アルゴ!「ラグナダの聖戦」の章
第三章 タナトス王国『赤龍隊』(2)

←BACK 徒然草目録 →NEXT

1 / 2 / 3 / 4


「結局、何の為の話し合いだか、分からなかったな。方針も立っていない」
 ドロスが愚痴をこぼした。
 ただっ広い応接室に男二人残されると、妙に寒々として落ち着かない。ドロスの言葉も寂しく響いた。
「ドロスさんに一任すると言うことになった様に思いますけど……」
「さん付けは止せ。お前さんは俺たちの雇い主だ。ドロスで構わないよ」
「でしたら、坊主呼ばわりも止めて頂きたい。ガウシアと名前でお呼びください」
 ドロスは微苦笑を浮かべた。
「なかなか言うじゃねぇか? 了解だ。ガウシアと呼ばせてもらう。でだ、ガウシア。お前の言で行くと、俺が下調べして大義名分が立てば、シルフィアは赤龍隊を殲滅すると言っているんだぜ? ガウシア。お前を巻き込んでな。お前にはそんな暴挙を行う覚悟があるのか?」
 有る訳が無かった。少なくとも僕個人のメンツで六千人もの命を奪う事は横暴の一言で済ませられるものではあるまい。僕は嘆息して大きく首を横に振った。
「だろうな。それが真面な反応だ。だが、シルフィアは本気だ。ガウシア、お前は逃げられん。大義名分が立たぬ事を祈っておけよ。さぁ、俺たちもシャワーを浴びよう。シルフィアの拷問の後は薔薇の香りがする杉花粉を全身に擦り付けられた気分がする」
 ドロスの目は笑っていなかった。僕は背筋が総毛立った。
 付き人用のユニットバスと聞いていたが、十分、広い浴槽だった。僕も薔薇の香りの脂を擦り付けられた気分だったので、風呂はありがたかった。この辺りの温泉は『美人の湯』として名高い。ミルクを混ぜた様な白濁した湯で、肌に潤いを与える効果がある。僕とドロスは並んで頭からシャワーを浴びた。否が応でもドロスの裸体は目に入る。無駄のない鍛え抜かれた肉体は野生の豹を思わせた。
「ガウシア。お前、バイセクシャルか?」
 ドロスが顔をこちらに向けて、真顔で訊いた。
「応接室ではシルフィアの乳房をガン見してたかと思ったが、今は俺の裸を撫で回す様に見ている。言っとくが、俺はノーマルだぜ? ケツは貸さねぇぞ」
「違います。僕もノーマルです。あの、そんなに分かるほどシルフィアさん見てました?」
「お前以外の全員が気づいていたさ。ノーマルなら何故、俺の裸に興味津々なんだ?」
「いや、見事な筋肉だと思って……見とれていました」
「そこで、頬を染めるな! 本気で逃げるぞ! ―――ガウシア。俺はレベル99だ。剣術でな。システム上、レベル99以上は測定出来んから、実際のレベルは130を超えると思っている。レベルを上げるには自身を鍛え上げるしか道は無い。血反吐を吐いて泥水啜って鍛え上げる覚悟が要るんだ。最高の初期儀体とは言え、レベル15のお前と比べられたら堪らんわ。お前も踏ん張って鍛えろ。お前さんの保護者のセラフィーは七大英雄に次いで名を馳せている冒険者だ。他の冒険者の尊敬を一身に集めている。
 何故だか分かるか?
 最低の儀体。レベル5の儀体から戦士でデビューし、レベル78のAAAランクの冒険者に登り詰めた。初期儀体が最低ランクで無かったら、念度1万を超える英雄になっていたと誰もが思っているんだ。
 ガウシア、お前は最低でもセラフィーを追い抜かねば男が立たんぞ。どうだ? 萎えたか? 今、下りたら悩まずに済むぞ」
「―――ドロスさん。僕を舐めないで下さい。ドロスさんやシルフィア様に一目置かせる剣士になってみせますよ。だから厳しく指導して下さいね」
「おうよ。任せろ。泣いても許さんからな」
 ドロスは僕の裸の背中を思いっきり叩いた。

←BACK △PageTop →NEXT

1 / 2 / 3 / 4

徒然草目録