アルゴ!「ラグナダの聖戦」の章
第三章 タナトス王国『赤龍隊』(4)

←BACK 徒然草目録 →NEXT

1 / 2 / 3 /


 ソリューシャという男の属性を『視て』みると、属性はゲスト。念度は4850。レベルは11だった。スペックだけ見れば、僕の方が上だが、僕はこの男に勝てる気がしなかった。男の纏う不気味なオーラの所為だろう。まず、気配が無い。次に瞳の色が尋常ではない。人の瞳では無かった。例えるなら虫の瞳だ。焦点がどこに合っているのか分からない。ドロスの配下『黒蛇』の一員になるにはスペックが低すぎる気がするが、何らかの特殊能力を持っているのかもしれない。
 男を応接室のソファーに座らせて待たせると、僕達はシャワーで汗を流した。部屋着に着替えて、応接室に入る。ソリューシャは出された飲み物には手をつけず、背筋を真っ直ぐに伸ばしていた。細い体がより細く見える。前髪が片眼を隠していて、かまきりを連想させた。歳の頃は30代前半だろうか?
 ソリューシャの前に腰を下ろしたシルフィアは、「そう堅くならずに楽にしなさい」と声をかけた。「はぁ」と気の抜けた返事をしたソリューシャは水を口にした。
「ラグナダの泉を飲料にするとは豪気ですな」
 石を擦れ合わせた様な独特の声で喋る。
「ソリューシャと言ったわね? 貴方の見た構えはエンギシキの奥義の一つだから他言は無用でお願いね」
「心得ました」
 僕のしたあの構えが偶然にもエンギシキの奥義の構えと一致したと言うのだろうか? 狐につままれた心地を味わいながらも、僕とセラフィーもソファーに腰を下ろした。
「結論からお願い。あのチューブはなに?」
「人工魔法粘菌とお答えしましょうか……」
「生物だと言うの?」
 ソリューシャは深く頷く。
「ちょっと待って下さい。この電脳世界に粘菌なんかが存在するのですか?」
 無知な僕に諭す様にソリューシャが言う。
「存在しますよ。粘菌どころか細菌、微生物まで現実に存在する生物は全て存在します。この世界独自の生物も存在します。動植物も現実世界では絶滅した種が存在しています」
 成るほど、それで初ダイブの後、混合ワクチン打たれたんだ。でも、細菌が生息する電脳世界ってイメージが湧かないな。昔のパソコンがあった時代のコンピュータウイルスの方がしっくり来る。
「レトロなコンピュータウイルスの方がしっくり来ますね」
「それに近い物は存在しますよ」
「話が脱線してる。ガウシア君、黙ってて。それで生物と言う根拠は?」
「チューブ状の形態を取っているときは生物とは言えません。現実世界(リアル)の『タバコ酸』と言うものをご存知ですか?」
「説明して頂戴」
「『タバコ酸』はタバコの葉に付着しない限り、タンパク質の酸化結晶として存在します。この時点では無機物と言えます。タバコの葉に付着すると菌となり増殖します。この時点では生物です。この『タバコ酸』に似た性質を持つ粘菌がアルゴには存在します。アルゴネタリウスと言う、アルゴ独自の粘菌で、普段はタンパク質を含んだ塩の結晶として存在します。集まる習性があるので、塩の小石の様な状態で観察されます。脊椎動物の汗に触れると粘菌として活動を始め、細胞膜を破り、細胞に侵入し、細胞内のミトコンドリアを食して増殖する希有な粘菌です。プラスティックのチューブの様な外見でしたが、組織検査の結果は素材はアルゴネタリウスでした」
「―――素材はね?」
「そう、あくまで素材です。アルゴネタリウスが自然にチューブの様な物に変化したりしません。ここで魔法が使われていると判断し、その発動条件を調べました。アルゴネタリウスは魔法によりその形状になるよう性質付けされていました。磁気を帯び、先端がN極とS極になっており、先端を合わせる事で粘菌の性質を発揮して、細胞を食い散らし、結果的にプラスティックの硬質の殻をもったまま肉に食い込むのです。この殻は衝撃や熱の変化に対応して硬度を増すことも分かりました。ナイフでも切れず、炎にも耐える性質はここから来ています。チューブは結合することで電磁波を発し、外部からの電気的信号を受け付けなくするのです。一度、結合したチューブは独自の魔法的信号でのみ、活動を停止し、元のチューブに戻るのです」
 ソリューシャは石を擦り合わせる声で自慢げに語る。雑音だらけの高音のラジオを聞かされている様で、内容も相まって、僕は気分が悪くなった。
「そこまで分かったって事は、もしかして人体実験したの?」
「魔法探査はこのソリューシャが行いました。素体が粘菌と見破ったのもこのソリューシャの力です。かけられた魔法波動も探知し、解除呪文も解明した上で、漸く人体実験を行いました」
 シルフィアは眉をひそめた。
「感心しないわね。チューブは無事外れたのでしょうね?」
「安心して下さい。被験者はこのソリューシャ自身です」
「よくやるわね……」
「このソリューシャ。魔法の因数分解では右に出る者はいないと自負しております。それに解除呪文はソプラノの音程で唱えねば聞かぬことが判明しておりましたので、弟子の中から音程の近しい者を選んで行っております。チューブに傷一つつけておりませぬぞ。ほら、この通り」
 ソリューシャは絹のハンカチに包んだチューブをテーブルに置いた。
 僕とセラフィーはそれが生物と知っておぞましさに引いた。シルフィアは親の敵を見る様な目でチューブを凝視した。
「音程が近しい者を選んだってことは、これの制作者は分かって居るのね?」
「分かっております。制作工程が分かったとは言え、これと同じ物を作れる魔術師はアルゴ広しと言えど、一人しかおりませぬ」
「名を言いなさい」
「七大英雄が一人。メディア殿です」
 えらい名前が出たと僕は思った。この名がでるとシルフィアは逆上するとドロスに言われているし、事実、そうだった。僕は無言のシルフィアを恐る恐るのぞき込む。シルフィアは歯を剥き出して悪魔の様な形相で笑みを浮かべていた。なまじっか美しい顔だけに、凶相も魅力が崩れていないが、その分、凄みが増していた。
「ソリューシャと言ったわね? 短時間でよくぞそこまで調べた。ドロスの配下に一流の錬金術師がいると聞いたけど、それはあなたね」
「そうです。アルゴ随一と自認しております」
「確かにそうなのでしょう。このことは勿論、他言無用よ。解除の呪文はわたしにだけ教えなさい。ドロスに命じられても他人に教えてはダメよ。そのときは殺すから」
 悪鬼の様な笑みでそう言われて、流石のソリューシャもたじろいだ。顔色を青くして何度も頷く。シルフィアは右手の中指にはめていたサファイアの指輪を外すと、「わたしからのボーナスよ。わたしの最大念度での雷撃が3発込めてあるわ」とソリューシャに渡した。ソリューシャは恐縮しながらも、歓喜の表情で受け取り、去って行った。
 ソリューシャの去った後には気まずい沈黙が訪れた。シルフィアはチューブを弄びながら、「うふふ。うふふ」と悪鬼の表情で笑みをこぼしている。はっきり言って非常に怖い。
「明日、赤龍隊を訪れる良い土産が出来たわね。これなら、わたしも付いて行って良いかな? 久しぶりにメディアに会える気がするわ」
 そう言って「うふふ」と笑う。怖いから、やめて欲しい。
「それはお控えになられた方が良いでしょう?」
 セラフィーが諭す様に言う。無茶苦茶、勇気があると思った。
「あら? なぜかしら?」
 シルフィアは無邪気な笑顔に変わって尋ねる。でも、目がマジだ。
「今、シルフィア様が赤龍隊の前に現れるのは宣戦布告と同義です。まして非公式にメディアと会おうものなら魔法戦が繰り広げられるのは必定。このエルダの街が無事には済みません。いずれ、戦いが避けられぬとしても、ここはドロス様に場を整えて頂く必要がございます。でなければ私闘となり、被害者が出ればシルフィア様の名に傷がつきます。無垢の市民、ましてやシチズンから被害が出るようなことをされてはなりません」
「まぁ、その通りね。でも、セラフィー。あなたはガウシア君がメディアの魔法の被害者になりかけたことに腹が立たないの? セルビア家のメンツ立てなくて良いの?」
「無論、筋は通させます。そのためにもガウシア様には、明日、ドロス様に同行して頂くつもりです」
 突然、お鉢が回ってきて、僕は「へっ?」と間の抜けた声を出す。
 セラフィーは僕を見つめて微笑むと言った。
「ガウシア様、ここの娘ですら行くのです。ガウシア様はダン・ダンバインにチューブを突きつけて遺恨は晴らすと宣言すべきです」
「え? えっ? でもしらを切られたら道化だよ?」
「そのチューブ。貴重な物のはずです。赤龍隊は取り戻そうとするでしょう。しらを切られたら、啖呵を切って、チューブを持ち帰れば良いだけです。チューブがこちらの手にあると言うだけで十分な切り札になるのですから」
 セラフィーは微笑んで言葉を続ける。僕は怖くなった。
「なんだ。アンタも過激なんじゃない?」
 シルフィアはセラフィーに笑いかけた。
「セルビアの家に喧嘩を売った者を許す訳がないじゃないですか? ねぇ、若様?」
 セラフィーの笑顔がシルフィア以上に怖くて、僕は不本意ながらも頷くしかなかった。
「しかし―――この調子なら早晩、セルビア家の面子は立ちそうね」
 そう言ってシルフィアはネトリと僕を見る。
「正直、信じられません。こう言う例はご経験ありますか?」
 セラフィーはやや喜色を滲ませ尋ねる。
「無いわよ。また蓬莱の連中が大騒ぎになるでしょう。そう言う意味ではわたしと同じ存在だ」
 シルフィアの視線が厳しいものとなる。
「……あの、何の話でしょうか?」
 恐る恐る尋ねたら、
「知らない。気付くまで教えて上げない!」
 シルフィアはそっぽを向いた。セラフィーは嬉しげに微笑んでいた。僕にはまるで話が見えなかった。

←BACK △PageTop →NEXT

1 / 2 / 3 /

徒然草目録