アルゴ!「ラグナダの聖戦」の章
第五章 貝紫の魔女 (4)

←BACK 徒然草目録 →NEXT

1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6


 このチームの編成はおかしい。

 僕・ガウシアはそう思った。他の部隊は顔見知り同士の編成で、実力も均衡した者が選ばれている。シチズンのエウリアとイワン・グレーテルが組み込まれているのに違和感を覚える。この二人は実力からして、待機部隊に編入されるべきだろう。得にイワンは地理を熟知し、頭が切れる。司令部に入れるべきだろう。

 エウリアに至っては編入の理由が分からない。次期町長と言うシチズンのVIPで守るべき対象である。戦力差も天地の差がある。

 エウリアもそれを自覚しているのだろう。野営に備えて一人で薪集めに精を出している。他のメンバーはそれを当然の様に受け止め、手伝う素振りも無く沈黙している。僕は血統の正しいエウリアが何故、僕の欲望のはけ口になろうとしたのかが気になっていた。思えば、エウリアは常に僕の横にあろうとしていた気がする。

 良い機会だ。

 僕はエウリアに歩み寄り、「手伝うよ」と声を掛けた。その瞬間のエウリアの喜色に溢れた笑顔と、顔の輝きと言ったら無かった。僕はエウリアを可愛いと思い、その瞬間から異性として意識した。

 一緒に薪を拾うのは楽しかった。

 両手いっぱいの薪を抱え、円陣の中央に置き、二人で火を起こそうとすると、それまで瞑目して座っていたセラフィーが、「ああ。若様。その様な雑用を任せてすいません」と低い声で呟き、右手の人差し指から炎を噴出して、薪に火をつけてくれた。

 燃え上がる炎に、俯いていたオーガ・ブロコニィーとイワン・グレーテルが顔を上げる。

 その名の通りオーガの吼える様な声で、オーガ・ブロコニィーが言った。

「ガウシア。お嬢ちゃん。手伝わなくてすまん。考え事をしていた……。それにしても、セラフィー。お前のレベルアップは凄いな。そんな芸も出来る様になるのか?」

「私もすいません。考え事を私もしていました」

 イワンが女をたらし込む様な良い声で、そう言う。

「いえ。わたしにはこれくらいしか出来ませんから」

 エウリアが満面の笑顔で答える。

 僕は三人が言葉も交わさず考え込んでいたことに不吉を覚えた。

「何を考えておられたのです?」

 丸太を椅子に、エウリアの横に腰掛けながら、尋ねた。

「―――いや。一日に二回も『序列百人組』の名簿を書き換えるとは夢にも思わなかったんだ。セラフィー。お前、『序列百人組』の一躍、筆頭だぜ。この調子でレベルアップしたなら、一年後には念度一万の壁を越えているんじゃねぇか?」

 オーガ・ブロコニィーは豪放に笑うとセラフィーの肩を叩いた。セラフィーは苦笑を浮かべ、「今回は特別よ。念度一万の壁はあまりにも大きいわ。この城塞を敷地毎、一撃で破壊したのは、二百年前の英雄。巫女王、マリア・ルルス・ダンデビィーの弓の一撃と聞いているわ。そんな人知を超えた力を得ようとは思わないわ」と答えた。

「難攻不落の城塞都市だったらしいな。このエルダの街は。残った壁だけでも再現不可能と言われるのが分かるぜ」

 周囲を見渡しオーガが言う。

 何か誤魔化しているなと僕は思った。『序列百人組』が書き換わった程度で陰鬱な表情に沈むほど柔な肝をしていない。オーガもセラフィーも。

「正直にお言いになったらどうですか? 七大英雄同士がぶつかるのが怖いと」

 笑顔のまま、僕の手を握ってエウリアが言う。

「エウリア。失礼だぞ。黙りなさい」

 イワンが静かだが、厳しく響く声でたしなめる。

「虚勢を張らず本音で話すべきだと思います。このチームは。イワン。貴方は預言の成就に緊張しているのではなくて?」

 朗らかな声で笑顔で言うエウリアだが、僕の手を握る力が強くなり、震えている。彼女も強い緊張の中、覚悟を持って言葉を紡いでいるのだと僕には分かった。

「黙りなさい! 禁忌を破るつもりですか!?」

 イワンは激高した。冷徹さが張り付いた様なこの男にはあり得ないことに思えた。

「今、こうしてガウシア様がわたしの横におられるのです。禁忌は禁忌で無くなっていると思います」

 エウリアは真顔でイワンを見据えてそう言った。手が小刻みに震えている。力が更に強く加わる。

 禁忌と言うからには余程の大事なのだろう。それの開示になぜ、僕の名が出るのかが分からない。

「禁忌とはなんだい?」

 オーガが極力優しい声で尋ねたが、その威圧的な響きは変わらない。

「それは―――ゲストの方も一部に知られていますが、七大英雄同士がぶつかるのは、今回が初めてではないのです」

「イワン!」

 エウリアが激しい抗議の声を上げる。

←BACK △PageTop →NEXT

1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6

徒然草目録