アルゴ!「ラグナダの聖戦」の章
第五章 貝紫の魔女 (3)

←BACK 徒然草目録 →NEXT

1 / 2 / 3 / 4 / 5 /


 セラフィーとシルフィアの説明によれば、セラフィーの儀体の子宮には龍の精が固まっていたらしい。

セラフィーの炎の魔法は龍精の力によって行使されていたとのことだった。

だが、その状態では完全な行使には至っていなかった。なによりも放置すれば、龍精は子宮に入り龍の子を身籠もる危険があった。懐妊から出産に至る過程で龍の子は苛烈な高熱を発し、その熱に耐えうる儀体は存在しないと言う。

シチズンの儀体のごく一部のみがこれに堪えうる。子宮口に固まった龍精を溶かし、全身のチャクラに回すことで、完全に龍の力を得ることが敵うが、高熱が全身のチャクラを回るので、強烈な痛みに襲われる。シルフィアは魅了の力を濃縮して与えることで、快感でこの痛みを上書きしたのだ。

セラフィーは龍の力を己が物としたことで、魔力は飛躍的に向上し、レベルと念度の底上げがなされた。セラフィーの念度は9050と念度一万の神の領域に近づいた。レベルは83となった。

七大英雄を除けばアルゴ屈指の戦士となった。最も、念度一万の壁は容易なことでは越えられぬとのことだった。圧倒的な成長だが、シルフィアを超えるアルゴレコードとはならぬらしい。

AAAランクの幅は大きく成長は容易ではないが、シルフィアはAAAランクと認められてから僅か一月で念度28500に達している。セラフィーは宝くじで一等を当てる程の幸運に恵まれたのだとシルフィアは言う。

セラフィーの胎内に精を残したのは、人間にも変化出来る龍族の王でローズクラウン山脈一帯の土地を領土として教皇庁から認められたケイネス・アレクサンドリアなのだと言う。歴代龍族の王の中でも突出した能力から神王と崇められる存在だった。

龍族と言えど念度一万の壁を越えるのは容易ではない。このケイネスのみが念度一万の壁を越えた。ローズクラウン山脈一帯に棲むあらゆる種族からの崇拝を受ける一方で、好色王とも呼ばれる悪癖の持ち主で、人間種・精霊種の女を好んだ。美しく強い女を好んだ。人間に化けてはそう言う女を口説くことに執心していると言う。ただの龍族では人間に変化出来ない。千年生きて漸く可能となると言われている。セラフィーはケイネスと言う希代の龍族に口説かれ精を受けた。それが幸運だとシルフィアは言う。

「こんな小技も可能になりました。今では火を自由に扱えます」

 セラフィーは恥じ入りながらも小指の指先に炎を灯して見せた。ライターか?

 シルフィアがセラフィーを抱いたのは必然で陵辱の意図は無かったと二人は言う。姉妹の様に声を揃えて。

 僕は面白く無かった。口先ではセラフィーの成長を祝いながらも、惛い炎を胸に抱いた。その炎は胸を焼き、疼きにも似た痛みを宿す。


←BACK △PageTop →NEXT

1 / 2 / 3 / 4 / 5 /

徒然草目録