アルゴ!「ラグナダの聖戦」
第一章 アルゴ (1)

←BACK 徒然草目録 →NEXT

1 / 2 / 3 / 4 /


 南大門を警備する兵士達はセラフィーの顔を見知っていた。畏怖と憧憬が入り混じった態度で恐る恐る尋ねる。
「これはセラフィー様、こんな早くからどちらへお出かけですか?」
「エルダの町まで。人と会う約束があるのです」
 それを聞いて兵士達は顔を見合わせる。
「何か問題でも?」
「―――いえ。ラグナダの泉まで足を伸ばされますか?」
「その予定はありません」
「それは良かった。今、ラグナダの泉にはグノーシスとおぼしき連中が多数宿泊しているのです。中立地帯ですから、憶測で追い出すことも出来ずにいます。念のためご用心を」
「分かりました。忠告、感謝いたします」
 セラフィーの表情に厳しさが走った。
 グノーシスとはレイファ信教の教皇庁と唯一対立する敵対勢力である。区分としてはレイファ信教の中の異端派の扱いだ。創造神にして唯一神である女神レイファを信仰することに変わりはないが、教皇庁がこの世界はレイファ神の見る夢だと考え、その眠りを妨げぬ様勤めるのに対し、グノーシス派はレイファ神の目覚めこそ世界の救済であると考える。グノーシス派は過激な言動で知られ、小さな武力衝突は日常茶飯事である。聖地・ラグナダにグノーシスが集結しつつあるなら、穏やかな話ではない。セラフィーの表情が厳しくなるのも当然である。
 とは言え、数キロ歩いただけで、そんな不安はかき消えた。
 歩ける。
 その一事が僕の頬を緩めてしまう。
 なにしろ生まれて初めて自分の足で歩けているのだ。広い街道はベネチアから1キロも離れると舗装が無くなり、剥き出しの乾いた土へと変わった。時折、走り抜けて行く馬車が土煙を上げるが、僕にはその埃っぽい空気ですら喜ばしい。靴を通じて伝わる土の感触が心地よい。遂に僕は熱に浮かされる様に口を切っていた。
「セラフィー。ねぇ、セラフィー。歩けるよ。僕、生まれて初めて歩いているよ」
「―――そうですね。ガウシア様には歩くことも初めてでした。違和感は無いですか?」
「無いよ! どうやって歩くのか体が自然に反応するんだ。きっと、走ることも出来るよ。ねぇ、セラフィー。アルゴが桃源郷って本当だったんだね。アルゴでは生まれつき全盲の人でも目が見えるようになるって本当なの?」
 セラフィーは困った様な笑みを浮かべる。
「本当ですよ。でも、アルゴが桃源郷かどうかは分かりません」
「なんでさ? 不自由が無くなるんだよ? 本当の僕はこんなに歩ける体力すら無いんだよ?」
「……わたしは全盲の方がアルゴにダイブして、儀体の目を潰した話を聞いたことがあります」
 僕は絶句した。
「不自由故の自由と言うものがあるのかもしれませんね。それにガウシア様? もし、アルゴが桃源郷だと思うのなら、なぜ一般観光を選ばなかったのです? 何も考えず享楽的に過ごせますのに……。アルゴで冒険者の道を選ぶことは決して桃源郷ではありません。這いつくばって、血肉にまみれた泥を啜る思いを必ずします。わたしは今でもガウシア様が冒険者になることには反対です」


←BACK △PageTop →NEXT

1 / 2 / 3 / 4 /

徒然草目録