アルゴ!「ラグナダの聖戦」の章
第2章 シルフィア・レス・ダンデビィー (4)

←BACK 徒然草目録 →NEXT

1 / 2 / 3 / 4


 何を言われているのかと思った。
 僕はセラフィーの白い寝顔を見る。彼女は僕の所為で傷を負った。彼女が目覚めるまで離れる訳にはいかない。ただ、フルプレートの集団の高圧的な態度は僕をたじろがせた。僕はシルフィアとドロスを縋る様に見る。二人はフルプレートの集団などいないかのようにセルフィーを見つめて動かない。
「突然、来いと言われましても困ります。そもそも、あなた達はどちら様なのですか?」
 感情を逆撫で無い様、下手に出て訊いた。
「これは失礼。名乗りを忘れていた。我々はエルダの街の自警団だ。わたしは隊長のエウリア・シュトラウスと言う」
「―――自警団?」
 間の抜けた声で尋ね返したのが不味かったのか? 怒気を含んだわめき声が上がる。
「自警団だからって、なめんなよ! 法王猊下からここらの治安を守る様命じられ、騎士に準ずる身分も持ってんだ。訓練だって正規の騎士以上にやっているんだ!」
 訊いてもいないことを喚く。広い臨時の病室に声が響いた。
「ジョン! 声が大きい。場所を弁えろ!」
 エウリアが厳しい声でたしなめる。シルフィアが「くっくっ……」と嗤いを嚙み殺した声を上げた。相変わらず振り向かぬまま言う。
「馬鹿者共が。騎士の身分が嬉しくてフルプレートか? どんな戦が起こるのかと思ったぞ。ガウシア君。相手にするな。厨二病の哀れな若者だ。中味はおつむも腕も空っぽの連中だ」
「なんですって?」
 エウリアが怒気を孕んだ低い声を上げるが、シルフィアの気迫に押されている。シルフィアの体からは、微かに薔薇の芳香が漂い始めている。
「見て、分からないの。彼の連れは名誉の負傷で気を失っている。彼女の無事を確認するまでは動けないのよ? ―――どうあってもと言うなら―――わたしが代理で相手してあげる」
 声のトーンを低く変えて、シルフィアは首だけ振り返り、エウリアを睨む。薔薇の香りは病室中に広がっていた。
「あ、あ―――」
 声にならない声を上げて、エウリアがへたり込む。
「いいや。シルフィア。俺が説明してやる。グノーシスの連中は殆ど俺が斬ったのだからな!」
 ドロスがそう言い放って立ち上がり自警団を睥睨する。念度は1万を超えて放出している。病室中にただならぬ殺気が解放される。念度1万は神の領域だ。そんな念度で発せられた殺気は凄まじいと言うレベルではない。強大な畏怖の念に押しつぶされる。自警団の連中は全員その場に平伏し、殺気にガタガタと震えこんだ。
 ドロスは先頭の平伏している少女の前でしゃがみ込む。
「俺とシルフィアがアルゴ全土で起きるあらゆる事件の特務捜査権を法王アルクから与えられているのは知ってるな?」
「は、はい。存じております。お、お許しを―――ひっ」
 ドロスはエウリアの頭部を覆うヘイムの顎に手をかけた。ヘイムをはぎ取ると意外に愛らしい少女の顔が露わになった。髪はシルフィアとそっくりな銀髪だ。大きな瞳からボロボロと涙を零している。
「泣くなよ。俺はこれで紳士なんだ。女に手を上げたこともねぇ。―――男は容赦しないがな」
 エウリアの後の自警団一同がブルリと震え上がる。
「今回の一件はグノーシスの組織が関わっている。俺達の領分だ。お前らは俺達の手足となって動け。分かったか?」
 全員、恐怖に震えながら、「はい!」と大きく答える。その声にセラフィーが目覚めた。
 上体を起こし、「何事です?」と尋ねる。僕は心中、大きく安堵の息をつく。シルフィアが「なんでもないわ。もう暫く寝てなさい」と優しく寝かしつける。寝かしつけながら、シルフィアは言う。
「ガウシア君は一時的とは言え、わたしとドロスのマスターよ。失礼は許さないわ」
 自警団はさらに這いつくばり、カエルが潰れるような声で「はい」と重ねて答えた。
 そんな様子を横目で見ながら、セラフィーは「もう大丈夫です」と起き上がろうとして聞かない。巡回していた医師が脈拍を測り、「もうワンパック輸血したら、帰って良いから我慢しなさい」と諭した。
「帰れと言われてもねぇ……」
 シルフィアがそう言って苦笑して、ドロスを見上げる。ドロスは自警団に声をかけた。


←BACK △PageTop →NEXT

1 / 2 / 3 / 4

徒然草目録