で立ってるよ!」
 セラフィーはうっすらと涙ぐみながら、慈愛の籠もった微笑みを浮かべる。
「ガウシア様。それが『アルゴ』と言う世界なのですよ」
 そしてセラフィーは僕の両手を取るとニッコリと笑った。
「ようこそ。アルゴへ」

 五感さえも完璧に再現した夢のバーチャルリァリティーワールド、アルゴ。その夢の世界へ僕は今日、デビューしたのだった。

←BACK △PageTop →NEXT

1 / 2 / 3 /

徒然草目録