アルゴ!「ラグナダの聖戦」の章
第四章 虐殺の丘 (2)

←BACK 徒然草目録 →NEXT

1 / 2 / 3 / 4


 誰も身動ぎ一つしなかった。沈黙して血だまりを見つめている。僕は生唾を飲み込んだ。その音が大きく響いた気がした。
 希代の魔女・メディア。
 その魔力の一端を垣間見て、皆、言葉を失ったのだ。
「―――畜生っ!」
 シルフィアが最初に正気を取り戻し、そう叫ぶと唇を噛み締めながら、地を蹴った。余程、悔しかったのだろう。唇から血が出ている。
「来るなら来るが良い。メディア! 返り討ちにしてくれる」
 もう、メディアには聞こえていないだろうが、そう虚空に叫ぶ。シーン、ガジム、奴隷兵達は顔色を完全に無くしていた。
「ドロス様。わたし達もこの様に報復を受けるのでしょうか? メディア様に」
 そう問いかけるシーンの身体は小刻みに震えている。
 ドロスはシーンを抱き締める。
「大丈夫だ。俺達が全力で守ってみせる!」
 その様子をジト目で見つめていたシルフィアが言った。
「ただの洗脳でこんな魔法因子を組み込む事は出来ないわ。ダン・ダンバインとメディアは肉体関係で契約を結んでいたのよ。だから、メディアはダン・ダンバインの身体を操れた。あなた達の中にメディアと肉体関係にあった者がいるなら、安全は保証出来ないけどね」
 奴隷兵達は互いに目配せをしあってから、全員、安堵の息をつく。
「でも、例え奴隷と言う身の上でも、メディアの命で犯罪行為に手を染めていた事実に変わりは無い。量刑はされるでしょうけど、教皇庁でそれなりの裁きを受ける覚悟はしてね。―――シーンはドロスの娘で登録されるから、罰を受けることは無いでしょうけど……」
 ここで敢えて事実を突き付けるシルフィアは優しいのかもしれない。得体の知れないメディアの魔力に怯えるよりは、現実的な教皇庁の裁きを心配する方が気も晴れると言うものだ。
 僕達は500名を超える若い女性達を引き連れて、シャルダンの丘を後にした。兵舎からはチューブが3本、赤龍隊をメディアの特務部隊とする命令書が見つかった。タナトス王の印が押されたものだ。これだけで教皇庁はタナトス王国討伐令を出すだけで理由が出来た。が、教皇庁は事なかれ主義で知られる。法王のアルク・ディノーシス25世は『粛正王』と異名を取るほど、過激に不正を許さぬ改革派だと言うのに……。

 シルフィアとドロスがゲストでありながら(アルゴのシチズンはシルフィアはシチズンと信じて疑わないが)、法王の代位権執行者に任命されたのも、教皇庁の議会の判断の優柔不断さに業を煮やした法王アルクが、個人的に親密であったシルフィアに依頼しての事だと言う。任命されてから、この二人は様々な英断を見せ、悪の組織を殲滅している。小国とは言え一国とは戦争まで引き起こし、これを滅ぼしている。
 大衆は身を挺して悪を断つ、この二人を崇拝している。その人気は凄まじいものがある。
 ただし、グノーシス派では二人の名は蛇蝎の如く語られる。教皇庁の広大で強力な支配に、その教義から逆らうグノーシス派は犯罪に手を染めねば、組織の維持管理が出来ない。タナトス王国の様に自国に巨大な金山を持ち、経済的に富裕なグノーシス派は国家すら営む。タナトス王家は正当十二王家に連なる名門で、巨大な国力もあるため、その王家にメディアが王女として招かれたと言う話は看過出来ない。
 アルゴのシチズンは血統を強く重んじる。唯一神レイファの加護を血統に受けた十二王家は法王に次ぐ位置にある。法王は唯一神レイファが処女懐妊して生まれた奇跡の子で、死の間際には自らの転生先を言い残して崩御する。法王の崩御、三ヶ月後には教皇庁は転生した子供を捜すのだ。法王の身体には光輝く紋章があるので、教皇庁が傀儡を立てようとしても無理がある。赤子からの洗脳教育を施そうにも、法王は前世の記憶を赤子の頃から完璧に備えているので、自らの首を絞めるだけである。それでも教皇庁は法王に対抗する手段として、議会は完璧に押さえている。
 法王の双子の兄弟とされるのが繁栄したのがシルフィアの様な高位精霊族である。
 シルフィアは精霊王の推挙を受けたので、法王とは幼くして顔なじみであったと言われて居る。僕達ゲストが納得出来ないのはこの点にある。
 シルフィアは現実世界で、自らの冒険を追体験出来るDISKをシルフィアレーベルと言う会社を立ち上げ、その販売で巨額の財を稼いでいる。シルフィアがゲストなのは明らかに思えるのに、アルゴではシルフィアの儀体はシチズンと判断されるし、さらにアルゴを作りだしている新世代コンピュータ『蓬莱』を運営する日華経済連合体『龍樹』は公式見解として、シルフィアの様な高位エルフの儀体の製造は技術的に困難と言い切っている。
 高位精霊族は第6感にまで達する非常に優れた5感を持つ。それを再現すれば、情報量の多さに人間の脳が焼き切れるのだと言う。
「シルフィアとは何者か?」
 これは全てのゲストの疑問であるが、この謎に深入りするとシルフィアが支配する『血風隊』と言う組織に殺されるか、ドロスの闇討ちに遭い、アルゴでの活動は不可能となる。
 シルフィアの年齢も謎とされている。
 アルゴにデビュー出来るのは満18歳の誕生日からだ。アルゴのオープン前のテストプレイヤーには18歳未満の者もいたらしいが、シルフィアはアルゴオープン当初からアクセスしていたとされる。一般プレイヤーの様に王都などに顔を見せず、山奥の渓流で激しい修行にあけくれていたとされる。エンギシキを学び、『砂漠の傭兵王』アシュレイと兄妹弟子であることから推察して、アルゴでの活動は10年を超える。18歳でデビューしたとしても、間もなく三十代と言う年齢の筈だが、シルフィアは近しい者に自分の実年齢は10代だと告げているし、言動は確かに若い。なによりリアルでシルフィアと会談した僅かな権力者達も10代後半の少女だったと漏らしている。シルフィアのプレイヤーには強力なカリスマ性があるらしく、シルフィアと面談した権力者達は所謂シルフィア信者となり、その正体を守ることに懸命になる。
 謎のプレイヤーが存在することは『日華経済連合体』の沽券に関わることだから、シルフィアの正体を暴いた個人・組織には破格の懸賞金がかけられているが、実質的なタブーとなっているのだ。
 メディアは精霊王にまでなった、シルフィアに強い嫉妬を抱き、そのタブーを暴こうと必死になっているらしい。
 タナトス王家に取り入ったのも、タナトス王家の血統で、精霊王たるシルフィアに対抗しようとしたからだろう。
 シルフィアは歴代精霊王がエルフの森深くから出なかったのに反し、自由気ままに冒険者生活を満喫しているが、高位精霊族からすれば、ダークエルフ、それもゲストのドロスとつるんでいること自体許されないことである。シルフィアの強大な魔力の前に何も言えないだけにすぎない。
 いずれにせよ、魔女・セラフィーが前面に出て来た今回の事態は、これらの思惑が絡まって、単純にシルフィア対メディアと言う構図にはならないのである。

←BACK △PageTop →NEXT

1 / 2 / 3 / 4

徒然草目録