アルゴ!「ラグナダの聖戦」
第一章 アルゴ

←BACK 徒然草目録 →NEXT

1 / 2 / 3 / 4 / 5


 中世南欧ののどかな景色が広がる街道。吹く風は乾いた初夏の香りを含んでいる。
 そんな中、メッセージ送信の練習と言われて、僕は鼻白む。伝書鳩でも飛ばすと言うのだろうか? そんな僕の反応をセラフィーは楽しげに微笑んで見つめる。
「アルゴでは女神レイファの奇跡と呼ばれる御技が幾つかございます。その中に『賢者の板』と呼ばれる物がシチズンにもゲストにも埋め込まれているのはご存知でしょう? それを具現化して使ってみましょう」
 アルゴの知的生命体には、脳内にイメージとしてタブレットコンピュータの様な端末が埋め込まれている。メールの送受信、GPSによる地図データの参照。複雑な公式も入力するだけで、新世代コンピュータ『蓬莱』が即座に解を示してくれる。脳内にイメージとして留めて操ることも可能だが、普通は具現化して液晶パッドを触って操る。
 知識としては知っていたが、脳内イメージを具現化すると言うのが良く分からない。
「どうすれば良いの?」
「簡単です。『賢者の板』が胸の中心にあるようにイメージして下さい。そしてそれを取り出す様に胸を叩いて下さい」
 やってみた。果たして右の掌にしっかりした重さの、掌に乗る厚さ5ミリ程の黒い石版が現れた。表面が鏡の様で、これが液晶の様な役割をする。
「メールと言って下さい」
 メールと言うとメールアプリが淡い光と共に立ち上がった。たちまちに受信が始まる。僕の現実世界でのメールがそこに示される。仮想世界にダイブしていても現実世界と繋がっていることに軽く驚きを覚える。
「シルフィア・レス・ダンデビィーと呟いて下さい」
 呟くとシルフィアのアドレス帳が開いた。シルフィアとの契約時に教えられていた彼女のアドレスがそこに示される。顔写真や生年月日、関係などの個人情報は空欄となっている。
「そのタブレットはガウシア様にしか具現化出来ませんし、他人が手に持つことも出来ません。セキュリティは万全です。ではシルフィア様にガウシア様が視た事を連絡して下さい。情報漏洩の可能性があることも書き添えて下さい」
 セラフィーは僕の反応を見ながら、的確に指示を出して来る。セラフィーの話ではメール本文を口に出すだけで、自動的に英文メールに仕上げてくれるそうだが、僕はソフトキーボードでメールを打った。
『シルフィア様。
 突然、メールを送るご無礼をお許し下さい。
 私はこれから一ヶ月、貴女様に師事することになったガウシア・ゼルビアです。現在、街道を待ち合わせ場所に向かっている最中ですが、カラスを使って遠見をしたところ、わたし達を監視するとおぼしきカラスを三羽見付けました。情報漏洩は無いと思いますが、シルフィア様とドロス様を狙うパパラッチの可能性も考えられます。
 待ち合わせ場所を変更すべきでしょうか? ご指示お願いします』
 リターンキーを押して送信する。バーチャルリアリティの世界でメールを打つと言う現実じみた行為をするのは興が削がれるが、便利な機能なのだろう。
「もっと畏まった文体の方が良かったかな?」
 セラフィーに言葉を投げかけると、「実務連絡なのですから、簡潔な方が良いでしょう。しかし―――本当にあのシルフィアと契約出来たのですね。お父様に感謝しないとなりませんよ。お父様はアメリカ大統領のコネを使い、エメラルド鉱山の採掘権を報酬として用意されたのですよ。ガウシア様はそれを返していかねばならないのですから」
 唐突に現実の重い話を突き付けられて、流石に僕は気が重くなる。シルフィアが国家要人クラスの地位を現実世界で持っているとは思わなかった。個人的な契約がここまで大きな話になるとは思ってもいなかった。落ち込んでいると『賢者の板』がチロリンと鳴った。
 シルフィアからの返信だった。
『ガウシア様。
 メールありがとうございます。せっかくのお心遣いですが、わたしもドロスもパパラッチ程度は問題としておりません。情報漏洩があったとするなら、それはガウシア様サイドで起こったものと思います。わたしどもも注意しますので、街道をエルダの街へ向けて進んで下さい。タイミングを見計らいこちらより接触させて頂きます。エルダ近郊では、最近、野党による誘拐事件が頻発しておりますので、ご注意下さい』
 僕は返信の内容を無言でセラフィーに見せた。セラフィーの表情に堅い物が走った。
 セラフィーも『賢者の板』を取り出すと素早くメールを打つ。恐らく現実世界の僕の父親に向けて打ったのだろう。セラフィーは手早く『賢者の板』を仕舞うと、パンパンと腰を叩いた。
「では、参りましょう。ガウシア様。観光がてらのんびりと」
 セラフィーは柔らかい笑顔でそう言った。

←BACK △PageTop →NEXT

1 / 2 / 3 / 4 / 5

徒然草目録