アルゴ!「ラグナダの聖戦」の章
第五章 貝紫の魔女 (4)

←BACK 徒然草目録 →NEXT

1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 /


 今より十五年前、このエルダの町は存亡の危機に陥った。ペストの流行が町を襲ったのだ。最初の死者が出て一週間。その死因がペストだと判明した時には町の半数が罹患していた。すぐ、教皇庁へ助けを求める使者を出した。町には医者が一人しかおらず、すでに罹患していた。教皇庁は直ぐにエルダの街への立ち入り禁止の措置を取った。街道からエルダの街へ行く脇道には関が建てられ、エルダへの侵入は勿論、エルダの民が外へ出ることも許さなかった。

 が、期待した医師団の派遣は待てど暮らせどやって来る気配が無い。教皇庁へ送った使者も帰って来ない。関は僅か一両日で築かれたのに……。

 使者を送って一週間が経過し、業を煮やした罹患していない若者の集団が関に詰め寄った。「どうなっているのか?」と。だが、関に詰めるやけに多い衛士は長槍の槍衾で若者達を追いやり、追いやった後、道にアルコールを撒いた。

 教皇庁はエルダを見殺しにして、焼き払うつもりだと言う風説が流れた。だが、衛士の態度からしても、それを風説と軽んじられる者は皆無になっていた。エルダの街は増え続ける罹患者の苦悩の声と日々、増える死者の数にただ怯える地獄へと変貌した。教皇庁の態度を目の前にした人々は、唯一神・レイファに救いの祈りを捧げることもしなかった。むしろ、その神像に怒りをぶつけ破壊した。

 教会の礼拝堂が死者で溢れかえり、罹患した病人の苦悩の声が響く中、人々は死に怯えて暮らす地獄の様な日々が続いた。

 そんなある日。

 人々は早朝の噴水広場の頂上で足を組み、瞑想する乞食のような身なりの僧侶に気付いた。老僧は空中に浮かんで禅定しており、白いオーラを纏っていた。只者で無いのは明かだった。そもそも、このエルダの街は進入禁止である。老僧は唐突に現れたのだ。

 その乞食の様な外見とは裏腹に、老僧の放つ気は強く清浄で品格が感じられた。

 その姿を見た者はその品位に心打たれ、跪き礼拝した。誰とも無く「救世主が御現れになった」との声が上がり、それは瞬く間にエルダの街を席巻した。動ける人々は皆、噴水広場に集まり、老僧に祈りを捧げた。

「老師よ。我らをお救い下さい」

 その声は徐々に大きくなり、遂には広場全体に響き渡るシュプレヒコールとなった。

 その時、老僧はカッと目を見開いた。鷹の様に鋭い大きな眼だった。

「我が名はタオ。救いを求める者よ、我を崇めよ。我に最高のもてなしを以て応じよ。さすれば、救いを与えよう」

 誰もが女神レイファの世界創造を助けたと言う伝承に残る老師・タオの存在を思い浮かべた。教皇庁がその存在を躍起になって否定し、名を口にすることも許さぬ存在だ。だが、民衆は教皇庁が否定すればするほど、その存在を信じた。教皇庁に見捨てられたエルダの街の人々にはなおさらである。

 老師タオは全ての病人を広場に集める様命じた。集められた病人の数は1500人を超えた。老師・タオは杖を翳した。無数の虹色の光の玉が広場に集まった全ての人々の間を舞い、その額に入った。人々は得も言われぬ至福感に包まれ、病人はたちどころに病が癒えた。人々はその奇跡に歓声を上げ、抱き合い喜んだ。

「静かにせよ」

 老師・タオは歓喜する民衆を黙らせた。

「病に倒れた者達の骸も全てここに集めよ」

 そう命じた。

 集められて横たえられた五百を超える骸をに老師・タオは近づいた。杖で地面を叩くと白い乳白色の光球が骸と老師・タオを包んだ。およそ、5分後、その光が天に昇って消えた時、死者達は復活していた。すでに腐乱の進んだ遺体もあったのに、腐乱は消えて完全な健常者の身体になっていた。親近者達が喜びに涙して抱きついた。蘇った本人達は状況が理解出来ず、体力不足で起き上がるのがやっとだったが、状況を理解したとき、誰よりも深く、老師・タオに感謝し、跪き神への帰依の儀を取った。

 老師・タオはその奇跡を他言無用とすることを堅く命じると、最上級の酒と食事を要求した。人々がそれに応えたのは言うまでも無い。

 老師・タオは三ヶ月の間、エルダの街に滞在した。

 夜はホテル・バームの貴賓室で過ごし、朝は噴水広場で予言と正しい教えを語った。昼は若者達に武道の手ほどきを施し、夕暮れには森に入り瞑想した。

 老師・タオの予言には八年後異世界からの客人が多く、アルゴの地に降り立つと予言し、その中から念度一万を超える存在が現れることも予言した。その者達は『英雄』と呼ばれ崇拝されるが、その英雄同士の戦いがこのエルダの地で行われるとも予言した。その渦中に『新たな英雄』が誕生し、その子供は『真の英雄』となり、永くアルゴに平安をもたらすとも予言したと言う。街の有力者にはその姿も見させた。イワンはそう語った。

「ガウシア様を街の者が『新たな英雄』とお呼びしたのは、タオ様の予言があったからです」

 イワンはそう言う。

 僕は狼狽えざるを得ない。まず、老師・タオは想像を絶する力を有していたことになる。その念度は他の英雄とは桁違いのものだろう。アタの国に居を構える英雄、イザベル・ベアトリアは『癒やしの女神』と呼ばれるが、念度は13500。死者まで蘇らす力を持つのは同じだが、その力は、死後三日以内と限られている上に、一日一人が限度だ。

 それに予言が確実なら、僕はアルゴで誰かを孕ますことになる。アルゴはあくまで五感を体感出来るバーチャルリアリティの世界だ。生殖行為は体験出来ても、実際の生殖が出来る様な設定は無い。理論上、無理なのだ。

「……俄には信じがたいです」

 僕は遠慮がちにそう言った。セラフィーとオーガが同意して頷く。

「大体、三ヶ月もの間、どうやって老師・タオの存在を隠しおおせたのですか? 仮に教皇庁が三ヶ月このエルダを封印して近づかなかったとしても、どうやってその封印を解かせたのです。死人も出ていない状態を見れば、不審に思い問い糾して来るでしょう?」

「タオ様はエルダを去られる際に、金印を残して行かれました。教皇庁には奇跡が起きたと告げれば良いと言われました。なんにせよ、タオ様のことを教皇庁に告げる訳には参りません。その通りにしました所、法王様が正式にエルダの街の病は奇跡により消え失せたと奇跡認定されたのです。同時に奇跡は秘されねばならないと、その奇跡を探ることも硬く禁じられました。エルダの街が法王直轄の特区と認定された由縁です。私は法王様はタオ様と面識があるではないかと勘ぐっています」

「確かに『粛正王』の異名を取る法王の言動とは思えぬな……」

 オーガが重々しく呟く。

「―――ガウシア様が、子を成されると言う予言には納得が行きません。イワン。貴方は映像でガウシア様を見たと言ったわね。その映像、『賢者の板』に投影して見せて下さい」

 セラフィーが厳しい口調で言う。イワンは困った顔をした。

「老師・タオ様に関わる記憶の全てに封印が施されております。投影は出来ぬのです」

「こちらをご覧下さい」

 エウリアが『賢者の板』を差し出した。

 僕とセラフィー、オーガが顔を並べてそれに見入る。

 そこには今の僕より三歳ほど上の僕の姿が明瞭に映っていた。表が緑地に裏が真紅のビロードで縁を金糸で刺繍したマントを羽織り、オレンジ色の上着に紺のズボンを履き、白い皮鎧に深いブルーの色合いをした魔導石を埋め込み、黒地の鞘にオレンジの魔導石を埋め込んだサーベルを腰に差し、丘の上に立つ姿は紛れもなく僕だった。

 セラフィーが驚きに息を飲む。僕も同じ思いだったが、まず疑念が口をつく。

「エウリア。君は十五年前、何歳だった?」

「三歳です」

「街の有力者のみに映像を見せたのではなかった? なんで記憶のロックが君だけ外されているんだい?」

「これは記憶の念写ではありません。タオ様がわたしにだけ映像を下さったのです。壁紙に設定してあります」

「なぜ、君が―――っ!」

 思わず叫びかけて、僕を口をつぐむ。と、同時に、セラフィーが抜剣して周囲を伺う。

「なんだ? 何があった?」

 身構えて叫ぶオーガに僕は言った。

「楽曲が聞こえます。それに歌声も!」

 セラフィーも叫ぶ。

「魔力の波動を感じる! 近づいて来ます!」

 イワンとエウリアも立ち上がり、身構える。

 重厚なオーケストラの音に乗って、胸を裂く様な悲哀に満ちた美しい女性の歌声が徐々に大きくなる。僕は最初、魔力の波動には気付いていなかったが、微弱な魔力の波動が近づいて来るのを遅れて感じた。

「―――北だ! 北の空から来る!」

 僕は剣でその方向を指し示した。

 北の空の闇に揺らめく淡い光の点があった。

 僕ら四人は固唾を飲んで、それに見入る。

 光の点は徐々に大きさを増し、その正体を露わにする。
 七色の光が点滅する光のカーテンが姿を現した。オーロラだった。

 美しく悲しい歌声と楽曲はオーロラから響いてくる。魔力の波動もオーロラから漏れている。このオーロラそのものが魔力で生成されているのだと気付く。

 オーロラは北の空を埋め尽くした。

 僕はオーロラから念度も感知した。2000から3000の間の数値で念度を発している。それは悲しみの波動を有していた。念度の低い者なら影響されて、訳も分からず悲嘆に暮れてしまうだろう。

 何よりも響いて来る美しい歌声が悲しみを誘うものだ。

 僕らは天空の光のショーに為すべくも無く、立ち尽くし、空を見上げた。
 オーロラは明確な意思を持って、エルダの街の中心へと移動していた。

←BACK △PageTop →NEXT

1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 /

徒然草目録