アルゴ!「ラグナダの聖戦」の章
第四章 虐殺の丘 (1)

←BACK 徒然草目録 →NEXT

1 / 2 / 3 / 4


 ドロスが命令してメイドが駆けて行くのを見届けて、シルフィアはカリカリに焼いたトーストに薄切りの子羊のソテーを乗せたトーストを上品に口に運んだ。僕達は目を丸くした。シルフィアは健啖家である。食事は貪る様に取る。それが貴婦人の様な仕草で食事を取り始めたので、僕達は驚いた。
「シーン。貴女、体力が限界でしょう? 遠慮しないで食べなさい。皆もどうしたの? 腹が減っては戦が出来ないわよ?」
 その言葉で、皆が朝食に手を伸ばす。シーン・ハリは困った様にドロスを振り返り、ドロスが大きく頷くのを見て、トーストに手を伸ばした。シルフィアは貴婦人の様に気取った食し方をしていた。
「お前。なに気取って食べてるんだ?」
 ドロスがそう尋ねると、シルフィアは、
「どう? 王女に見えて?」
 と笑う。ドロスはため息をついた。
「お前はお前だ。魔女と競ってどうする? そもそも、お前は精霊王じゃねぇか?」
「王女は王宮の籠の鳥なのでしょう? なら、わたしがシャルダンの丘に同行しても、もう問題無いわよね?」
 ああ。そういう事かと、ドロスは嘆息する。そして、暫し、シーンを見てから、意を決した様に言う。
「メディアは文字通り魔女だ。昨夜、シーンの洗脳を解いて居たとき、人格が入れ替わった。入れ替わった人格は俺に魅了の魔法をかけて来た」
「それ、メディアじゃない! 貴方、大丈夫だったの?」
 シルフィアは立ち上がり叫んだ。ドロスはにやりと笑う。
「俺の魔法耐性の高さはアルゴ随一だぜ。逆に快楽で取り込んでやろうとした。メディアのヤツは一通り楽しんだ後、退散したよ。ここで言えるのは、メディアは魅了した人間を通じてこちらを見ていると言うことだ。お前さんの姿を見れば、逆上して何をするか分からない」
「わたしに留守番をしろと言うの?」
「いや、万が一に備えてシャルダンの丘全体に物理結界を張る必要がある。それが出来るのはお前さんだけだ」
「―――分かったわ。変化しておけと言うことね?」
「俺が罪を暴いて、ダン・ダンバインが逆上するまでは別人の振りをしてくれ。奴らの殲滅はここにいるメンバーだけで行う。シーン。出来るな?」
 シーン・ハリはこくりと頷いた。
「覚悟は当に出来ています。仲間とは差し違える覚悟です」
「お前は俺が守る。死ぬことはない」
 ドロスはシーンの柔らかな栗毛を撫でた。
 それを見て、僕の身は誰が守ってくれるのだろうと? 不安になった。そんな僕の心中を読んだかの様にセラフィーが微笑んで言う。
「ご安心下さい。若様。若様の身はこのセラフィーが命を賭してお守りします」
「このシルフィアも貴方の盾になってよ。主人を危険に晒す様な真似はしないわ。ちょっとしたスリルを味わう位の気持ちでいて頂戴」
 シルフィアは笑って言う。6000人からの軍人を殲滅する傍らで僕を守ると言う。どれ程の自信かと思った。僕はこの時点で七大英雄の力を大きく見誤っていた。

 エウリア・シュトラウスとアルム・シュトラウス町長の親娘が部屋に入って来たのは5分程後だった。メイドに付き従われて急いだ様子で現れた。
 エウリアはズボンのスーツ姿で、スタイルの良さを強調している。僕はここに来て初めてエウリアを観察した。染めた銀の髪にブルーの瞳。顔立ちは愛くるしいが、きりりとした眉が気の強さを示している。レベルは20。念度は4800。属性はシチズン。流石にエルダの町の自警団の団長を務めるだけのことはある。シチズンの少女とは思えぬポテンシャルの高さである。町長の方は蝶ネクタイに燕尾服姿だ。レベルはお話にならぬくらい低いが、念度は3200と高い。
 二人は朝一番にでも呼び出しに応じられる様、用意していたようだ。
「ご用命とお聞きして馳せ参じました」
 エウリアは片膝を付き、騎士風の礼を取る。シュトラウス町長は直立不動の姿勢で言葉を待っている。
「法王の代位権者として、特務特権第4条を発令します。エルダの町の自治権は一時的に、このシルフィア・レス・ダンデビィーとドロス・ケルベロスに移ります」
「はい―――。それで何が起きるのでしょう?」
「法王アルク8世の名において、午前10時から戒厳令を公布します。解除はわたし達がシャルダンの丘から帰還するまで。なに、お昼時には解除する様に勤めます。シャルダンの丘に近づくことは厳禁とします。エウリア」
「はっ!」
「このエルダの町の武装組織は自警団だけ?」
「いいえ。自警団直下の治安部隊300名があります」
「そのトップも貴女なのかしら?」
「はい。相違ありません」
「では、治安部隊も含めて重装備で戒厳令下の町を守りなさい。特にシャルダンの丘へ通じるルートは重点的に」
「―――あの、シャルダンの丘にはわたしも同行する筈ではありませんでしたか?」
「その話は却下よ。特務特権第4条とは殲滅活動を意味します。ダン・ダンバインへの生き証人として、ガウシア・セルビア、そしてこの娘、シーン・ハリを同行させます。殲滅の実行はわたしとドロス、セラフィーの三人で行います。ガウシア君とシーンは守らないといけない。これ以上、荷物は背負えません」
「無茶です! 相手はタナトス王国の精鋭部隊6000人なのですよ? それをたった5人で殲滅など、自殺行為です!」
「勘違いね。戦力は三人。後の二人は守護対象です。シャルダンの丘は物理結界で覆いますから、わたしが死なぬ限り、赤龍隊が町へ逃げ出すことはありません。わたしとドロスがいる以上、6000人などものの数にも入りません。相手に強力な魔道師でもいない限り殲滅戦には一時間を要しないでしょう」
 自信に満ちたシルフィアの言葉にエウリアは言葉を失った。シルフィアには単独で万の軍を殲滅した実績がある。物理結界の中では無差別の広範囲魔法は発動出来ないが、シルフィアが出来ると言えば出来るのだろう。
「法王命令よ。エウリア。町の警護の指揮を取りなさい」
「謹んでお受けいたします」
 エウリアは深く頭を垂れた。
「シュトラウス町長は戒厳令の公布と速やかな実行。人心の平穏に勤めなさい」
「ははっ」
 シュトラウス町長はシルフィアの威厳の前に平伏した。
「ああ。それとエウリア―――」
 シルフィアが言葉を繋ぐ。
「なんでしょう?」
「貴女の姿、借りるわよ」
 エウリアは意味が分からず首を傾げた。

←BACK △PageTop →NEXT

1 / 2 / 3 / 4

徒然草目録