アルゴ!「ラグナダの聖戦」の章
第四章 虐殺の丘 (3)

←BACK 徒然草目録 →NEXT

1 / 2 / 3 / 4


 教会の礼拝堂は千五百人の人員を収容するものだ。その席が町の要人と思われる人物と、礼服に身を包んでいるが立ち居振る舞いから相当の腕を持つと思われる武人達で埋め尽くされていた。武人の半数は女性で貴族かと思わせる気品を漂わせていた。恐らくはドロス配下の『黒蛇』とシルフィア配下の『血風隊』のリーダー格が集まっているのだろう。
 教会の外には入りきらなかった人で埋め尽くされていた。
 ドロスとシーン、そして僕が歩みを進めると、膝をついて平伏し、道を開け、祈りを捧げる仕草をする。これほどではなかったが、ホテルから教会へ至る道中でも、人々は僕とドロスを見ると、平伏して道を開けた。気のせいか、ドロスよりも僕に注がれる視線の方が熱い気がした。
 最前列に席取る町長の横にはドレスに着飾ったエウリアが居て、意味ありげな熱を帯びた視線を僕に送って来る。この娘はやたらと僕に意味ありげな視線を送ってくるが、どう言う意図があるのだろう?
 この歓迎はドロスも予想していなかった様で、頭を掻きながら、「参ったな……」と零した。なにしろ僕達は平服でやって来ている。場違いな感はいがめない。最前列の右端に座っていた三十代後半の紳士がつかつかと近づいて来た。長身だが、厚い胸をした紳士だ。歩き方に隙が無い。
「ボス。こう言う席にその服装はいけません。礼服を用意していますので、お着替え下さい。シーン様のドレスもご用意してございます。マチルダ。シーン様の介添えをしなさい」
 マチルダと呼ばれたのは、やはり最前列に座る礼服姿の女性だった。二十代後半の細い顔の美人だが、その瞳は蛇のそれに似て、妖艶さと怖さを醸し出す女性だ。やはり姿勢良く、近づいて来ると、シーンの前で跪き、その手を取るとキスをして言った。
「シーン様、ご案内いたします。どうぞ、こちらへ」と手を取って歩み出そうとする。シーンは不安げな顔でドロスを振り返るが、ドロスが無言で頷くのを見て、黙って別室へと引き連れられて行った。
「やれやれ。二人きりの簡易な儀式で済ませたかったんだがな。ギルティアよ」
「十分、簡易でしょう? 仮にも七大英雄のお一人が初めて家族をお持ちになるのですよ? 本来なら王族や貴族を呼び、祝いの宴席を三日は開く出来事です。質素に秘密裏にされたいとしても、貴男に付き従う我らが祝うのは最低限の義務でしょう? 神父殿も正装の儀式服に着替えておいでです。ボスもお急ぎ下さい。ああ、ガウシア様のお着替えも用意してありますよ。お着替えになりますか?」
「是非にお願いします!」
 僕は勢い込んで頼んだ。

←BACK △PageTop →NEXT

1 / 2 / 3 / 4

徒然草目録