アルゴ!「ラグナダの聖戦」の章
第五章 貝紫の魔女 (4)

←BACK 徒然草目録 →NEXT

1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 /



 僕を丸太の椅子に座らせ、セラフィーとオーガは膝をつき臣下の礼を取る。その後ではイワンとエウリアが平伏している。何とも面映ゆい感じだが、気持ちは分かる。僕も立場が違えば平伏していただろう。

『聖なる力』

 それは、このアルゴの世界を支配する法王にのみ宿る力で、法王の証でもある。法王のみの唯一無二の力であるはずだった。

 人知を超越した未知の力で念度やレベル、スキルとは一線を画した能力である。

 アルゴを運営する『龍樹』ですら、その能力の詳細を掴み切れておらず、無論、儀体に付与することなど不可能だ。

 僕は、言わば、あり得ぬ奇跡を体現したのだ。思わず平伏するのも道理と言える。何故、僕にそんな力が宿ったのか? 僕は謎の英雄、老師・タオに授けられたと考えている。あくまで、憶測でしかないが……。なんであれ、この状況は耐え難い。

「頭を上げて下さい。面映ゆくて堪らない」

「何を仰います!」

 オーガが伏したまま、大地に響く様な大声で応える。

「あなた様は神の御子となられたのです。聖人です。私共はあなた様に、ここに帰依し奉るものです!」

 セラフィーとエウリアが大きく頷く。イワンは平伏したままピクリとも動かない。

「そのことだけど……僕が『聖なる力』を使ったことは、この場に居る者だけの固い秘密にして下さい」

 僕は堅い声色で言った。オーガが顔色を変える。

「なぜです? 御身は七大英雄ですら凌駕する尊き存在となられたのですぞ。その威を示さねば、凡夫の輩は、貴殿を自らと同等の存在として扱う罪を犯してしまうではないですか?」

「同等の者として扱って欲しいのです。要らぬ軋轢を生みますし、何より教皇庁から命を狙われることになるでしょう。『聖なる力』を扱えるのは唯一、法王のみでなければならない。ゲストの冒険者がその力を宿したと噂になれば、教皇庁はその噂だけで総力を以て、その存在を消そうとするでしょう。だから、僕の為に秘密を守って欲しいのです」

 僕は頭を下げて懇願する。

「それは―――っ」

 異を唱えようとしたオーガが絶句する。教皇庁ならそのくらいやりかねないと思い至ったのだろう。

「発言をお許し頂けますか?」

 イワンがそっと右手を挙げる。「どうぞ」と僕は発言を促した。

「ガウシア様のご慧眼、感服致しました。ガウシア様が聖者となられた事は、ここに居る者達の秘密とすべきと私も考えます。この事は私共エルダの民が信望する老師・タオ様はガウシア様のことを、こう予言されています。『このエルダの地に新しい『英雄』が光臨するだろう。その者は武の力では無く、神の御技を以てこの地に救いをもたらすだろう』と。同時にこう警告もなされました。『その新しき英雄については、このエルダでの秘中の秘としなけれなならない。煉獄の釜の蓋が開くその時までは』と。依って、私はガウシア様が『神の力』をお使いになったことは、ここに居る四人の秘中の秘として扱う事を提言する次第です」

「異議はないわ。むしろ大いに賛成なのだけど……『煉獄の釜の蓋が開く』ってどういうことなの? 聞き捨てならないわ」

 セラフィーがイワンを問い糾す。

「分かりません。老師・タオ様はそのことには一切言及されませんでしたから……。ただ、私共はかっての『大戦』以上の厄災がこのエルダを襲うものと覚悟しております」

 そう言うイワンの顔には覚悟があった。

「『大戦』以上の災厄……ぞっとしないけど、老師・タオの予言が必ず当たるとは限らないのではないですか? シルフィアさんとメディアの対立がかっての『大戦』以上のものになるとは思えない。それに、それだけの災厄なら流石に教皇庁も動くでしょうし……」

 僕の言葉にイワンは堅い表情で答えた。

「老師・タオの予言は確定した未来を語るもので、外れると言うことはありません。それに我々エルダの民は教皇庁を権力で税を徴収するだけの機関と割り切っています。教皇庁の助けなど当てにしてはいません。老師。タオ様に祈る方が余程、実効性があると考えています」

「イワン……貴方、その発言だけで異端審問にかけられるわよ。貴方たちは何故、老師・タオを信望するの? 教皇庁と何があったの?」

 イワンは瞑目した。暫し、間を置き、口を開いた。

「秘密の共有と言うことでお話しましょう。くれぐれも他言無用でお願いします」

←BACK △PageTop →NEXT

1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 /

徒然草目録