アルゴ!「ラグナダの聖戦」の章
第五章 貝紫の魔女 (1)

←BACK 徒然草目録 →NEXT

1 / 2 / 3 / 4 / 5 /


 タナトス王国は大陸の北端にある大国だ。その国土の広さは諸国随一である。最も、その国土の三分の一は永久凍土に覆われている。国土の南端に首都・ストーンウオールを構える。ストーンウオールは高さ50メートルの堅固な壁に囲まれ、難攻不落と謳われている。タナトス王国は二つの巨大金山を持ち、その純度の高さと精緻さからタナトス王国の金貨は投資目的でも流通しており、タナトス王国の富は教皇庁と肩を並べるとさえ言われて居る。唯一神・レイファを実在するものと信じ、その復活を協議とする異端を意味するグノーシス派の最大の国家であり、大陸の80%を実行支配する教皇庁にとっては目の上のたんこぶである。事実、タナトス王国は対教皇庁派のテロリストや犯罪組織を匿い、資金援助を行っている。タナトス王家は人類始祖の十王家の一つであるため、教皇庁も手が出せず睨み合っている現状である。
 タナトス王家の要塞化した巨大な王城の地下には闇がある。
 タナトス王国は英雄王の二つ名を持つ、国王、リューギオン・エルムシュトラ・タナトス三世による独裁政治が営まれている。政敵とみなされた人物は一族郎党広大な地下牢へ収容される。危険思想の持ち主とみなされた場合も同じだ。地下牢は陽も差さず、北国特有の冷気に晒され劣悪な環境にある。脱獄の心配が無いので、衛兵の見回りも無く、病にかかろうが、死に至ろうが、長く放置される。衛兵が地下牢へ赴くのは犯罪者の内、断首台へ送る必要が出た場合などである。
 当然、王族や貴族がこの闇の国に下りて来る事は無い。
 その地下牢への門が重々しい音と共に開かれた。
 地下へ潜る階段を下りるのは、衛兵では無く、王族付きの騎士達である。16名の騎士に囲まれるように中心に居るのは貝紫で染めた紫のドレスを着た気品と高貴さを備えた極上の美女である。紫のドレスはその見事なプロポーションを描き出している。金の長い髪はウエーブを描き、歩むたびにたゆたう。大きく切れ長の瞳は青く輝き宝石を思わせる。イヤリングと指輪にはその瞳と同じ色の大きなサファイアが輝いている。この闇の世界にはふさわしくない光輝く存在だった。
「音が途絶えて一週間と言うのは確かですか?」
 ソプラノの美しい声で女が言った。若く張りのある声からして歳の頃は23,4と思われた。
「はっ! ここ一月張り付いておりましたので、間違いありません」
「赤龍隊が滅ぼされた日に成るとは、偶然とは思えませんね」
 女はそう言って笑った。地下牢から漏れ出る黴臭い冷気が女が放つ百合の香りに若干かき消える。騎士は女に魅入りそうになる自分に活を入れた。この女もシルフィアには劣るものの、魅了の魔力を放つ独特の体臭を魔法で手に入れている。
 女はその能力と美貌で王家に第二王女として迎え入れられたメディア・スカーレット・タナトスである。七大英雄の一角にして魔女と恐れられる人物だが、こうして実際に接すると魅了されるばかりで恐ろしさは感じない。
 赤龍隊が壊滅したとのニュースは即座に入って居た。噂ではアルゴにデビューしたばかりの少年に滅ぼされたとも聞く。シルフィア・レス・ダンディビーとドロス・ケルベロスが同行していたと言うから、それはあり得ないだろうが……。
 騎士はメディアの横顔を盗み見る。苛烈さや厳しさは浮かんでいない。シルフィアはメディアにとって宿敵だから、内心は穏やかではないだろう。ましてや、赤龍隊の隊長のダン・ダンバインはメディアの寝室に出入りを許された腹心であった。
 これから向かう先にメデイアの無聊を慰めるものがあるのかと思うと騎士達の心胆が寒くなる。

←BACK △PageTop →NEXT

1 / 2 / 3 / 4 / 5 /

徒然草目録