←BACK 徒然草目録 →NEXT
1 / 2 / 3 / 4 / 5

「ほう。これがそうですか?」
 居間に掛けられた絵を見て天野が嘆息する。
「さすがは丹海。優れた技法ですね」
 天野は絵の感想をそう述べた。見事と言って良い出来の作品である。右手に沈もうと
する夕日を大きく描き、一面のススキのが赤く染まっている。美しい女が一人何かを抱
えて立ちすなび、こちらに背を向けて何かを振り返っている。そのあどけなさが残る女
の表情は寂しげに描かれている。
「先生はこれが原因とお考えですか」
「そうですね。良い絵ですが・・・・・」
 天野の目には絵から放たれる妖気が見て取れる。
(これは、なまなかな代物ではない)
 心中そう思った。
「この絵を手放す気はおありですか?」
 天野は金田にそう尋ねた。金田は泣き笑いのような表情を浮かべた。
「正直申しまして、その気はありません。これは私の宝になっているので・・・・・」
「命を落とすような事があってもですか?」
 天野のこの言葉に金田は顔面を蒼白にさせた、金田は天野に霊力がある事を知ってい
る。
 それだけにこの言葉は心臓に刃を突きつけられたように金田には感じた。
「それほどに危険な絵なのですか?」
 金田は震える声で尋ねた。
「そうですね。出来ればお寺かどこかに供養して貰うのが妥当な品物です。美しい絵で
はありますが・・・・・」
「なんとかなりませんかね? 手放したくはないのです」
 すでに絵に魅入られているのかと天野は思った。
「一応気休めですが、お札を書いていきましょう。一枚は絵の裏に張ってください。一
枚は肌身離さず持っていてください」
 その場で墨をすり、筆でさらさらとお札を書く。
 梵字の廻りを意味不明な飾り文字らしき曲がりくねって書かれていた。

 数日は何事もなく過ぎた。
 一週間を迎えようとした晩に金田は又眠りより覚めた。
 金縛りに罹っていて目の玉以外は動かない。
 何者かが自分の布団の廻りを回っている。立って歩いている。和服の女性のようであ
った。
 やがて、女は枕元に立った。
 金田の恐怖は絶頂に達した。
 女は金田の顔をのぞき込む。ぞっとする程に美しい女であった。
 歳は二十歳を過ぎたばかりだろう。絵の女にそっくりである。装束からして江戸時代
の姫君を想像させた。長い髪を垂らしている。その端が金田の顔に当たる。
「効かぬわ」
 女はそう言った。とたんに顔が腐れ始めた。腐って顔が腫れあがる。腐乱が進んで汚
泥のような顔の肉が金田の顔に落ちた。
 金田は悲鳴を上げ気を失った。

←BACK △PageTop →NEXT
1 / 2 / 3 / 4 / 5
徒然草目録