アルゴ!「ラグナダの聖戦」の章
第五章 貝紫の魔女 (4)

←BACK 徒然草目録 →NEXT

1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 /


「一つ確認しておきたいんだが、この街の民は、200年前の大戦の際、この地を支配していたグノーシスの魔王、シタリア・アルダバ十三世の生き残りとは言うまいな?」

「それはあんまりです。この街の住民はマリア・ルルス・ダンディビィーと共に戦った者の生き残りで構成されています。今でもことがあれば精霊王の下、はせ参ずるよう腕を磨いています。故にご子孫であるシルフィア様には絶対服従の覚悟を年端の行かぬ子供までが持っています」

「そうか。シルフィア・レス・ダンデビィー。同じダンデビィーの王家の出になるのね」

「200年前の『大戦』の英雄、マリア・ルルス様もとんでもない力を持っていたんだな。弓の一撃で地盤毎この要塞を破壊したんだから。確か、妹のラフレシア・ルルスも念度一万の壁を越えていたんだよな?」

「そうね。マリアは黄金の女神。ラフレシアは白銀の女神と呼ばれるわ。姉であるマリアの逸話がシルフィア様並に派手でラフレシアはその影に隠れているけれど、常に姉と共にあり、そのサポートに徹していた。神話ではそうよね? イワン」

「ええ。そもそも念度一万を超える英雄が現れたのは、200年前の『大戦』を契機としているのです。それまで、念度一万を超える存在は山谷深くに隠遁するものでした。シタリア・アルダバ十三世はグノーシス史上最強の兵士と、グノーシス史上最大の軍を持って、タナトスの聖域と付近の街を支配下に置いた。聖地を奪われていながら、教皇庁はアルダバ王国とことを構えようとしなかった。それどころか、義憤で兵力を立ち上げようとした勢力を打ち倒す愚行まで犯した。そこで、精霊王であられたマリア様が全精霊族、亜人、人間に『シタリア・アルダバを打ち倒すべく、我が元に集え!』との檄文を飛ばした。集まった軍勢が最初に落としたのがここエルダの砦。全世界からの義勇兵がここエルダに集結したのが『大戦』の発端です。教皇庁も無視出来なくなり出兵しましたが、どう動いたかはご存知でしょう?」

「高見の見学を決め込んだのよね?」

「―――話はそこまでにしましょう。イワンさん、今度は神話の『大戦』で話をそらすのですか? そこまで、僕達を信じられませんか?」

「ガウシア様―――何を……」

「黙って! 何か近づいているのに気付きませんか?」

 その僕の声で全員が気付いた。草むらを何かが這って来る。

『それ』は立ち上がった。血塗れの武装した若い男だった。

「イワンさま。って、てきしゅうです。じんろうです」

 そう力無く言いながら、イワンに向かって手を伸ばして力無く死人の様に歩む。

「ナルス! 無事だったのか? 今、手当てをしてやる」

 イワンがナルスと言う男に走り寄ろうとする。僕は抜剣してそれを止めた。

「何をなさるのです? ガウシア様!」

「もう、遅い!」

 僕は辛い感情を押し殺して叫んだ。そして、自らの内にいつの間にか宿されていた力に目覚める。

「浄化の光よ!」

 抜刀した剣が強く輝く。僕はナルスと言う哀れな男を一刀両断に斬り捨てた。

 ドウと倒れたナルスの遺体は光に包まれながら、灰となって夜の闇に散った。女神レイファから力を分け与えられた者にしか使えない、光の御技。法王猊下にしか使えない生者に祝福を与え、死者に連なる者を灰に帰す御技だ。

「ガウシア様!」

 セラフィーが驚きの声を上げる。

「預言が成就したわ!」

 そう呟いて涙ながらに僕の足にキスをするエウリア。

「その力はなんだ? 人狼に襲われたらゾンビになるのか? そんな話聞いてねぇ!」

 感情のままに叫ぶオーガ。

 そして震えて立ち尽くすイワン。

「人狼に襲われたらゾンビ化するなんて記録にありません。ドロスに緊急連絡をして下さい」

 オーガに指示を与え、僕は跪くエウリアの頭を撫でる。

「後でゆっくり君の話を聞かせて貰う」

 エウリアは歓喜の涙に濡れた顔で何度も頷いた。

 僕はイワンに言う。

「神代に念度一万を超える者を『英雄』とは呼ぶ風習は無かった。現人神と呼んだんだ。だが、貴方は『英雄』の言葉を使った。ゲストが現れてから念度一万を超えた存在を『英雄』と呼ぶ様になった。

 イワン。君達の神は老師タオだ。君達は老師タオを信仰しているんだ。教皇庁がその存在を否定し、存在すら疑われる最も古き英雄・老師タオ。女神レイファの天地創造を助けたと神話で語られ、『大戦』において精霊王・マリアに助力した永遠を生きる英雄・老師タオ。それが君達の信仰の正体だ!」

 剣を突き付けてそう言うと、イワンは膝を折り、僕を拝んだ。

←BACK △PageTop →NEXT

1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 /

徒然草目録