アルゴ!「ラグナダの聖戦」の章
第三章 タナトス王国『赤龍隊』(1)

←BACK 徒然草目録 →NEXT

1 / 2 / 3 / 4


 巨大な電算室と化したゼルビア家の大広間には騒然とした空気が流れていた。それまで、ガウシアとセラフィーの視覚情報が、天井からつり下がった巨大モニターに二面に分けて映し出されていたのが、シルフィアと共に儀式殿の一室に拷問に入ったと思ったとたん、画面がブラックアウトしたのである。ただっ広い大広間のそこかしこに並べられたPC端末も全てが真っ黒の砂嵐の画面になっている。
 音声情報は拾えているので、ガウシアやセラフィーに視覚異常が起きているわけではないことは推察出来る。
「どういうことだ? 何が起きておる?」
 アラン・ゼルビアが深々と椅子に座ったまま、憮然として尋ねる。
「暫し、お待ちを―――」チームの責任者が顔色を変えてそう答えると、身近なPC端末のキーを乱打し、部下達からの報告に顔色を七変化させている。アラン・ゼルビアの下に責任者は走る。
「旦那様。お待たせしました。情報から類推しますと、ガウシア様、セラフィー様の視覚情報のアウトプット部分が何者かにハッキングされた模様です」
「―――ガウシアとセラフィーは無事なのか? 何者がどこからハッキングを仕掛けた?」
「お二人共に無事なのは間違いありません。どこからのハッキングかと申し上げれば、誠に信じがたい事ですが、ガウシア様の居られる儀式室内部からとしかお答え出来ません」
「それはシルフィアかドロスが、ガウシアとセラフィーの視覚を犯していると言うことか?」
 アランは低く怒りの籠もった声で言う。
「広義にはそう言えます。お二方は今得ている視覚情報を外部端末に残せません。しかし、儀体単体としては、視覚障害は出ていませんし、儀体には視覚情報は残ると推測されます」
「分かった―――」
 アランは大袈裟に手を広げる。
「要するに今から起こるショーを第三者は楽しめん。そう言うことだな?」
「御意に」
「なんとも業腹だが、仕方無い。だが、そんなことが可能なのか? その理屈では他人の視覚に細工も出来る事にならんか?」
 チームの責任者は暫し黙った。そして「あくまで噂ですが」と口を切った。
「ドロスは対峙する相手の目を盗むと良く言われます。また、シルフィアは虚偽の自身の映像を送りつけることに長けると言います。今回のことはその一つではないかと思われます。俗に言う『シルフィアのカーテン』と言われる現象です」
「恐ろしい話だな……」
 アランは嘆息した。実際の話、自分の視覚記録を勝手に書き換える能力を持つ他者がいると言うのは電脳社会では恐怖でしかなかった。

 拷問を終えたシルフィアはベッドに腰掛け、髪をばさりと振った。
「あーー。服が汚れて気持ち悪い。シャワー浴びて着替えてくるわ」
 そう言い残して、皮鎧を脱いでドロスに渡すと、さっさっと部屋を出て行った。残された僕達は、むせ返る部屋の中、ただ、呆然と立ち尽くしていた。
「ああーー」
 突如、叫びを上げ、ドロスが片手で髪を掻き毟る。もう片手ではシルフィアの皮鎧をしっかりと抱きかかえている。
「タナトス王国第四遊撃団? タナトス王の右手『赤龍隊』じゃねぇか? 坊主、本当にこれを殲滅するのか? タナトス王国はグノーシスの教えを国是とする最右翼の国家だぞ。しかもメディアだと? 坊主、覚悟しておけ。シルフィアは必ず暴走する。メディアとあいつの間には確執があるんだ。あいつが暴走したら国が一つ傾きかねないんだよ」
 ドロスは膝を抱えて座り込んでしまった。過去に相当酷い目に遭ったのだろう。その時、ドアがノックされた。
 僕とセラフィーは目を合わせ、座り込んでしまっているドロスを見る。ドロスは短く「入れ」と言った。拗ねた様な目をしていた。ドアが開き初老の儀式官が顔だけ覗かせる。ベッドの上の惨状と籠もった薫りに眉を僅かに潜ませながら、事務的に尋ねて来る。
「先程、シャワー室へシルフィア様が入っていかれましたが、『復活の儀式』は終わられたのでしょうか? 後を引き継いで宜しいでしょうか?」
「ああ。すまん。引継を頼む。ベッドの上の男は回復の手順に回して終わったら帰してやってくれ」
「よろしいのですか? 今回の事件の一味ではないのですか?」
「人違いだった。その男は善良な市民だよ」
 ドロスはぬけぬけと嘘をつき、僕達に部屋を出るよう促した。廊下には野良着姿のエルフの青年が待っていた。ドロスは無言で胸元からチューブを出すと、その青年に手渡した。青年は恭しく受け取ると、一礼して、脱兎の様に駆けだして行った。僕はドロスの配下は目立たぬ様に人に紛れて、そこかしこに居るのだなと怖く思った。
 ドロスは力ない足取りでシャワールームへと向かった。僕とセラフィーはその後ろに続く。シャワールームの入り口の前には人だかりが出来ていた。
「ああっあーー?」
 人だかりに近づいたドロスが不機嫌そうな声を上げる。その声に気づいた老若男女は、ドロスを見て明らかに畏怖の感情を浮かべた。シャワー室へ向かうドロスに海が割れるかの様に道を空ける。引き戸を開けて、男女兼用の控え室のロビーに入るとそこはがらんどうの無人だった。女性用のシャワー室の入り口から、微かな水音が漏れている。あの騒ぎの後だ。シャワー室のロビーが無人と言うのは考えがたい。
「こりゃ、ばれたな……」
 ドロスがぼやくように呟く。

←BACK △PageTop →NEXT

1 / 2 / 3 / 4

徒然草目録