曼珠沙華

←BACK 徒然草目録 →NEXT

1 / 2 / 3 / 4 / 5 /

五之書 静謐



 ―――八年か・・・・・・。
 朝餉の支度をするあさぎの姿を見ながら八千代は感慨にふける。あさぎの帰宅からの八年間、それはまさに栄光への道のりそのものだった。あさぎの後ろ姿を眺めていると自然に『栄光への架け橋』と言うポピュラーソングを八千代はハミングしていた。
 桜花女子大学付属高校へ進学したあさぎは、入学受付のその日に剣道部顧問の教師と校長・教頭に待ち受けられていた。柳生からの声がかかっていたのである。日本剣道連盟の段位は持っていないあさぎであったが、最年少、しかも女子の身で柳生の免許皆伝を得ていることが伝わっていた。平身低頭で剣道部への入部を依頼する教師達にあさぎは明るい笑顔を返し、頭を下げて了承した。
 上級生の剣道部員はとてつもない大型新人の入部を知らされていた。が、校長らがいそいそと連れてきた少女は小柄で大きな目の愛くるしい美少女で、声も透き通ったものだった。剣で鍛えた者独特の声ではない。彼女らに軽愚の色が見えたのも止む得ない。朗らかな笑みで「これからよろしくお願いします」と頭を下げたあさぎだが、その軽愚を見抜かぬ筈もない。道場を後にしたあさぎは入部条件に部員全員との総掛かり試合を希望した。桜花女子大学付属高校剣道部は創立以来七十年の歴史があり、華族や士族の腕に覚えのある娘達が凌ぎを削った所から始まっている。創立当初より全国レベルの水準の高さで名を馳せ、未だ地に墜ちていない。今は日本全国から推薦枠で入部する部員が半数。部員総数は七十名余り。盆・正月も休むことなく苛烈な稽古を続ける。新入部員の殆どは夏には血の小便を出して昏倒するような所だ。それを乗り切った七十名余と総当たりと言うのはらち外である。が、顧問は受けた。柳生の免許皆伝がそのらち外を遙かに凌ぐものであると心得ていた。が、いざ試合が始まると、その顧問ですら顔色を無くした。あさぎの剣筋は竹刀剣道とはまるで違った。正に叩き斬ると言う言葉が相応しい壮絶な打撃をする。古流にありがちな太刀筋だが、普通は竹刀剣道の迅速な業の前には田舎臭いもので、試合ではものにならない。が、あさぎの太刀は洗練されていた。なにより大振りであるに関わらず、竹刀剣道の技並みに早い。あさぎの打突は面、小手、突きに限られていたが、殆どの部員が一撃を受けると立てなくなった。面や突きを喰らうと気絶する。小手を取られると竹刀が握れなくなる。なにより不気味なのは竹刀が擦れ合う音すらしないのだ。あさぎは試合開始と同時に中段の構えの見本のような姿で音もなく間合いを詰める。それだけで異様な恐怖に殆どの部員が飛ぶように引く。叱咤の声に、前に出ようとする。その瞬間に技を取られているのだ。
 日本剣道連盟の下で行われる竹刀剣道は北進一刀流に極めて近い。互いに剣先を小刻みに動かし、剣を摺り合わせながら打ち合う。初撃で一本決まる事は少ないから、鍔迫り合いとなり、互いに気息を計りながら離れる時も技を出し合う。手数が非常に多くなる。だが、その技の早さは一般人の動体視力を遙かに超える。大技である遠間からの面の一撃が0.3秒(成人男子)である。技の応酬ともなれば、互いに勢いよくすれ違ったとしか見えない。が、剣の達人とも言える審判員は、一般人には同時の打突にしか見えない技の優劣を見極める。0.1秒あるかないかの技の差を正確に捉える。超スローカメラでも差が分からない世界だ。
 あさぎの剣は竹刀剣道の常識を凌駕していた。竹刀剣道の癖で剣先を摺り合わせようとした時には、僅かな切っ先のズレに生じる間を、それこそ目にも止まらぬ速度で飛び込み切り倒す。相手はあさぎがいきなり消えたように感じる。感じた時には意識を持って行かれるような衝撃に見舞われる。
 僅か七、八分の間に部員の七割が一撃で昏倒すると言う異様な光景に意識のある者は戦慄と恐怖を覚えた。しかし残る部員は全校代表の座を争う猛者だ。あさぎに普通の剣で対応出来ぬことを悟り、スタイルを変えて来た。大抵は大柄でそこらの男よりも筋力がある強者だ。ある者は上段で圧倒しようと試み、ある者は最初から突き一本に賭けているのが分かる構えであさぎに望んだ。結果、強い者ほど悲惨な結末を迎えた。雷撃のごとき突きで望んだ主将は突き返し突きと言う、伝説の技で喉を破られ、道場の羽目板に突き飛ばされた。突きのクロスカウンターだと思って貰えば良い。彼女は大喀血して一ヶ月の入院を余儀なくされた。他のレギュラーメンバーも同様である。防具を着けた竹刀の撃ち合いで、手首にヒビを入れられるとは普通思わない。上段からの面を飛翔してかわし、脳天に金属棒を打ち込めれるような衝撃で、痙攣して意識を失う者もいた。試合開始から僅か十五分後には、自力で立てる部員は居らず、校内に救急車のサイレンが轟く事態となり学校関係者はおののいた。
 あさぎはショックのあまり立ち尽くす顧問に言った。にこやかに笑っていた。
「先生。心配しないで下さい。本気出すのはもうしません。普通の竹刀剣道も出来ますから」


←BACK △PageTop →NEXT

1 / 2 / 3 / 4 / 5 /

徒然草目録