曼珠沙華

←BACK 徒然草目録 →NEXT

1 / 2 / 3 / 4 / 5 /

弐之書 鬼神

 四年の月日が流れた。あさぎは遙日とは頻繁に、両親には季節毎に手紙を交わしていた。だが、電話一本かけてこなかった。堪らずに母の八千代が柳生の里に電話を入れたが、娘との会話は叶わなかった。
 まだ、その時期ではない。
 柳生の里親はそう言った。八千代も若い頃は剣を鳴らした身だ。里親の言葉に畏怖が隠れているのを感じ取った。あさぎは天下の剣豪が集う柳生にあってなお、化け物として扱われている。そう感じて八千代は溢れる涙を止められなかった。「私の娘なのよ!」そう声を上げて叫びたかった。実の母親である自分が、まだ子供のあさぎを抱いてやることすら許さない。それが剣の世界か! 半ば呪いのような思いを抱かざる得なかった。なによりも家族から切り離されたあさぎが不憫でならなかった。盆・正月ですらあさぎは帰省を許されなかったのだ。身売りした女郎以下の扱いではないか! 八千代の中の憤慨と嘆きは血を吐くように激しいものだった。
 八千代は自制心が強い。夫である威三郎にその感情をぶつける愚は犯さない。だが、威三郎とて愚物では決して無い。恩師・宮崎春雪の言葉も深く心に刻んでいる。一年目の正月に帰省が許されなかった際に、単身車を飛ばして柳生へ赴き直談判している。里親は威三郎の父としての思いを聞いて、ただ「お気の毒です・・・・・・」吐息をついてそう答えた。威三郎はその言葉に激高し説明を求めた。里親は「仕方ない」そう言って威三郎を柳生の里の奥の竹林へ誘った。途中崖を登り竹林を高くから見下ろす場所に出た。
「ご覧なさい。そこに娘御がおられます」
 里親の言葉を聞くまでもない。自分の娘を見間違える筈もない。崖下の竹藪の中に緋毛氈が敷かれ、鮮やかな振り袖をを来たあさぎが小さく見えた。あさぎは緋毛氈の中央で野点をしていた。上座には一人の矍鑠とした老人。あさぎを取り巻くように屈強な男達が二十人。緋毛氈の上に座している。異様とも言える気がそこから立ち上っていた。そこにいるのが娘の姿をしていなかったら、威三郎は脱兎のごとくそこから逃げていただろう。
 鬼などと言う生やさしいものではない。そこに居る者全員が鬼神の気をぎらぎらと放っていた。見れば、男達の腰には全員に真剣がある。中には中腰で剣の鍔に指をかけている者すらいる。男達全員の殺気が膨れ上がって娘のあさぎに向けられていた。まるで、僅かでも隙が出来れば全員であさぎをなますに斬り刻もうと言う雰囲気だった。
 遠くから隠れ見るだけで震えが来ると言うのに、鬼神の剣気に取り囲まれているあさぎは平然としている。いつの間に身に付けたのか? 見事な所作で茶を点てる。まずは上座の老人に器を運ぶ。あさぎが頭を下げて茶器を老人の前に置く。老人の手が腰の剣に置かれる。背後の男達も今、まさに斬りかからんとする。その時、威三郎は見た。遠くに見えたあさぎの体がみるみる大きくなり、眼前に迫った。
(死んだ)
 威三郎はその時、そう思った。あさぎがではない。自分が死んだと思った。あさぎは身に剣など帯びてはいない。穏やかに微笑むあさぎの横顔を間近ではっきりと見ただけだ。それなのに、頭頂から尻の穴まで真っ二つに斬られる感触をまざまざと体感した。
 それは一瞬の幻覚だったのかもしれない。
 目を開ければ、可憐な振り袖姿のあさぎは遠く小さくあり、優雅な所作を崩さず次の茶器を配っている。だが、眼前に茶器を置かれた老人は歯を食いしばり、固まった体を動かそうと必死になっている。何人かの男達は一寸程剣を抜いた状態で金縛りに遭っていた。


←BACK △PageTop →NEXT

1 / 2 / 3 / 4 / 5 /

徒然草目録