アルゴ!「ラグナダの聖戦」
第二章 シルフィア・レス・ダンデビィー

←BACK 徒然草目録 →NEXT

1 / 2 / 3 /


 (1)
「ガウシア様。どうかされましたか? こんな所で呆けられて……」
 セラフィーの心配気な声に我に返った。手元にあった筈のロープは霧散したかのように消え失せていた。
「―――ああ、大丈夫。なんでもないよ」
 何故か今あったことは話す気になれなかった。僕は立ち上がり、笑顔を作る。セラフィーは眉間に皺を作り、僕の顔を覗き込む。
「本当に大丈夫ですか? 顔色が良くないですわ。お疲れが出ましたか?」
 過保護だと思った。真摯に覗き込んでくるセラフィーの瞳から顔を逸らして話題を変える。
「あの、ほら、託宣はどうだったのさ?」
「人生が変わる程の大きな出会いがあるそうです。それは若様を大きく成長させるとも……」
「―――へ、へぇ。凄い託宣だね。シルフィアのことを言っているのかな?」
「ガウシア様~?」
 セラフィーの視線がねっとりしたものに変わる。
「わたくしに何か隠しておられますねぇ~?」
 心に動揺が走る。それでも、僕は素知らぬ振りを通した。
「か、隠してなどいないさ。何かが起きる程、時間も経っていないじゃないか!」
 セラフィーは腕を組み、完全なジト目になった。
「お顔の色も優れません。休憩が必要ですね。飲食も出来て休める場所があります。そちらに参りましょう」
 セラフィーはそう言い放つと、僕の手首を掴んで、無理矢理引っ張る様にずんずんと歩み始めた。僕の抵抗の声はセラフィーの気迫の前にかき消える。連れて行かれた先はアラムの大木の根元にある教会の横に建つ木造三階建ての大きな家屋だ。教会の半分の大きさだが、周囲の建造物の中では一番大きい。
『冒険者御用達・豊穣亭』と英語で書かれた大きな看板が掛かっている。一階と二階には広いテラス席があり、八割方埋まっている。一階部分は玄関が驚くほど大きく、高さもある。入ってみると、一階は大きな体育館の様で立て板で仕切ったブースが幾つもあり、武器屋、鍛冶屋、ポーションの販売店など、冒険者を対象にした店が目立つ。勿論、土産物屋や服飾店などのブースもある。玄関を入った奥は大きなL字型のカウンターで半分に仕切られており、右側のカウンターの手前には大きな掲示版が五枚立っており、冒険者への依頼内容が書かれた羊皮紙が所狭しと貼り付けられており、それを吟味する冒険者が群がっている。カウンターの奥にはスーツ姿の男女のヒューマンやエルフ、亜人種の係員が冒険者の応対に忙しく働いている。
 左半分のカウンターにはメイド姿の少女達が応対しており、カウンターの右と左で雰囲気はガラリと変わる。メイドが詰めるカウンターでは飲食物のオーダーを受けているようで、こちら側には観光客の姿も見られる。猫耳メイドなんてジャパニメーションの中でしかお目にかかれないと思っていたが、ここでは違和感が無い。広い館内の左側には飲食の為のテーブルと椅子が並ぶ。テーブルはオーク材の高級品で、座席もゆったりとしたソファーが目立つ。館内の右半分はブースで埋められている。意外と落ち着いた空気が流れていた。冒険者御用達の店と言う言葉から、西部劇でガンマンが集う酒場の様な店の空気を想像していたが、これなら萎縮せずに済む。
「腹拵えをしておきますか……」
 セラフィーはそう呟くと、
「ガウシア様、一階と二階、どちらにします? 三階は宿泊を兼ねた個室ですので、省きます。一階は仕事の打ち合わせを兼ねたテーブルが多いので、まぁ落ち着いています。二階は純粋に飲食の場所ですので居酒屋のノリになります」
「じゃぁ、一階で。ブースや仕事内容なんかも見学したいしね」
「勉強熱心で結構ですわ。では、左のカウンターに移りましょう」
 左のカウンターに行くと蝶ネクタイのボーイ姿のダークエルフの少年が素早く対応する。深くお辞儀をしてから、
「いらっしゃいませ。豊穣亭にようこそ。お客様は何名様でしょうか?」
「二名だ」
「いや、三名だ」
 背後から野太い男の声がした。僕達が振り返ると、短い金髪に彫の深いいかつい顔の筋骨隆々とした、身長二メートル程の大男が快活な笑顔を浮かべていた。青く染めた皮鎧に、背中にロングソードを背負っている。
「青龍のヨゼフか!? 」
「久しいな。セラフィー。ニィドの街の守護戦以来だ。あの時の恩を返していない。奢らせて貰うぜ」
「あれは仕事だ。恩義を買う謂われは無い。だが、何故、貴殿が一人でここに居る? あの時の武功で聖王都の衛士長に抜擢されただろう?」
「辞めたんだよ。冒険者に肩書き付きの仕事は無理だったんだ……」
「―――事情がありそうだな。良かろう。奢られてやる」
 セラフィーと大男の話を僕は驚きを持って聞いた。敬語口調で無いセラフィーなんて初めて見たのだ。
「で、この坊やは誰だ? 見たところ冒険者の様だが、お前が男連れとは珍しい」
「わたしの主人のガウシア様だ。失礼があれば、貴様とて許さぬぞ」
「怖いな。そう言う事なら、よろしくな。ガウシア様」
 ヨゼフは僕に握手を求めて来た。手を出すと凄い力で手を握られた。

←BACK △PageTop →NEXT

1 / 2 / 3 /

徒然草目録