アルゴ!「ラグナダの聖戦」の章
第三章 タナトス王国『赤龍隊』(3)

←BACK 徒然草目録 →NEXT

1 / 2 / 3 / 4


 暗殺者の少年はドロスの手で縛り上げられ、猿ぐつわをかまされ、地下牢に放り込まれた。ホテル・バームは古城を改築したものなので、地下牢が残っているのだ。猿ぐつわをしたのは舌を噛み切るからだと言う。
「やぁ、騒がして悪かったな。皆、会食を楽しんでくれ」
 ドロスは片手を挙げて、他の客達に愛想良く声を掛ける。ドロスの横でシュトラウス氏がぺこぺこ頭を下げながら、「本当に申し訳ありません。お詫びと言っては何ですが、本日のお出し物には一切、お代金を頂きませんので、どうか、ご容赦願います」と騒ぎを締めくくった。毒入りスープが出されたことは、一部の客にしか伝わっていなかったが、それでも気分を害して中座する客は結構いた。
 ドロスは戻って来て、シルフィアの横に座ると「さて、腹ごなしと行くか」と改めて出されたスープと前菜にむしゃぶりつく。横のシルフィアはと言うと、旺盛な食欲を見せて、瞬く間にオードブルを平らげ、メインディッシュのステーキに舌鼓を打っている。「うーん。美味しい! 舌の上で蕩けるぅ~」とはしゃいでいる。この二人の神経の太さには驚かされる。たった今、毒を盛られたと言うのに、気にする素振りも無く食を楽しんでいる。僕とセラフィーは未だにオードブルをちまちまと口に運んでいた。可能性は低いかもしれないが、他にも毒を盛られているかもしれない。とても楽しんで食する事は出来ない。楽しめないと言うか、針のむしろなのがシュトラウス氏とエウリアだった。エウリアは給仕のメイド姿で父親と並んで、僕達の横のテーブルで小さくなっている。脂汗を浮かべて、顔色は蒼白い。シルフィアはこの二人に敢えて声をかけず、戻って来たドロスに先程の立ち回りを褒めた。
「腕を上げたじゃない? 免許皆伝いけるんじゃない? 試験、受けて見る?」
 ドロスは、そうか? と快活に笑った。
「お前のその言葉で十分満足さ。免許にはもう興味もねえし、試験とは言え、お前さんと立ち会うのはこりごりだ。しかし、喰うの無茶苦茶早いな。お前」
「美味しいんだもん。肉は流石に名物よ。一級品だわ。まぁ、優雅に会話も楽しみましょうか―――じゃぁ、自警団の長であるエウリアに訊くけど、誘拐事件が頻発するようになってから、街の周囲に変化はないの?」
 僕の横に位置するエウリアは暫し考え込む。その横顔を見て、エウリアの銀髪は染めたもので、地毛は茶色であることに気付く。
「すれ違う観光客に明らかに軍属の方が目立つ様になったこと位でしょうか? ご身分の高い方が多い様できちんと挨拶をされます。ラグナダの泉にグノーシスが増えていると聞きますので、その対策かと推測しています」
 シルフィアは薄く笑みを浮かべた。
「なんで軍属だと分かるの? 制服でも着ているの?」
「いえ、私服です。ただ、我々の巡回と遭遇すると、見事な敬礼をされて労を労ってくれますので、軍属の方と推察する次第です」
 シルフィアはクッと笑いを嚙み殺した。
「あなた達フルメタルアーマー装着して集団で巡回していたの?」
 エウリアは恥ずかしそうに頬を染めた。
「そりゃ、とんだドンキホーテだ。嬢ちゃん。その敬礼した奴ら後で爆笑してるぜ。装備は軽装に変えた方が良いし、複数名のチームに分けて巡回しないと意味が無い。ちんどん屋じゃねぇんだから……」
 ドロスが諭す様に言う。エウリアは恥じ入り、「以後、そうします」と消え入るような声で応えた。
「軍属の連中が増えたのと、誘拐事件が勃発したのは時期が同じじゃないかしら?」
「確かにそうですが、あの方々は立派な方々で誘拐などをするようには見えませんでした」
 ドロスとシルフィアは顔を見合わせ、同時にため息をつく。
「あの毒を盛った娘。あれも立派な軍人よ」
「―――娘? 少年にしか見えませんでしたが……、動きも機敏でしたし……」
「ガウシア様。あれはガウシア様と同い年位の娘でしたよ。体の造りが女性のそれでした」
 僕にエウリア。シュトラウス氏は驚愕の色を隠せなかった。
「女よ。でないとドロスが腕の一つも折らずに済ます訳がないでしょう? あの娘、魂が紫色に染められていたわね。あれは覚えがある。メディアの魅了の魔法で洗脳された者よ。身のこなしからして、物心ついた頃から暗殺者として育て上げられて来た手合いね。すでに魅了されているから、私の魔眼も通用しない。ドロス―――貴方、あの子を抱きなさいな」
 ドロスは口に含んでいたオードブルを吹いた。まじまじとシルフィアを見つめて、「ヤダよ。あんな餓鬼抱けるか」とうそぶいた。シルフィアは仄暗い瞳で無感情にドロスを見つめると言った。
「抱けって命令してるの。あなたのその房中術と言うかテクニックは神がかっているもの。これまで暗示を解いて手駒にした女、何人いる? 文字通りベッドの上で快楽の内に殺すことも出来るでしょ? あんたが抱かないとあの娘、食事拒否して餓死するわよ? あんたが抱いて口を割らせなさい」
 シルフィアの得体の知れない仄暗いオーラにドロスはたじろぐ。
「だって、お前―――機嫌が悪くなるじゃねぇか? 怖いんだよ」
「ならないわよ。あんたが誰と寝ようとわたしには関係ないじゃない」
「今までだって毎回荒れたじゃねぇか? やだよ。俺は……」
 シルフィアはドロスの襟首を締め上げた。
「やれといっているの。わたしの命令が聞けないの?」
「―――分かった。やるから、そう殺気立つな。肉喰って落ち着け」
 シルフィアは渋々と言った様子でドロスの襟首を離した。

←BACK △PageTop →NEXT

1 / 2 / 3 / 4

徒然草目録