アルゴ!「ラグナダの聖戦」の章
第五章 貝紫の魔女 (2)

←BACK 徒然草目録 →NEXT

1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 /


 エレベーターで一階のホールへ出ると、ソファーに座ってエウリアが待ち構えていた。淡いピンクのきわどいドレスを身に纏っている。エウリアは読んでいた本を置くと、僕とドロスに恭しくお辞儀をする。
「祭りに出られますか?」
 微笑んでそう尋ねる。ドロスが大声で答えた。
「おうよ。良い女達を用意してくれ!」
「……良いのですか?」
 エウリアは揶揄する様に尋ねる。微笑みは消えていない。
「良いかとはどう言う意味だ?」
「シルフィア様やセラフィー様の目があるではないかと……」
「いらん気を回すな。あいつらは勝手にやるさ。縛られる義理もない」
「では、手配いたします。ガウシア様のお世話は不肖ながら、わたくしが勤めさせて頂きます」
「賑やかに騒ぎたい。お前さんに不満は無いが、五人は用意してやれ。ガウシアは今、ナーバスなんだ」
「そう言えば、お顔の色が優れませんわね。ガウシア様、大丈夫ですか?」
 エウリアは真顔で僕の顔を下から覗き込む。僕は顔を逸らした。
「―――大丈夫だ」
 掠れた声でそう答える。エウリアは訝しげな表情を浮かべたが、追求する様なことはしなかった。
「それではお席までご案内させて頂きます」
 そう言って僕達を先導する。ドレスは背中が見える様、大胆にカットされていて、白い背中の肌が目を引く。ツンと盛り上がったヒップラインは強調されている。履いていないのか? それとも、ラインの出ない下着を着けているのか? パンティーラインは見えない。裸より恥ずかしいドレスだと思ったが、色欲に訴えることはなかった。僕の頭はセラフィーのことで一杯だった。
 あの哀れなガジムのことを思い返す。ガジムはシルフィアの洗脳で正気を失った。軟禁先では膝を抱えて「シルフィア様、シルフィア様」と呟いて食事も摂らぬと聞いた。
 では、ガジム以上の洗脳を受け陵辱されたセラフィーは正気に戻るのだろうか? 答えは否だ。セラフィーはシルフィアの肉奴隷として生きて行くしか術が無い様に思えた。僕は姉と慕う人を強奪されたのだ。僕は初めてシルフィアを憎んだ。シルフィアは僕の憧れで遠い目標だったけど、その偶像は砕け散った。
 僕は何の為にアルゴにダイブしたのだろうと思わざる得なかった。

←BACK △PageTop →NEXT

1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7

徒然草目録