アルゴ!「ラグナダの聖戦」
第二章 シルフィア・レス・ダンデビィー(3)

←BACK 徒然草目録 →NEXT

1 / 2 / 3 /


 シルフィア・レス・ダンデビィー。アルゴのプレイヤーの間で燦然と輝く星の如き存在である。七大英雄の筆頭として『白の雷王』の異名で知られ、アルゴの数多のNPCで構成される精霊族を治める『精霊王』であり、アルゴ三大美女の筆頭に挙げられる美の化身と言う少女だ。グノーシスとの数多の戦いを経て無敗。その活躍は現実世界ではDISKに編集され大ベストセラーになっている。バイオメットを被りDISKを再生するだけで、その痛快な冒険活劇が体験出来る。アルゴの冒険者の三割はこのDISKの影響で冒険者の道を選んだと言って良い。
 そのシルフィアがゲストでは無くシチズンだと言うのは僕にとって衝撃だった。だが、シルフィアと接点のある一部の高位冒険者の間では公然の秘密となっていたようだ。事実、セラフィーは驚きもしていない。それどころか、「説明が遅れました。申し訳ありません」と頭を下げた。シルフィアはアルゴの運営管理者である『龍樹』がアクセスログを取れない特殊な数少ないプレイヤーの一人である。七大英雄の一人にして、砂漠の傭兵国家を築いた黒騎士・アシュレイもアクセスログの取れない存在だと言う。恐らくはアルゴの開幕以前から、その開発者であり、天才的情報処理システムの科学者であった王麗花から個人的に秘匿回線を与えられていたと言われている。そして黒騎士・アシュレイとシルフィア、ドロスはアルゴ独自の武道『エンギシキ』の兄妹弟子でもある。シルフィアの不思議はそれのみに留まらない。一般にシチズンの儀体はゲストの儀体に比べて数段性能が落ちる。だが、シルフィアの高位エルフの儀体は特殊技能がデフォルトでてんこ盛りで、並のプレイヤーでは、その情報量の多さに脳が焼き切れ、操縦出来る物ではないとされる。それでもシルフィアに憧れ、その儀体を強く望む者が多かった為、『龍樹』は現在の技術では高位エルフの儀体の製作は不可能と発表した。製作可能なのは独力でアルゴとその世界を生み出す新世代コンピュータを開発した王麗花博士一人だが、今、王麗花博士は行方不明なのである。
 だが、高位エルフは数こそ200個体余りと少ないものの、シチズンとして存在している。それらはエルフの森の深淵に潜み、表に出ることはまず無い。高位精霊には龍族も含まれるが、その存在の強さは圧倒的でシチズンでは及ばない。龍族も又、『龍樹』が今では作り得ない存在である。
 これらの説明を受けた僕は、「じゃぁ、アルゴは現在の龍樹じゃ完全に制御出来ない世界になるじゃないですか!」と叫んだ。立ち上がって叫んだから、野戦病院さながらの周囲の視線が集まる。僕は赤面して座り込む。シルフィアは自分のことを語られているのに、ふて腐れた顔でそっぽを向いている。彼女は自分で説明することは一切しなかった。
「―――その通りさ。ガウシア坊ちゃん。制御出来ていない。だからこそ、面白いと思わんか? 制御出来ていないから、こんな代物が出て来るんだ」
 ドロスはチューブを指でクルクルと回す。
「それ、運営に引き渡す前に、わたし達で徹底的に解析するわよ。処理班を呼びなさい」
 シルフィアの鋭い言葉にドロスは、「もう、呼んでる。半時もすれば来るだろう」とふざけた態度で答えた。
「なに? 妙に楽しそうね? なにかあったの?」
「いや、なに、あの逃がしていた賊だが、自害しやがった」
「―――自害?」
 シルフィアが鋭く聞き返す。
「ああ。あの男、エルダの街まで逃げ込んだところで、黒蛇の尾行に気付きやがった。対峙して、すは戦闘と思いきや、奥歯に仕込んだ毒をあおりやがった。覚悟の程が半端ねぇ。余程、大きな組織で訓練と洗脳を受けている。面白くなって来たじゃねぇか?」
「エルダの街ねぇ…… そう言えばエルダの街の自警団が事情聴取に来ていると言っていたわね」
「エルダの街に組織の地下アジトがあるのかもしれんが、自警団はそれに気付いていないことになるな」
「ガウシア君を餌にした甲斐はあったわね。思った以上の大物が引っかかって来た。その自害した男の骸を持ち帰らせて。復活の儀式をかけて蘇らせた後、わたしが魅了の魔眼で尋問するわ」
「了解。なんとも気の毒だねぇ~」

←BACK △PageTop →NEXT

1 / 2 / 3 /

徒然草目録