アルゴ!「ラグナダの聖戦」
第二章 シルフィア・レス・ダンデビィー(3)

←BACK 徒然草目録 →NEXT

1 / 2 / 3 /


 緑に輝く煙突の内側を激しい勢いで上昇する感覚の後、僕はアルゴに帰還した。儀式殿のベッドの上で目覚めた僕は上体を起こす。ベッドの枕元に剣を枕に胡座をかいたシルフィアがいたので驚いた。
「待っていてくれたのですか?」と叫ぶと「警護の義務があるからね」と素っ気ない返事が返って来た。
 儀式官が寄って来て、大きな杯に入った琥珀色の液体を飲ませようとする。何かと尋ねるとソーマと呼ばれる気付け薬で、一日に二度以上、ログインを繰り返すと酔った様な状態になるので、気付け薬を飲ませるのだと言う。ソーマは煎じた漢方薬を思わせる味だった。黙って見ていたシルフィアが、僕がソーマを飲み終えるとベッドの側に立った。
「アラン・ゼルビア氏からのメールは読んだわ。これからよろしく」
 そう言って握手を求める。僕は女神と握手する心地で心臓を高鳴らせて、シルフィアの手を強く握った。シルフィアは微笑すると「顔つきが変わったわね」と言った。
「お父様に何か言われたのかしら? 覚悟のある顔だわ。その顔つきなら鍛え甲斐もあるわ」
 僕はどのような覚悟か明かす訳にはいかないので、苦笑で誤魔化した。
「―――シルフィア様」
「なぁに? 呼び捨てで構わないわよ」
「あのチューブの解析をなされ、賊をご、自白に持ち込むのですよね?」
 拷問と言いかけて言葉を訂正する。
「その通りよ」
「その情報、逐一、ぼくに教えて貰えませんか? ゼルビア家としても只で済ます訳には参りませんので……」
「ゼルビア家の情報も逐一教えてくれるなら、その条件飲んでいいわよ」
 シルフィアは即答した。
「当然、お教えします」
 と答えると、シルフィアは深く頷いて破顔した。
 
 教会のロビーにセラフィーとドロスの姿は無かった。輸血が長引いているらしい。僕とシルフィアは処置室へ向かった。処置室には苦痛によるうめき声が満ちており、地獄の様だった。五体満足ででない患者も多い。あの賊達の一瞬の襲撃でこれだけの被害者が出ている。ドロスの素早い討伐が無ければ、被害がどこまで進んだか想像もつかない。そして、この被害が僕一人に起因することに胸が痛んだ。落とし前はつけねばならないと深く胸に刻んだ。
 セラフィーは部屋の隅で静かに横たわっていた。見ると微かな寝息をついている。仮想現実の世界で眠るというのは矛盾している様に思われるかもしれないが、極度の疲労などに陥れば、アルゴの中で気絶することも眠ることもある。睡眠欲はアルゴにダイブしていても逆らえない欲望である。
 セラフィーの頭の辺りにドロスが胡座をかき、難しい顔で腕を組んでいる。シルフィアはドロスの横にちんまりと正座すると、セラフィーを見据えて視線を動かさないドロスに尋ねた?
「どうなの?」
「―――出血が多すぎた。気丈に振る舞っていたから気付かなかったが、出血性ショックで死んでいても不思議はなかったそうだ。まぁ、基礎体力がMAXまで鍛えてあるから、十分な輸血が済めば直ぐに目覚めるだろうとのことだ。大した女だよ」
 その言葉に僕の胸は痛んだ。レストランで話していたときも、セラフィーは気を失うのを懸命にこらえていたのだ。僕はそんなセラフィーを気遣いもせず、ただ甘えていた。慚愧の念に堪えない。
 立ち尽くしていたら、病室が騒然とした。入り口に目を向けるとフルプレートのアーマーに身を包んだ騎士達10人が部屋に入って来るところだった。先頭を行くリーダーらしくフルプレートは他のメンバーに比べて頭一つ分背が低い。一団は真っ直ぐこちらへやって来る。僕らの眼前で集団は止まると、リーダーが勇ましく声を張り上げた。声は少女のものだった。
「ガウシア・ゼルビアだな? 此度の一件の重要参考人として同行してもらう!」
 僕は目が点になった。

←BACK △PageTop →NEXT

1 / 2 / 3 /

徒然草目録