アルゴ!「ラグナダの聖戦」
第二章 シルフィア・レス・ダンデビィー(2)

←BACK 徒然草目録 →NEXT

1 / 2 / 3 / 4 /


 ドロス・ケルベロス。
 アルゴの七大英雄の一角であり、随一の剣の使い手である。七大英雄の中では異色の存在で、剣の腕のみで念度1万2千を記録している。他の英雄が魔法剣士あるいは魔道師で地形すら変えるような魔法を駆使する中、ドロスは魔法を使用したことが無い。ドロスの念度は気合いや殺気の類いに変換されるらしく、その一瞥でどんな名剣士でも恐怖に竦み据え物斬りにされると言う。七大英雄らしい逸話と言えば、千人の部隊をたった一人で相手にし、千人の兵士を竦み上がらせ、ものの五分で壊滅させた『千人斬り』の伝説を持つ。
 七大英雄に数えられる頃には、同じく七大英雄の一角にして『アルゴ三大美女』の一人に名を連ねるシルフィア・レス・ダンデビィーと常に行動を共にしている。
 ドロスは『黒蛇』と呼ばれる暗殺・密偵に長けた私兵部隊を持ち、シルフィアは『血風隊』よ呼ばれる私兵部隊を持つ。この両部隊の指揮はドロスが受け持ち、軍師としても優れた一面を見せるが、『白の雷帝』の異名を持つ程の圧倒的魔法を操るシルフィアの活躍の影に隠れて、その存在は影が薄い。
 ドロスの儀体はダークエルフである。魔法との相性の良い儀体で、当初からインプットされている穏行やアンロックなどの初歩の魔法は使えるが、それ以上の魔法の駆使を見せた事が無い事に疑問を抱くプレイヤーは多い。相方であるシルフィアが超弩級の雷撃を操るのだ。ドロスは敢えて魔法を使う姿を見せないのではないかと疑うプレイヤーは少なくない。まぁ、シルフィアばかりが顔と名前が売れ、ドロスの顔はあまり知られていないのが現状だ。
 そんな特性を生かしてドロスはガウシアとセラフィーの尾行をしていた。百メートル程、後をつけていた。他に『黒蛇』のチームから三人一組の編成で三組を、ガウシアとセラフィーの側を歩かせていた。
 アラムの神木の根元で何故か一瞬、ガウシアの姿をロストしたが、直ぐにその姿を見付けて安堵した。セラフィーとガウシアが豊穣亭に入るのを見て、ドロスは念話で三組に共に店に入る様指示し、自分はアラムの神木の根元に横たわり、部下の視点・聴覚を共有する。カラスを操るのと同じ原理で、視野を共有する許可を与えて貰えば、他人の見聞きすることを共有出来るのだ。
 ドロスはきな臭い気配に、上半身を起こした。六匹のオーガが引く大荷車が姿を現す。背中に石斧を背負っているのを見て、凶行を直感した。この辺りにオーガはいない。オーガは採石場などでしかその姿を見ることはない。
 念話で部下に警戒を伝え、森の奥に姿を隠している高位エルフのシルフィアに非常事態を伝えて映像を送る。その時には、もう、荷車が豊穣亭に突っ込むところだった。
「わたしは豊穣亭にテレポートする。あなたは連中を斬り伏せて頂戴。ただし、一人は逃がすこと。後を付けさせて。組織だっているわ。訓練を受けた連中よ」
 切迫した口調でシルフィアはそう言うと、ぶつりと念話が途絶えた。その時にはドロスは豊穣亭に向かい走り出していた。早い。ドロスの俊足は豹より早い。
 豊穣亭に走り込むと、オーガが石斧を振るっているところだった。
「やめろ! 馬鹿者!」
 大音声でそう叫ぶと、オーガ達はびくりと体を震わせ、石のように固まった。ドロスは身長が百九十センチ有り、巌の様に鍛え上げた肉体を持つが、それでもオーガは見上げる程に大きい。だが、オーガ達にはドロスが自分達より巨体に見えた。死の代行者に見えた。
 ドロスは走り込んだ勢いを殺さず、大きくジャンプすると、一体のオーガを脳天から真っ二つに斬り、そのまま二秒で五体のオーガを両断した。Sクラスの剣技でないと出来る事では無い。オーガ達と対峙していた他の冒険者達は毒気をぬかれて「凄ぇぇ!」と呟く。
 ドロスは荷車を飛び越えてレストランへと飛び込む。セラフィーが後から斬られるのを見て、怒りに火がついた。セラフィーへ向かおうとしていた黒ずくめの男達十二名を一閃で斬り伏せると、今まさに五名の猛攻をセラフィーが受ける時だった。
(間に合わねぇ!)

←BACK △PageTop →NEXT

1 / 2 / 3 / 4 /

徒然草目録