アルゴ!「ラグナダの聖戦」の章
第2章 シルフィア・レス・ダンデビィー (4)

←BACK 徒然草目録 →NEXT

1 / 2 / 3 / 4


「エルダの街の自警団なら、コネがあるだろう。最上級のホテルの部屋を二つ用意出来るか?」
 その言葉にエウリアがさっと手を上げる。
「そう言うことでしたら、父が経営するホテルがございます」
 もう泣いてはいない。キラキラとした目でシルフィアを見つめている。
「三つ星? 木賃宿じゃイヤよ」
「エルダの街でも最高の格式を誇ります。法王猊下がお泊まりになられても恥じること無いホテルです。エルダのホテル・バーム。ご存知ありませんか?」
「ああ、大戦前の古城を改築したホテルね。それなら文句は無いわ」
 エウリアはぱっと破顔する。
「ただいま支配人にメールで指示します。迎えの人力車が来るまで、暫し、お待ち下さい」
 エウリアは『賢者の板』を取り出すと、そそくさとメールを打つ。他の自警団のメンバーは取り残された形となる。それでも、ドロスが怖いので、平伏の姿勢は崩さない。ドロスは苦笑して、「おい、お前ら。解散だ。さっさと家に帰れ」と声を掛けた。自警団のメンバーは罰が悪そうに、ドロスとシルフィアに挨拶して、病室をぞろぞろと出て行く。すっかり元気を取り戻したエウリアだけが残る。エウリアの様子にはどこか喜々としたものが見られた。元気無く病室から去って行く自警団に逆らう様に一人の冒険者が現れた。中肉中背の中年の冒険者で、周囲に埋没して姿を見失いそうになるほど、印象に残らない。
出て行く自警団とかち合わせた形になったが、歩みを送らせない。するりするりと自警団の隙間を縫う様に歩いて、こちらへ進んで来る。目立たないけど、僕はその体術に感嘆した。合間を縫って進むには相手が進む歩行を読み、生じる隙間に体を入れねばならない。簡単な様で難しい。相当、手練れの冒険者だと思っていたら、ドロスの前で立ち止まり、ぺこりとお辞儀をした。ドロスは腕を組んでそれを出迎える。
「準備が出来たか?」
 短い問いに、
「儀式殿の奥の部屋を借り受けています」
 と短く答える。
「ご苦労だった」
 ドロスの言葉に、中年の冒険者は頭を下げると、また、周囲に埋没するような無個性振りで病室を出て行く。
「―――聞いての通りだ。シルフィア。準備が出来たぞ」
 その言葉に、座り込んでセラフィーの手を握っていたシルフィアは唇をそっと微笑みの形に歪めた様な気がした。
 ―――えっ?
 僕はその妖艶な笑みに、背骨の付け根からむず痒い快感にごっそりと力を奪われる心地を味わった。

←BACK △PageTop →NEXT

1 / 2 / 3 / 4

徒然草目録