曼珠沙華

←BACK 徒然草目録 →NEXT

1 / 2 / 3 / 4 /

参之書 極意


 あさぎの帰還から、瞬く間に八年の歳月が流れた。八千代は目を細めて美しく成長した娘を見つめる。
 朝の食卓。威三郎と八千代、あさぎがテーブルを囲んでいる。あさぎはテレビを見ながらコロコロと笑い、良く喋る。遙日はここ一ヶ月この食卓には不在でいる。婚約者の日本画家の個展が近い為、泊まり込みで手伝いをしているのだ。中学の頃から放浪癖がある奇妙な娘に遙日は育ってしまった。威三郎としては厳しく叱りつけたいのだが、底の見えない透き通った目で見据えられると何も言えなくなるのだ。過去を思えば無理も無い。代わりと言うのもなんだが、あさぎは柳生から戻ってからは家事を一切請け負っている。あさぎは陽の出前には起床し、ランニングと素振りを欠かさない。そして朝餉の支度を終えたところに八千代は目覚める。当初は八千代も頑張って早起きをしたが、とても続くものでは無かった。あさぎはそんな八千代に朗らかに笑いかけて言った。
「いいのよ。お母さん。今まで心配かけたのだもの。わたしにやらせてよ。娘からの恩返し。受け取って頂戴」
 八千代はその言葉に感涙した。一つ間違えば父殺しに至ることをしたとは言え、威三郎と八千代はあさぎを放逐したに等しい。恨まれて当然なのに、あさぎは心配をかけたから親孝行をすると本心から言う。親としてこれほどの喜びは無い。あさぎは料理の腕も板前が勤まるほどのものだった。柳生ではこんなことばかり教えられたとあさぎは笑う。剣を握ったのは最初と最後の日だけだと言う。
 あさぎが嘘をつく理由はどこにも無い。
 しかし、八千代も威三郎もそのことには首を傾げざる得ない。

 あさぎが帰還した時、柳生の里親は蒼白な震える顔色で、一つの巻物と筒に入った書状を二本、威三郎に掲げ捧げる仕草で渡した。渡し終えると早々にリムジンで去って行った。威三郎はそれをいったん神棚に置くと、次々と運び入れられるとんでも無い代物の応対に八千代と共に忙殺されたのだ。どう見ても国宝クラスの漆塗りの衣装箪笥や刀箪笥が運び込まれる。数百年は経過しているであろうそれらの品は色褪せることもなく、くたびれもない。漆は何重で塗られているのか想像も出来ない。その中身も二人の度肝を抜いた。衣装は恐らく柳生歴代の姫君の残したものだ。現代の技術ではもう作れないそれらの品は、どれほどの価値があるのか想像すら適わない。
 威三郎に解るのは刀箪笥の中身くらいだ。
 三段の棚の一番上を検めると紫の絹袋に入れられた一振りがまず目に飛び込んだ。威三郎も八千代も息を飲んだ。袋越しでもご神体のような清廉な気が感じられた。威三郎は魅入られて、知らずにその袋を解いた。黒塗りの鞘に真珠貝で獅子の文様がある。鍔には所々、金銀で唐草文様が彫り込まれ、まるで新品の様に輝きを放っているが、それは毎日誰かが手入れをしていたからであることは見て取れる。新作の日本刀にありがちな浮ついた所がない。やや細身のその刀の造作は計算しつくされた様に調和して、一種の神気がある。
 刀箪笥には他にも只ならぬ気を放つ物ばかりが収められていたが、その中でもこの一本は格が違った。柄に純金の菊の紋が刻まれているのを見た時は、威三郎は血の気が失せる思いがした。
 荷物の運び込みを一時、中断してもらい、威三郎は仏間に入り、八千代に一枚の和紙を持って来させ、和紙を半分に折り、口にくわえると、ゆっくりと抜刀した。仏間の一番後ろで八千代は正座して、緊張の面持ちでじっと見つめて来る。
 一寸程抜いたところで、威三郎は危うく口に咥えた和紙を落としそうになった。純度の高い玉鋼を名工が鍛えることで生まれる奇跡の様な黒光りが刀身を龍がうねるような美しさで覆っている。波紋は乱れ玉文様で芸術品の域にある。プラチナのような輝きは決して派手ではない。細い刀身から立ち上がる気は、最早、日本刀とは言えない。それ自体が神の化身であるかのような神々しさがあった。
 後ろに正座で控えていた八千代が「―――ひっ」と息を飲み姿勢を崩したのを、威三郎は察した。自身も身の内が震える動揺を必死で抑えた。あさぎが柳生に行ってから厳しい修練を己に課していなければ、無様に刀を落としていたかもしれない。威三郎は呼吸を忘れ、静かに畏怖と畏敬を持って刀を鞘に収め、仏壇の前に置くと大きく息を吸った。
 ―――菊一文字。
 存在するだけで奇跡と言われる平安末期の古刀の中でも、最も完成され気品を放つことから天皇より菊の一字を冠することを許された国宝の中でも最上級の位置に在る名刀中の名刀である。切れ味も日本刀の中で最高級と言われるが、これを手にして血に染めるような者は、それを持つ資格は無い。
 実戦でそれを使った者としては幕末の剣の天才・沖田総司が有名だが、その沖田ですらこれを帯刀して巡察に出ることは無かった。鴻池財閥からこれを譲られようとした時も、沖田は恐縮して固辞したと言う。鴻池が「では一時、お貸しさせて下さい」と平服したことで、漸く菊一文字を手にしたと言う。沖田は希代の天才剣士であり、その稽古は熾烈を極めたと言うが、普段は純朴な青年そのもので誰からも愛された。官軍となった薩長の名だたる剣士も沖田だけは貶める発言をせず、その剣の才と人柄を高く評価した。新撰組と言う殺戮集団の中で敵からも賛辞されたのは沖田のみと言える。土方は剣の鬼で、名だたる剣豪の中でも彼ほど人を斬った者はいない。宮本武蔵でも土方ほど人を斬ってはいない。土方は最後の最後まで官軍の最大の敵として戦って死んだ。官軍は土方が死して後も、卑下せず素直に「恐ろしかった」と言わしめている。土方は「俺が新撰組だ」と事実上、新撰組が瓦解した後に言ったと言うが、まさに人の域を超えた実戦剣術の最後の化身であったと言えよう。
 沖田と土方は確かに多くの人をナマスのように斬った人外の化身だが、その有り様は正に対極にあったと言える。土方の愛刀・和泉守兼定は血を吸いすぎて柄の中身が腐る程であったと言う。
 沖田の刀は菊一文字で通っているが、彼は普段は隊に常備される無銘の剣で出動している。沖田の菊一文字の神聖視は尋常ではなかった。余命が短いことを悟っていた彼には六百年と言う歳月を奇跡のように生き抜いた菊一文字は憧憬とともに神聖視すべきものだったのだろう。
 公式の記録では沖田が菊一文字で人を斬ったのは只一度きりである。
 遺恨があり、菊一文字で斬らねばならない理由があった。相手は土佐の浪士で恐ろしく腕が立ち、他の勤王志士が新撰組と見れば鼠のように逃げ惑う中、新撰組隊士を斬ることに精を出していた人物だ。基本、新撰組の隊員に腕が劣る者はいない。しかも、常に三対一で確実に仕留めるよう行動している。それに挑むだけで自らの剣への圧倒的自信が伺える。そして、実際に何人も切り倒している。土方は怒り狂い監察を駆使して行方を捜し、その殺害を厳命していた。実は沖田は最初にこの男と遭遇した新撰組隊士である。が、鴻池からの帰りで菊一文字が腰にあった。沖田は菊一文字を抜刀することに躊躇し、逃げた。
 闘争からの逃亡は新撰組では切腹が命じられる。
 沖田は悪びれもせず、菊一文字があったから逃げたと土方に報告している。ほがらかに笑っていたらしい。土方は剣鬼だ。屯所で事務をしていても、その剣気は溢れ出し、隊員はまるで気を抜けなかったと言う。
 が、土方と沖田は義兄弟の契りを交わしており、幼少の時からの付き合いで、沖田は土方には実の弟に等しい。天然理心流では、逆に沖田は兄弟子に当たり、土方は沖田の手ほどきを受け、その天真爛漫な性格も、希代の天才であることも知っている。だから、沖田の心情を理解して苦笑いで許した。
 が、その相手が隊士狩りをして相当の被害が出た。そして沖田の身の回りの世話をしていた人の良い隊士まで倒された。ここに至り、土方は沖田に責務を負わせた。
 沖田は菊一文字で斬ることが鬼籍に入った隊士の供養であり、けじめと考えた。
 監察から、相手が多勢で大坂へ繰り出す情報を聞いた沖田は単身で夜明け前に屯所を出て、街道でその一行を待った。
 果たしてその一行が来たとき、木に背を預けてうたた寝していた沖田は静かに立ち塞がり、その男とのみ立ち会いたいと宣言した。
 勝負は一瞬だった。
 互いにすれ違った時には、その男は頭頂から陰部まで真っ二つにされていた。尋常の腕でこんなことは出来ない。沖田の腕に菊一文字が応じたが故の結果である。沖田は血払いをした。血と脂で曇る筈の剣が、一振り血払いしただけで曇りも消えたと言う。剣を収めた沖田は、男に同行していた一行に「やりますか?」と何も無かったように尋ねたそうだ。 人がこんな風に斬られるのを見た者は、剣劇を幾度と潜った志士でも見た事はない。その格の違いに動けずにいると、沖田は鼻歌交じりに無造作に背を向けて去ったと言う。


←BACK △PageTop →NEXT

1 / 2 / 3 / 4 /

徒然草目録