曼珠沙華

←BACK 徒然草目録 →NEXT

1 / 2 / 3 /

四之書 化生の舞


 白?神社のある山は綺麗な円錐形をしていて、周りの山脈からは離れて独立して見える。約二千年に渡る厳しい禁則の掟は、それ自体がご神木であるような数千年の樹齢の大木が蔓延る異界を形成している。山頂付近には巨大な磐坐が林立する異様なものだが、それを知るのは野試合に出た者だけだ。中腹に滝があり、そこから清流が流れる。春日野健司は隣町で電車から降りると、獣道を選んで山奥に入った。山奥と言っても日本の山林は殆ど人の手が入って植樹されている。だから、少し鍛えればその山中を行き来するのは難しいものではない。春日野はある程度山奥に入ると、大木を探す。目当ての大木を見つけると、するすると登って、太い枝に寝転がる。すぐに眠りに落ちたが、半時程すると人の声がしたので、半覚醒の状態で薄目を開けた。肉体はまだ眠っており微動だにしない。
「いたか?」
「いや、見あたらない。確かにこちらへ来たのだが・・・・・・」
 春日野は緩慢な動作で顔を下を向ける。日本刀を持った男が二人騒いでいる。少し離れて長槍を手にした壮年の男が静かに佇んでいる。髪が長く腰まであり、眼光は鷹の様だ。
(―――ほう。出来るな。あの得物と外見。槍術の長瀬水樹か・・・・・・)
「―――声を上げるな。禁足地に入ればどの道出会う。先へ行くぞ」
「長瀬さん、大した自信だが、春日野と柳生の鬼百合は倒せる時に倒すに超したことはない。たとえ三人掛かりでも」
 長瀬はあからさまな軽愚の目で二人を見る。
「ならば貴公らは捜索を続けるが良い。私はその二人とは正面からやり合うつもりでいる。貴公らとは、たまたま山中で出会ったに過ぎぬ」
 枯れ枝や落ち葉がうず高く積もった上を、まるで体重が無いかのように長瀬は歩む。春日野は長瀬が足袋しか履いていないのに感心したが、そこで興味を失い再び深い眠りに落ちた。慌てて長瀬を追う騒がしい足音は雑音とさえ意識されなかった。

 つるべ落としと言う言葉があるが、深山の森の夜は何時だってつるべ落としだ。陽の色に僅かに朱が混じれば、山で生計を立てる者でも早々に下山する。山の夜はまるで視界が効かないコールタールのよいうな闇だ。独自の質量を持つ闇は畏怖を駆り立て人の世界ではなくなる。夜陰がついるべ落としなら、夜の山の冷気も唐突だ。一気に冷え込む。その冷気は人里のそれと異なり、質量のある冷気だ。ずっしりと重くのしかかかる。
 大木の上の太い枝に横たわっていた春日野の肉体が、密度の増した闇の冷気に覚醒する。春日野の横たわる枝はそれ自体、人一人が横になっても、まだ余裕のある代物だが、当然、人が寝るような形に伸びている訳ではない。そのような場所で熟睡するには、それなりの修練が必要だ。熟睡しても枝から落ちぬよう無意識にバランスを整える技が要る。
 忍者が跳梁跋扈していた時代なら、自営も兼ねてそういう技も必要だった。また、それが出来なければ剣の修行に全国を行脚するのは不可能であったし、その域に達した達人でなければ生き残ることは不可能だった。現代ではそんな術は必要無い。剣の修練の中で春日野が自然に身につけたものである。
 肉体が目覚めると共に春日野の精神も目覚めた。目を開けると満月が青く輝いている。
(新月ならば良かったな・・・・・・)
 春日野は漠然とそう思う。自分の手先も見えぬ闇でも春日野は自在に動ける。戦うならそういう闇が望ましかった。春日野は寝そべったまま、全身の重心を僅かにずらす。春日野の肉体は自然に落下する。五メートル程の落下の間に春日野は猫の様にくるりと回ると足から着地した。首をこきこき鳴らしながら、春日野は舗装された道を歩むように白?神社のある神山を目指す。春日野足下には枯れ枝や枯れ葉がうず高く積もっているが、足音はしない。ちなみに春日野は裸足だ。その足の皮は修練で靴底の様に厚くなっているのだ。いったん稜線を下り、再び登りの斜面が出ればそこは白?神社の聖域である。春日野足なら半時もかからない。聖域の森はこれまでの道程とは一変する。少なくとも二千年以上人手が入らぬ原生林だ。足下には人の胴体程の太さの根が縦横無尽に覆っていて、夜で無くても普通の人間には進めるものではない。寿命が尽きて倒れた大木がいきなり転がっていたりする。あちこちに岩も顔を出している。それら全てが深い緑の苔に覆われているので、普通に進めば足が滑る。聖域に入ったとたん、春日野の動きは激変していた。原生林だから月明かりも届かぬ闇だと言うのに、春日野は地形を把握しているように天狗の様に飛んで進む。その速さは尋常で無い。まるでスプリンターである。
 唐突に春日野は苔むした巨岩の上で立ち止まった。
 大量の血と贓物の生臭い臭いが風に漂っている。
 春日野はその方向に飛んだ。岩から転げ落ちた骸と大木に背を預けた骸が転がっている。長瀬に置き去りにされかけた例の二人であった。二人とも抜刀していない。いや、岩から落ちた骸の側には小刀が転がっている。小刀の鞘は骸の腰にある。春日野はうつぶせの骸を足で仰向けにした。腹を真一文字に切り裂かれ、贓物がはみ出している。首の動脈もばっさりと斬られて、未だ血を吹いている。岩の上から血痕が続いている。
 もう一つの骸は岩の下の巨木にある。こちらは刀の柄に手をかけているが、抜刀にいない。心臓を深く一突きされて絶命している。長瀬の槍によるものは明らかだ。
(愚かな輩だ・・・・・・)
 そもそも、この野試合に群れると言う発想を抱いた段階で死は決定されていた。そして長瀬のような化生と行動を共にするのが決定的な過ちだった。長瀬はこの二人が随行した段階で、最初の得物に決めていたはずだ。春日野は状況を見渡し、瞑目する。二つの骸に興味はない。長瀬の立ち会いを読んだのだ。
 すぐに分かった。
 まず、岩の上で一人が足を滑らせたのだ、長瀬は確実に殺れる機を得た。自然に足を滑らせた男の脇差しを抜き取り、腹を切り裂き返す手で首を斬ったのだ。もう一人は慌てて間合いを取ろうと岩から飛び降りた。おそらく夜目が利いていなかったのだろう。巨木に背中をぶつけた。その瞬間、岩から矢のように長瀬の槍が心臓を射貫いたのだ。およそ一分も要していまい。
 何の感慨も無く、長瀬は即座にその場を去ったはずだが、足跡が無い。そこで春日野は思い至る。長瀬は木の上の春日野に気づいていたのだと。あの歩法なら、足音は立たない。長瀬は春日野に届くか届かないかの足音をわざと響かせ、挑みかけたのだ。
(―――よろしい。受けて立とう)
 足跡は無くとも血の臭いは残る。しかも春日野は血の臭いの個人差を感知出来る。この神山のそこかしこで血潮の吹き出る立ち会いが行われているのだろうが、春日野はそれに迷うことなく長瀬を追える。これ程の遣い手に挑発されては、昨年の勝者として応じない訳にはいかない。長瀬も立ち会いに適した場所で待っている筈だ。春日野は再び天狗の様に血の香を追って跳躍した。


←BACK △PageTop →NEXT

1 / 2 / 3 /

徒然草目録