←BACK 徒然草目録 →NEXT
1 / 2 / 3 / 4 / 5


「そういう事があったのですよ」
 金田はまだ若いその男に敬語で語りかけた。
 その男の日本画の個展会場の応接室で金田は他に人がいないを確かめ、話しかけた。
その男は静かな顔で話を聞いている。名を天野忠臣と言う。年齢は三十代半ばから二十
代半ばまでどの年齢を言われても不思議のない面立ちしている。眉目秀麗な男だ。
 金田は天野の絵を好み、これまでにも数点購入している。天野にとっては上客なのだ
が、金田は「先生」と天野を呼ぶ。金田も五十を過ぎてから日本画を学び始めた。天野
は金田の好きな画家だが、日本画を描くコツのようなものを時折、伝授してくれる。そ
の意味で天野は金田の師の一人であった。
「あまり宜しくない話ですね」
 聞き終えて天野は嘆息と共に言った。
 とたんに金田は不安になった。実は心当たりがある。
「狩野丹海さんをご存じですか?」
「凄絶な死を遂げられた方ですね」
 天野は言う。
 狩野丹海。夭折の画家である。
 若くして日本画の世界にデビューし、将来を嘱望された絵描きである。が、三十代後
半で狂った。言動がおかしくなり人付き合いをしなくなった。
 狂ったように昼夜を問わず絵を書き続け、三十九歳で割腹自殺している。
 晩年の作品は鬼気迫るものがあり、好事家の間で高値で取引されている。
 その一方で晩年の作品には奇妙な風説があった。
 その作品を持っていると祟られると言うのだ。
 金田はそのような風説は分からない。自分さえしっかりしていれば祟りなどあるまい
と思っている。
 そんな時に、ある画廊で金田は丹海の作品と出会った。朱色の夕日に染まった広大な
ススキ野に一人の美女が立ち何かを待つように後を振り返っている寂寞としたたたずま
いの絵である。金田は一目でその絵に惚れた。言い値で買い取り自宅に飾った。
 木蓮の怪異はその日から始まっている。
 その経緯を語ると、天野は得心がいった様子だった。
「では、絵が祟ったのでしょうね」
「そのような事が実際にあり得るのでしょうか?」
 金田は半信半疑の様子で尋ねる。
「狩野丹海ほどの絵描きならば、あっても不思議はない話ですね。特に晩年の作品は凄
味がありますからね」
 金田はしばし思案していたが、思いこんだ様子で天野に言った。
「一度その絵を見て頂けないでしょうか? 美しい絵で祟る代物には見えないのです」
「こちらから見せて頂こうと思っていたところです。お邪魔させて頂きましょう」
 話はまとまった。

←BACK △PageTop →NEXT
1 / 2 / 3 / 4 / 5
徒然草目録