アルゴ!「ラグナダの聖戦」の章
第2章 シルフィア・レス・ダンデビィー (4)

←BACK 徒然草目録 →NEXT

1 / 2 / 3 / 4


「あら? シチズンの男はゲストに比べると簡単に死んでしまうわね」
 クスクス笑いながらそう言うと、シルフィアは又、歌を口ずさむ。
 男は快楽の中で再び復活した。
 シルフィアは男が目覚めるとベッドから離れ、男を見下ろす。男の表情に離れてくれるなと言う色が強く浮かんだ。
「わたしを見て。この体を見て」
 シルフィアが囁く。言われるがままにシルフィアの肢体を凝視して、男はさらに男根を奮い立たせる。
「この体が欲しい?」
 シルフィアの問いに男はガクガクと首を上下させて答える。
「残念。この体は上げれない。なぜなら、わたしはシルフィア・レス・ダンデビィーなのだから……」
 男の顔には諦観に似た笑みが浮かぶ。
「―――そうか。これが『慈母の裁き』か……」
「いいえ。あなたには死の救いは与えない。喜びなさい。まだまだ気持ちよくさせて上げるわ。ねぇ。嬉しい?」
 男は涙を流しながら頷いた。シルフィアに屈したのだ。
「じゃぁ、また、逝かせてあげる」
 シルフィアは生足で男根を踏みつけると、男の鍛えた腹に男根を押しつけた。「おおっ」と言う叫びを上げ、男は又、大量に射精する。その白濁液には赤い物が混じっていた。
「わたしの事、すき?」
 男は大きく頷く。
「好きです。愛しています。だから、もっと―――」
「まだ、出したいの? じゃぁ、教えて。あなたグノーシスの手練れだそうだけど、どこの組織の人間? アジトはどこ?」
「それは―――」
 男は一瞬、言い淀む。
「それは―――?」
 シルフィアが微笑みの混じった声で問い重ねると、男の顔は弛緩し、だらしない笑顔になった。
「タナトス王国第四遊撃隊だ。俺は伍長。エルダの街の西方。シャルダンの丘に部隊は駐屯している」
 その言葉は一同に衝撃を持って受け止められた。僕は瞑目したまま、衝撃を一旦飲み込み、瞑目したまま静かに訊いた。
「仮にも一国の部隊が、僕個人を拉致しようとしたのですか? 何故です?」
「タナトス一国の年間軍事費を上回る額でシルフィア様を雇おうとしたからだ。その様な資金はグノーシスの為に使われねばならないと、メディア王女がおっしゃられたのだ」
 男は苦しげな息で言う。
「―――メディアですって?」
 シルフィアが低く呻く。殺気が迸り、一瞬で別人になっていた。
「知ってることは全て話した。何とかしてくれ! 逝かせてくれ!」
 男は身もだえして叫ぶ。
「そうじゃないでしょぉ~」
 シルフィアはねっとりと絡みつく様に言う。
「シルフィア様。お願いします。ご慈悲を下さいでしょぉ~?」
「ああっ」
 と男は悲鳴を上げる。
「シルフィア様。シルフィア様。お願いします、お願いします。ご慈悲を! ご慈悲を賜り下さい」
「いいわよ。最後に、あなたの名を聞いておこうかしら」
「ガジムと言います。ご慈悲を!」
 シルフィアはベッドの側に近寄った。ガジムの顔に喜色が走る。
「ガジム。最後に飛び切りの慈悲を上げる。だから誓いなさい。これからはタナトスではなく、このシルフィアに使えると」
「ああ。シルフィア様。ガジムは御身に使えます。御身に全てを捧げます」
 シルフィアはガジムに覆い被さり、右手でガジムのそそり立った一物を二撫でした。
 シルフィアの乳房の感触に、シルフィアの指の感触に、撫でられる感触に、ガジムは脳が焼き切れる程の快楽を覚え、瞬時にして数十回の射精をした。最早、精液では無く血を吹き出した。そしてガジムは再び息絶えた。
 ガジムの血と精液を上半身にくまなく浴びたシルフィアは羅刹の様な表情で上体を起こした。
「ガウシア君」
 低い声でシルフィアに呼び掛けられ、僕は瞑目したまま、体を硬くして「はい!」と答えた。
「あなたの復讐劇に、このシルフィアも加えて貰うわよ」
 有無を言わさぬ口調だった。
 ガジムを再び復活させたシルフィアはガジムにシルフィアのスパイとして、部隊に戻るよう命じた。その態度は氷の様に冷たく、二度とガジムに甘えた言葉を許さぬ響きに満ちていた。

←BACK △PageTop →NEXT

1 / 2 / 3 / 4

徒然草目録