アルゴ!「ラグナダの聖戦」の章
第四章 虐殺の丘 (4)

←BACK 徒然草目録 →NEXT

1 / 2 / 3 / 4


 アルゴの三大美女。
 それを選ぶ国民総選挙を教皇庁は2年前に行っている。世界宗教を束ねる組織が何をやっているんだとの思いはあるが、当時のアルゴの話題を独占した。候補者は自薦・他薦を問わず、投票権はアルゴの18歳以上の全シチズンとゲストの中でアルゴの発展に寄与したとされ名誉シチズンの称号を得ている者に認められた。
 奇妙な話である。
 アルゴを運営する『龍樹』が企画したイベントなら、全てのゲストに投票権を与えた筈だからだ。ゲストからの抗議の声も大きかったが、取り上げられなかった。アルゴではプレイヤーはあくまでお客様で身内扱いされない一面が出た出来事だった。
 候補者が乱立したので、まず候補者を十名に絞り込む事前投票が行われた。知名度と美しさを備えていないと選ばれない話である。バイエルン王家の『真珠の滴』と異名を取るテレシア王女、七大英雄からイザベラ・ベアトリア、シルク・エターニャ、メディア・スカーレット、そしてシルフィア・レス・ダンディビィー等々が選ばれたが、推薦票の半数を超える45億票をシルフィアが集めたので、テレシア王女とイザベラは辞退し、シルフィアとメディア、シルクの事実上の決戦投票となった。
 シルフィアはシチズンとなっているから、シチズンからの支持は圧倒的だった。およそ半年の選挙運動期間中、シルフィアが殆ど活動しない中、シルク・エターニャとメディアは露骨な選挙運動を行った。特にメディアは美しいヌード姿を露わにした扇情的なPVまでネットに流した。又、美声の持ち主であったからアルゴ全土を縦断するコンサートツアーも敢行した。シルク・エターニャはその愛らしさを前面に出したPVを流すと共に、アルゴ全土で握手会を行った。それぞれの活動はフアンを熱狂させ、成功裏に終わった。
 シルフィア・レス・ダンディビィーは修行と法王の執行権代理者としての戦いに明け暮れ、売名行為は一切しなかった。熱狂的フアンがイメージビデオを作成してネットに流す程度だった。それがシルフィアの神秘性を増した。少女から女へと変化する一時の美しさを保っていることもシルフィア信者の眼を捕らえて放さなかった。
 下馬評ではシルフィアのTOPは不動のものに思えた。
 故にトトカルチョはメディアとシルクのいずが二位になるのか? シルフィアはどれ位の票差で一位になるのかに絞られた。
『賢者の板』による電子投票は投票率が90%を超え、サーバをパンクさせかける程だった。72億票と言う脅威の投票数のおよそ半数、35億票余りを集め、シルフィアはアルゴ随一の美少女として名を馳せた。
 メディアは23億票を集めシルフィアに肉薄したが、グノーシスであることが票の伸びにストップをかけた。シルク・エターニャは14億票で三位に終わったが、「仕方が無いわね」とさばさばと笑っていたと言う。対してメディアは般若の形相で悔しがり、周囲に当たったと言う。この時から、シルフィアとメディアの間には軋轢があったのだ。
 教皇庁に王族・貴族を招いての表彰式のパーティーが催されたが、シルフィアとメディアの間に走る殺気に皆、震え上がったと言う。一人、シルク・エターニャだけが満面の笑顔を崩さなかったので、来賓の多くはシルク・エターニャの下に集ったと言う逸話が残っている。

 そんな事を思い返しながら、セラフィーは目の前の裸体の少女をまじまじと見る。雪の様に白い肌は、湯に浸かり上気して、ほんのりと薔薇の香りを放っている。その身体の造詣は神が手がけた芸術品の様だ。少女の可憐さと女の色気をかなえ備えている。つんと上向きのお椀型の乳房は、同性であるセラフィーの目を奪う。乳首は汚れなど知らない様なピンク色だ。両の腕はアルゴでも一二を争う冒険者の物とは信じられぬ程に細い。
 セラフィーは自分の身体と見比べざるを得ない。大剣・サラマンダーを振り回す自分の身体は、シルフィアに比べるとごつごつとした筋肉質の物で女性っぽくないように思える。何より、セラフィーの身体には幾つもの深い傷跡が残っているが、シルフィアの陶磁器の様な肌には染み一つ無い。
(―――どんな戦い方をしてきたのかしら?)
 セラフィーは内心舌を巻く。シルフィアは凄い勢いでレベルアップして、最も早く念度1万の壁を突破したプレイヤーだが、修行マニアで、その戦いも楽なものばかりでは無かった筈だ。にも関わらず、その肌は貴族の娘の様に荒れた箇所すら見あたらない。
(これがアルゴ随一の美女と言うものかしら?)
 ぼんやりとそう思う。シルフィアの放つ魅惑の魔力を持った香りに当てられている。そう思って頭を振る。
 当のシルフィアは風呂の縁に腕をかけ、子供の様に両足をバタバタさせて、湯面を叩いている。お尻の二つの双丘が湯面から盛り上がり、背中への美しいカーブに繋がっている。セラフィーはその双丘から目を離せなかった。愛撫したいと言う欲求がこみ上げてくる。
 唐突にシルフィアが振り返った。
「なぁに?」愛くるしい声で尋ねる。「な、なんでもありません!」セラフィーは慌てて後を向く。シルフィアは湯の中を蛇の様に移動して、セラフィーの正面に回る。シルフィアの裸体が全て惜しげも無くセラフィーに披露される。
(なんて美しいの……。なんて儚げなの……)
 セラフィーは熱に浮かされた様にそう思う。シルフィアはクスクスと子供の様に笑いながら、その上体をセラフィーに預けた。マシュマロの様に柔らかい肌がセラフィーの官能を刺激する。身体は羽毛の様に軽い。シルフィアはセラフィーの耳元で囁いた。
「ドロスとガウシア君が出て行ったみたいね。養子縁組とステータス更新で教会へ行ったのでしょう」
「あ、あのシルフィア様は同行されないのですか?」
 シルフィアの絹の様な手触りの掌が、ゆっくりセラフィーの肌を愛撫している。思わず、声が漏れそうになるのを堪えてセラフィーは尋ねた。
「わたしはあの二人を祝福しない。誰が出るものですか」
「わ、わ、わたしはガウシア様のステータス更新に立ち会わなければなりません」
 セラフィーは立ち上がろうとしたが、身体に力が入らず身をよじっただけだった。
「駄目よ。行かせない。せっかく二人きりになれたのだから、楽しみましょう」
「楽しみましょう」そう言ったシルフィアだったが、その瞳は科学者の様に怜悧だった。
「い、いけません。シルフィア様」
 そう言って両手でシルフィアを押しのけようとしたセラフィーだったが、声にはあえぎ声が混じり、両の腕には力が殆ど入らなかった。激しい戦闘行為の後には、人は得てして性的快楽を求める。今のセラフィーがそれだった。
 シルフィアは手慣れていた。まず、ディープキスでセラフィーの抗いの声を塞ぐ。濃い薔薇の香りがする唾液をセラフィーの喉に流し込む。それはほんのりと甘かった。セラフィーは貪る様にその唾液を飲み干した。体臭として発散させるだけでも、強い魅了の能力を持つシルフィアの体液だ。その原液とも言える唾液は強い媚薬の効果をセラフィーに与えた。肌を逆撫でされるだけで、はしたない声が漏れる。性的感覚が何十倍も敏感になっていた。シルフィアはキスをしたまま、セラフィーの舌を絡み取り、弄ぶ。セラフィーの口中を舌で撫で回す。両の腕はセラフィーのロケット型の乳房を揉みしだいていた。人差し指で乳首をこねくり回す。セラフィーの身体が突っ張り、激しく痙攣した。最初のアクメを迎えたのだ。だがシルフィアは愛撫を止めない。脱力して軟体動物の様になったセラフィーの身体を湯に沈み込まない様に支えながらも、その手の先は優しく愛撫を繰り返している。シルフィアは左手でセラフィーを支え、右手をセラフィーの秘所へと近づけた。セラフィーの蜜壺は溢れかえっており、白濁液に覆われていた。シルフィアはその蜜壺の奥へと人差し指と中指をするりと差し入れた。
 小さく喘ぎながら「ああ。シルフィア様。シルフィア様」と譫言の様に囁いていたセラフィーは、指の侵入に大きく身体をのけぞらせ、「あーーーーっ!」と高く叫んだ。シルフィアは指を生き物の様に蠢動させ、中指でセラフィーの子宮口を軽く叩いた。セラフィーは「ダメ! ダメェー!」と快楽に叫ぶ、理性など欠片も残っていない声だった。
 対してシルフィアは冷めた声で「ここね」と呟く。「龍精が溜まっている。セラフィー、あなた、龍族の男と寝たでしょう?」シルフィアの声はセラフィーには届いていない。
「ダメェー! イヤァァーー! 壊れる! 壊れちゃう!」
 そう叫びながら、腰は更なる快楽を求めて、ガクガクと振られている。
 シルフィアは責める手を緩めない。
「このままだと、龍精が固まって身籠もる所だったわよ。龍精を体中に回さないとね」
 セラフィーは叫びながら激しく腰を振る。
「あっ! あっ! あああああぁぁーーーー!」
 甲高い叫びを上げてセラフィーは最初よりも深い絶頂に達して激しく痙攣した。
 力無く横たわるセラフィーを怜悧に見据えながら、シルフィアは「後、三回と言った所ね……」と呟いた。

←BACK △PageTop →NEXT

1 / 2 / 3 / 4

徒然草目録