アルゴ!「ラグナダの聖戦」の章
第五章 貝紫の魔女 (4)

←BACK 徒然草目録 →NEXT

1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 /


「我々、シチズンは生まれついての属性が変わることはあり得ません。コアの属性によってヒューマンや亜人となるか決まっているのです。スキルで属性が変わることもありません。だが、あのエドガーと言う少年は人間だったのに、その属性を人狼に変えた。シルフィア様が言う通り、それがメディアの魔術によるものなら、メディア様はコアすら変化させるお力があることになる。

 そのメディア様が報復にこの地に来るとシルフィア様は言う。メディア様とシルフィア様、そしてドロス様が本気で戦われたら、この街は無事に済むのかと思い悩んでおりました……」

 イワンの言葉に僕らは沈黙した。エウリアだけが憤怒の涙目でイワンを睨み据えている。イワンは視線をずらした。

 なるほど、禁忌だ。

 だが、僕がエウリアの横に居るだけで明かして良いと言うエウリアの言葉を肯定するものではない。イワンはそもそも一部の貴人しか知らぬ『コロシアムの決闘』の詳細をこうも知っているのだ? 言っては悪いが古さが売りの街道の小さな街に貴人と関わりを持てるとは思えない。

「イワンさん。『コロシアムの決闘』をなぜ貴方が知っているのです? エウリアが明かそうとした『禁忌』は、それでは無い筈だ」

 呟く様な僕の声は闇の中で高く響いた。イワンは身体をビクンと堅くする。

「ドロスが言っていました。この街の住民は皆、異教徒だと。あなた方の神は何者です? それこそが禁忌なのではないですか? 僕はあり得ぬ幻を二回見ています。あれが、もし幻でないとしたら―――それこそ、あなた方の神なのではないですか?」

 そう問い糾すと、イワンは俯き、身体を震わせ、エウリアは「ガウシア様!」と歓喜の声を上げて僕に抱きついた。セラフィーは一瞬、目に殺気を浮かべてエウリアを睨んだが、直ぐにイワンに視線を向け、氷の様に冷たい目で言った。

「イワンさん。貴方は『禁忌』で『禁忌』を隠したの? それだけでも答えてくれないかしら?」

 イワンは俯いたまま答えない。静かに燃える薪が爆ぜた。
 オーガが低く唸る声で尋ねる。

「お主はどうやって『コロシアムの決闘』を知ったのだ? お主等はレイファ様を信じず、別の神を崇拝するのか? その神は誰だ? 答えよ」

「オーガ。今、別の神を信じるかは尋ねずにおきましょう。公になれば、この街は教皇庁の粛正を受けることになる。教皇庁の粛正を受けて残った街や村は存在しない。そこまで深入りすべきじゃないわ。『コロシアムの決闘』と言う、秘事を明かしてもらっただけで収穫だわ。コアと言う概念も捨て置けぬ話だったでしょ?」

「セラフィーがそう言うなら、追求はすまい。だが、この男。お主の問いにすら答えん。作り話で誤魔化されたのなら、俺はこの男を生かしておけんな」

「わたし達の神の奇跡なら周りを見れば明らか―――っ!」

「黙りなさい! エウリア! 明かすか否かは街の総意で決めることです!」

 イワンは鋭い声でエウリアを制した。

 イワンは顔を上げた。一瞬、横目で僕を見てから、セラフィーとオーガの目を見る。

「申します。私は『禁忌』で『禁忌』を隠したのです。『コロシアムの決闘』に嘘はありません。私達はこの街の救世主となる英雄の力を知る為、この目で決闘を見たのです」

「どうやって? そんな貴人達と視野共有出来る伝手があるとは思えないけど?」

「決闘の間、遠見の眼を授けて頂いたのです。エルダの街の賢人会のメンバーのみが」

「遠見の魔法ではなくて?」

「違います。あれは素養が必要ですし、不鮮明な画像を投影するものです。私達は自らの目で実際に見たのです。十五年前に」

「なんですって?」

 セラフィーは叫んだ。

「未来視をしたと言うの?」

「そうです。ですから、私共はセラフィー様もガウシア様もすでに存じ上げていました」

「じゃぁ、これからどうなるかも見ているの?」

「いいえ。赤龍隊が駐屯するのが、予兆と知っていただけです。その先の未来は教えて頂いておりません」

 再び沈黙が落ちた。未来視で遠見など、七大英雄のメディアですら不可能な技だ。このエルダの街は十五年前にとんでもない能力者と関わりを持った様だ。そして、それは英雄だと言う。僕には答えが見えた。

←BACK △PageTop →NEXT

1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 /

徒然草目録