無料アクセス解析ブログ無料作成レンタル掲示板無料CMS
  徒然草目録 →NEXT
1 / 2 / 3 / 4 / 5

木蓮

桐生慎

 ほの甘い香りで金田正太郎は目を覚ました。丁度深い眠りに入りかけたところであ
る。目が覚めても、身体の動きはおぼつかない。
(なぜ目覚めたのか?)
 その理由が思いつかない。
 夜の闇の中、甘い香りが庭から密かな気配を伴って入ってくる。
 ぽとり。
 聞こえるか聞こえないかの程度で音がした。
 布団から抜け出ると夜の冷気が襲って来た。今一度布団の中に戻ろうかと思ったが、
音が妙に気にかかった。
 金田の部屋は屋敷の中庭に面している。
 純日本風の屋敷だ。障子を開ければ濡れ縁に出て、自慢の日本庭園を望める。
 庭には白木蓮の木があった。花が満開になっている。その香りが夜の冷気と共に部屋
に入り込んでいるのだ。
 ぽとり。
 一定のリズムで音がする。自然に落ちているものではないらしい。
 濡れ縁に立って庭を望む。金をかけた日本庭園で金田の自慢である場所だ。
 月夜の中、木蓮の花々が月明かりでぼんやりと浮かんで見える。庭に出ると香りは濃
厚なものになった。
 ぽとり、小さいが十分夜のしじまに響く音で木蓮が落ちた。
 が、咲いている場所から落ちているのではない。落ちる音だけが響くのだ。
 根本を見た。度肝を抜かれた。
 木蓮の根本は髑髏が積もっていた。


  △PageTop →NEXT

1 / 2 / 3 / 4 / 5
徒然草目録