アルゴ!「ラグナダの聖戦」の章
第五章 貝紫の魔女 (3)

←BACK 徒然草目録 →NEXT

1 / 2 / 3 / 4 / 5 /


「奴は今、弱い電流をこのエルダの町全域に流している。一種のレーダーだ。あの人狼の若造が隠れていれば、たちどころに捕らえられる。安全が確認された場所には結界を張っているんだ」
 エウリアは七大英雄の能力に舌を巻いた。シルフィアと言えば派手な雷撃魔法で敵部隊を殲滅させるイメージしかなかったが、そんな繊細な魔法の使い方も出来るのだと改めて知った。
 エウリアはイワン・グレーテルに尋ねる。
「―――父はどこです?」
「町長室にお戻り頂いています。全ての情報は町長室へ直接連絡が行く様にしていますので……」
 この短い時間にそこまでの体制を組んだのかと、エウリアは改めてイワン・グレーテルの有能さを空恐ろしく思う。このエルダの町の町長は父だが、実質的支配権は商人であるイワン・グレーテルに握られている。こういう有事の際にはそれが克明に浮き彫りになる。いずれ町長の跡を継ぐエウリアには看過出来ぬ政治力だ。
 その時、背後の闇の圧力が巨大に膨れ上がった様に感じて、エウリアは噴水側へと飛び退き抜刀した。
 そこには何時現れたのか百名余りの皮鎧の集団が居た。足音も近づく気配も無かった。エウリアは冷たい汗をかいた。
「おっ。集合したか?」
 ドロスが気さくに声をかける。
「ギルティア・スティックス。『黒蛇』45名。『血風隊』62名を率いて推参仕りました」
 35,6歳の素敵なおじさまが答える。ちなみにスーツ姿で皮鎧も着けていない。腰にサーベルをつり下げている位だ。良く見てみると、『血風隊』と『黒蛇』の区別は容易だった。『血風隊』は白を基調としたズボンとシャツの上から、金地で縁取られた皮鎧に身を包み、その行動に一糸の乱れも無い。流石はシルフィア様の私兵だと思わせる。相対的に明るく覇気が感じられる。一方、『黒蛇』に服装の統一感は無い。沈黙を守り、物音も立てない。『血風隊』と比べて陰湿さを感じるが、その分、不気味さは『血風隊』の比では無い。『血風隊』の男女比は6:4。皆、美人が目立つ。一方、『黒蛇』の男女比は7:3と言うところだが、女性隊員の不気味さが際だっている。全員、俯きで顔を隠し、女性隊員に至っては、黒のレースで顔を覆っている者すらいる。一応、制服の様なものは在る様で、黒の作務衣を七割が身に纏っている。皮鎧を着ける者は少ないが、黒や灰色を基調とした目立たぬものが多い。
「イワン。警備にはこの人数で足りるだろう?」
「十分とお答えしたい所ですが、メディア様は希代の魔女です。お答えのしようがない」
 そこに伸びをしながら、シルフィアが下りて来た。
「結界を張り終えたわ。結界内に人狼はいない。断言出来るわ」
 ドロスが首を捻る。
「―――なに?」
「いや、随分あっさりと退散したなと思ってな。普通、眷属を呼んで町にパニック起こさせて退散が常道だ。すっきりとしねぇ」
「恐らく自分の身を守ることを第一に厳命されているのでしょう。メディアにとって『赤龍隊』に代わる唯一のカードなのでしょうね。いずれ出て来るわよ」
「剣呑だな。―――イワン。見張るポイントはこの十二箇所で良いんだな?」
「城塞が崩れているのはその十二箇所です」
「一箇所あたり十名程度の警備で十分だが、Aランク以上の腕の持ち主でチームを組む必要があるな……」
 ドロスがそう独りごちていると、三十名ほどの集団が噴水広場に駆け込んで来た。ドロスは興味の無い眼差しでそちらを見やる。先頭を走るのはオーガ・ブロコニィーだ。
「ドロス様! 町に居る傭兵をかき集めてきやした! 総勢三十二名おりやす!」
「……ああ。ご苦労さん。これから班分けして指示を下す。暫く待ってくれ」
 そこへ騎馬の群れの音が又近づいて来た。
「エウリア隊長! エルダ自警団総勢五十四名到着しました!」
 先頭の男が叫ぶ。皆、フルメタルアーマーに身を包み、そのため、動きが鈍重だ。馬から下りるのにも苦労する有様だ。
 エウリアは羞恥の余り、頭を抱えて座り込んだ。
(こいつら学習能力が無いのか!)
 声にならない叫びを上げた。ガウシアを振り返ると白い眼差しで見ている。いや、この場にいる誰もがが白い眼差しを向けている。エウリアは穴があったら入りたいと思った。
 恥じ入っていると、ドロスが優しく肩に手を置いた。
「緊張をほぐすには良い余興だ。使い物にならんから、町の巡回警備をさせてくれ。その分、お前さんには働いて貰う。ガウシアとチームを組ませてやるよ」
「はい! ご配慮、感謝します!」
 エウリアは元気良く応えた。

 ドロスは傭兵達から『序列百人組』に名のある十二名を選抜し、残りを噴水広場への待機部隊へ組み込んだ。
『血風隊』『黒蛇』には十名のチームを十組組む様命じた。二つの隊は慣れたもので無言で混合チームを作った。七名は待機部隊とした。
 わたし、エウリアは言葉通りガウシア様とチームを組ませて貰った。他のメンバーはセラフィー、イワン・グレーテル、オーガ・ブロコニィーである。わたし達のチームだけ編成が少ない。セラフィーと言う女のレベルが卓越していることと、守備する場所がかっての要塞都市・エルダの東門跡で損傷が比較的少なく、現在では道路に面していないことも大きかった。なにしろ、東門の先は切り立った崖である。
 イワン・グレーテルは「自分は商人ですから」とチームに組み込まれることに抵抗を示したが、シルフィア様が「あなた、冒険者スキルでレベル17,念度5200もあるじゃない? このエルダでは随一の使い手でしょうが? それが身体張らないのなら、わたしやドロスもこの町を守る意味が無くなるでしょう?」
 そう微笑んで諭したので、渋々、受け容れた。イワンの銀縁の眼鏡は自分のスキルを低く見せるマジックアイテムなのだが、シルフィア様には通じなかった。看破されては反論のしようがない。実はイワンは先代の自警団団長でわたしの剣の師でもある。
 ドロス様とシルフィア様は町の中心である噴水広場を本拠地として、待機された。
 夜は深まる。冷気が下りて来る。
 最も戦力にならないわたしは率先して薪を集め、火を付けた。
「僕も手伝うよ」
 ガウシア様からお優しい声をかけて下さり、二人で薪を集めた。おかげで、自然にガウシア様の横に座れたのが、わたしには至上の喜びだった。
 闇が深い所為もあり、わたしはガウシア様と二人きりになった様な心地がした。
 その気の緩みから、わたしはとんでもない失言をすることとなった。

←BACK △PageTop →NEXT

1 / 2 / 3 / 4 / 5 /

徒然草目録