曼珠沙華

徒然草目録 →NEXT

1 / 2 / 3 / 4 / 5 /

壱之書 鬼子

※曼珠沙華(仏法用語)
 天上に咲くと言う花の名。四華の一種で、見る者の心を柔軟にすると言う。

 その町内で「美人は?」と問えば、十人が十人「ああ、鳴神さん所のあさぎさんと遙日さん!」そう即答する。鳴神姉妹の美貌は町内で知らぬ者が無い。ここで「では、伴侶にするならどちらが良い?」。そう尋ねると、皆、無言で視線を交わし合い、押し黙る。
「―――気立ては、あさぎさんだよな?」
「そうだな。誰にも分け隔て無く笑って挨拶をしてくださる」
「遙日さんは―――あさぎさんより美人だが、人離れしている」
「そうだな。挨拶も黙礼だけで喋らない。あれだけ美人であれだと、声もかけられないよな?」
「しかし―――あさぎさんは・・・・・・」
「ああ、剣を取ると別人だ。あの気合いが遠くから聞こえるだけで、金玉どころか寿命まで縮む思いがする」
「普段でも柔和に見えて・・・・・・」
「そうだ、話していても隙を見せると斬られそうで、冷たい汗が止まらない」
 これである。ちなみに老若男女を問わず、噂話ですら、この姉妹は敬語で語られる。

 ずば抜けた美貌で町中の人々の羨望の眼差しを集める鳴神姉妹だが、対等の女性と受け止める人は皆無だ。いや、すでに同じ種類の人と思われていない。羨望と崇拝。そして畏怖の対象になってしまっている。なにより、ここが問題だが、二人とも二十代の若い女性なのに町中の人々が彼女らにまず抱くのは、原初の神に対するかのような畏怖なのだ。

 鳴神家の主人、鳴神威三郎は現役時代に三回剣道の日本大会を制した強者で、寄贈された剣道場で師範を務める。県警の剣道部にも師範として週三回招かれている。子供の頃はそれこそ天使のように可愛かった愛娘に剣の手ほどきをしたのは彼だ。愛妻の八千代さんも現役時代は全日本大会の常連であった猛者である。
 彼らが自らの娘の才能と器に、親馬鹿とも言える期待を持ったのは止む得ぬ話だ。

 が、天使のような容姿の姉妹の器も才能を、両親の期待を受けるだけに甘んじるものでは無かった。その才は期待を凌駕した。親は子供の過ぎた才能には本能的に反感を抱く。それどころか潰そうとする。それが親の身勝手と言うものだ。
 二人の姉妹が小学校に上がった時には、鳴神威三郎氏の娘に対する剣は狂気を帯びていた。少なくとも周囲にはそう見えた。
 体格では子供の娘を満身の力で突き飛ばし、倒れた所を竹刀で無茶苦茶に叩き付ける光景が見られるようになった。道場に通う体大生が数人がかりで引き離さねばならい狂気を帯びていた。リンチに等しい稽古にあっても幼い美少女の姉妹は泣くことをしなかった。目は青く冷たく光り、無表情で取り乱さない。稽古を嫌がることもなかった。
 彼女らは父を信頼していた。幼いから常識も知らない。これが剣と言うものだと信じた。威三郎にとっては皮肉極まりない話である。
 鳴神道場の門下生は、この二人の美しき幼い神の使いのような姉妹の剣への態度に、ようやく驚愕を覚えるようになった。この二人の態度が父をして狂気に貶めていることを悟った。


△PageTop →NEXT

1 / 2 / 3 / 4 / 5 /

徒然草目録