アルゴ!「ラグナダの聖戦」の章
第五章 貝紫の魔女 (4)

←BACK 徒然草目録 →NEXT

1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 /


「黙りなさい! 一等書記官として、発言を禁じます。それなりの罰は覚悟しなさい」

 イワンの言葉にエウリアは唇を血が出るほど噛み締めた。

「初耳だわ。七大英雄同士が戦ったことが、過去にあるの?」

「ございます。メディア様が画策されて、教皇庁が乗り、シチズンの選ばれた王侯貴族のみが見学を許された決闘です。『コロシアムの決闘』と言われ箝口令が引かれています。私も喋れば教皇庁から命を狙われることになります。当事者の英雄の方も私を生かしておかないでしょう」

「俺達の口は堅いぜ。傭兵とはそう言うもんだ」

「メディアが画策したと聞いては、聞かずには済まされないわ。安心しなさい。レイファ様に誓って他言しないと。言いなさい誰と誰が決闘させられたの? その結果は?」

「僕も他言しません」

 そう誓うと、エウリアが僕の手に爪を立てた。驚いてエウリアを振り返ると、悔し涙を目に溜めて、違うと首を振っている。僕はイワンが虚偽を語るのかと思った。だが、次のイワンの言葉に度肝を抜かれた。

「戦われたのはシルフィア様とドロス様です。三年前のことでした」

 僕とセラフィー、オーガの三人はあまりにも意外なその名に言葉を失った。

「あのお二人がペアを組む様になったのは、皮肉にも『コロシアムの決闘』の結果です。その意味ではメディア様の目論見は大きく崩れた訳です。だが、念度一万を超える者同士がぶつかることへの恐怖と念度一万を超える者の力の恐ろしさを、教皇庁や王侯貴族は叩き込まれることになったのです」

「なにがあったの?」

「どっちが勝ったんだ?」

「雷撃の魔法を操るシルフィア様が、剣技のみで七大英雄の一角になったドロス様では、シルフィア様が圧倒的に有利と誰もが思っていました。念度でもシルフィア様が上回っていましたし……けれど、蓋を開ければ、戦いは拮抗しました。ドロス様の剣技はシルフィア様の渾身の雷撃すら斬ったのです。二人は念度の波動をぶつけ合いました。その余波でコロシアムは崩れ落ち、逃げ惑う教皇庁のTOPや王侯貴族のコアすら破壊したのです」

「ちょっと待って。コアってなに? アルゴの運営者からも聞いたことがないわ」

「あなた方、ゲストは時折、不思議なことをおっしゃる。『アルゴの運営者』が何を指すのか分かりませんが、コアとは生命体の本質を体現する唯一無二のもの。魂の概念が近いものです。コアは本来傷つけられません。神秘学者の唱える理論上のものでしたが、お二人の対決でコアの存在が証明されたのです。三千人を超える観客が念度のぶつかり合いの余波でコアを破壊されました。

 魂を破壊されるのですから、復活の儀式で肉体が復元されても、生き返ることはありません。逆に言えばコアさえ無事なら、不老不死も夢ではない。過去の英雄はその高い念度でコアを高め、肉体が死しても、エーテル体の肉体を得て神の座に座ります。先程、話に出た妖精王でもあったエルフの女王。巫女王マリア・ルルス・ダンデビィー様は神々の座の頂点に立っておいでです。この場合の神は残留思念のようなもので、創造神にして唯一神であられるレイファ様とは次元が及びません」

「俺達、ゲストにもコアがあるのか?」

「当然です。そのコアさえ破壊されるのが七大英雄なのです。我々が神以上の存在と崇める理由がそこにあります」

「ちょっと待って。お二人の戦いの決着はどうなったの?」

「分かりません。コロシアムが巨大な爆発を起こした後に残ったのは白く輝く直径三メートル程の光球のみでした。そのまわりに原型を失った貴人方々が倒れていたのです。光球は熱の無い堅い殻に覆われていました。三日後に光球から輝きが消えた後に、傷一つ無く完全に回復されたシルフィア様とドロス様が立っておられたと聞きます。観客はほぼ全滅。コロシアムは半径三キロに及ぶクレーターに変わっていました。王都ベネチアの北にある不毛のクレーターがそれです」

 七大英雄って核兵器かよと僕は総毛立つ思いでそう考えた。シルフィアがメディアを蛇蝎の如く嫌う理由が分かった気がした。

←BACK △PageTop →NEXT

1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6

徒然草目録