曼珠沙華

徒然草目録     

本編へ

あらすじ



 かって、全日本剣道大会を参連覇した剣豪・鳴神威三郎は篤志家の援助で剣道場を営んでいた。やはり、全日本剣道大会女子の部の常連であった妻の八千代との間に天使の様に愛くるしい二人の娘を設けた。
 長女・あさぎ。次女・遙日である。

 剣道界のサラブレッドとして周囲も期待の目を向けたが、威三郎の期待は更に大きく姉妹は物心付く前から、威三郎より剣の英才教育を受けた。
 が、この姉妹の才能と器は威三郎の期待を超えて余りあるものであった。
 特に姉のあさぎはその生来の持つ気が化け物じみていた。それは教える威三郎をして、たじろがせる天才の剣気であった。

 過ぎた才能を認めることが出来る親は少ない。最初は愛情に満ちていた威三郎の指導もいつしか狂気を帯び、まだ幼い我が子を本気で突き飛ばし、倒れた所を連打する有様で、門下生が無理矢理引き離さなければならなかった。
 そのような有様でも姉妹は泣くことも無かった。父を慕い、剣とはこう言うものと受け止めた。それが更に威三郎を逆上させた。

 姉のあさぎは道場の顧問にして日本剣道界の重鎮・宮崎春雪から「修羅」と言われる常人には無い生来の気質があった。皮肉にも威三郎の狂気はその「修羅」を覚醒せしめた。
 小学五年生になったあさぎは唐突に化けた。
 それまで父のなすがままだったあさぎは、突き飛ばされた際、初めて猫のような動きで着地し、達人の太刀筋で威三郎の脛を殴打し、堪らず転倒した威三郎へ跳躍して突きを叩き込み大喀血させ病院送りにした。初めて剣で人を倒したあさぎは無邪気に喜び、倒れた威三郎を揺さぶって「褒めて」と言った。

 宮崎春雪はその様を見て、門下生へあさぎとの立ち会いを一切禁じた。あさぎが最早「化生」の領域にあり、人を斬ることに特化した剣を修得していることを見抜いたからだ。門下生は大学生や社会人の強者揃いであったが、化けてしまったあさぎと立ち会えば、その性根を折られ剣を握れなくなると判断した。
 幼いながら、かって人を斬る剣で大成した剣豪の域に達したあさぎは、市井の中ではいつか人を殺めると宮崎は判断し、古武道の名門の流派にあさぎを預けようとしたが、写真のあさぎを見るだけで、流派の命脈を絶たれると固辞された。ただ、柳生のみが受け入れた。
 すでにあさぎを蛇蝎のごとく畏れていた威三郎は「頼みます」の一言であさぎを家から放逐した。
 だが、あさぎは生まれる時代を誤ったとしか言えない、百年に一人出るか否かと思える程の剣の才能と凄まじい闘気を開花させていた。
 柳生に移ったあさぎは初日に並み居る柳生の剣豪を病院送りし、体力が尽きて動けなくなった所を師範代が木刀で袈裟斬りにすることで、漸く動きが止められた。鎖骨を折られながらも、あさぎは意識を失わず、その眼から闘気を失うことは無かった。
 柳生はあさぎに剣を握ることを禁じ、茶道や日本舞踊などを教え込ませた。威三郎には、その「化生」を消せなければ生涯柳生で幽閉することになると告げた。
 剣を一切教わらなかったあさぎは、中学卒業を契機に家に帰された。なぜか柳生の免許皆伝書得ていた。そして柳生の看板を背負い、ある神社の野試合に出ることが命じられた。それは人が入る事を数千年の間禁じた神山の中で行われるルールの無い、武道の達人達のバトルロワイヤルであった。
 それは鳴神あさぎの栄光への道の始まりでもあったが、同時に「無敵」の称号の下の深い孤独への道でもあった。


△PageTop

本編へ

徒然草目録